« 無造作に生けてこそ花山吹は  大井雅人 | トップページ | 捩花に思ふ遥かに去りし人 »

2007年5月 3日 (木曜日)

春の日や日永の宿の霞酒  豊臣秀吉

Photo_57

♪(●^o^●)♪ 2007年5月03日 木曜日 24℃ 晴

公園で一番齢をとりやすきブランコよ秋の夜に漕ぎてみむ 栗木京子

春の日や日永の宿の霞酒  豊臣秀吉

遠き代の擦文のごと山の雪  成田千空

観覧車若葉の風に回転す
駅までに春告鳥の二度三度
初音聞く無人踏切山のなか
誉められて入学の子のランドセル
西行とともに見るべき桜かな
ときおりの雨にも負けず鯉幟
雨にもさへ泳ぎつづけし鯉幟
吾子よ鯉幟のごと泳げかし
風香る墨磨る音の聞こゆのみ
青葉風墨磨る音の聞こゆのみ

May 3 Thurthday  Fine 0930-1650 Volunteer for the Japan red cross and the Japan bone marrow bank.

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51950/6287160

この記事へのトラックバック一覧です: 春の日や日永の宿の霞酒  豊臣秀吉:

コメント

コメントを書く