« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の29件の記事

2007年8月31日 (金曜日)

踏切りを一滴ぬらす金魚売  秋元不死夫

Hpo2007831日 金曜日 曇 雨 28℃

君待つと我が恋ひ居れば我が屋戸のすだれ動かし秋の風吹く 額田王 万葉集4488 

踏切りを一滴ぬらす金魚売  秋元不死夫 

踏切りは別離の地点秋桜
白百合や無人踏切り鳶の笛
踏切りで別れを告げぬ日輪草
ひとり立ちできぬ子なれど盆参り
自立せぬ息子なれども盆参り
自立せぬ息子と共に盆参り
写経して心おだやか星月夜
白菊や折目正しく盆参り
渋滞の目を休ませて稲の花
渋滞のバスのはしばしは早稲の傍 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木曜日)

日本相撲協会どうする。

Hpo2007830日 木曜日曇 雨 29

戦時中より明らかに眼ひらきゐしといふ人らと異なり凡愚のわれは  五島美代子

はつ秋の人の近くをとぶ燕  丸山健三

秋高し天文台のともしかな 正岡子規

拘りを捨てしがらみを捨て星月夜
サーフィンは蝶の如くに晩夏光
孫に似て小粒なりける金魚かな
立秋を過ぎし厳しき熱帯夜
寡婦作るお萩まことにふっくらと
寡婦ひとり折り目正しき浴衣かな
写経して心おだやか夕月夜
写経終へ心おだやか夕月夜
写経し終へ心安らか星月夜
硯磨る香りや窓の星月夜


 

1330 English conveasation lesson at Inahama CC.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水曜日)

人生は旅とも思ふ野菊かな

(●^o^●)♪ 2007829日 水曜日 曇 雨 28 ℃

難波潟みじかき芦のふしの間もあはでこの世を過ぐしてよとや  伊勢 古今集 恋の一

このたびはぬさも取りあへあう手向け山紅葉のにしき神のまにまに  藤原道真  古今集 旅の歌

----------------------------

古池や蛙飛びこむ水の音  芭蕉

Antic pond--
frantic frog jumps in--
gigantic sound.

Translated by Bernard Lionel Einbond

-----------------------------

電車待つ十五分間汗にじむ
人生の幸せここに冷奴
引越しの多き人生霜柱
引越の多き人生紺野菊
日焼けして背中の痛み冷奴
古稀過ぎて幸せ少し冷奴
鶏頭の道を辿ればユトリロ展
ユトリロの白の憂鬱夏暑し
ユトリロの白き街角巴里祭
人生は旅とも思ふ野菊かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火曜日)

生涯にまはり燈籠の句の一つ 高野素十

Photoo2007828日 火曜日曇 雨 32

生涯にまはり燈籠の句の一つ 高野素十 

余りにも残暑きびしき頭痛かな
古希過ぎの骨身に応ふ残暑かな
ほど遠き悠々自適茗荷汁
望みける悠々自適冷やし蕎麦
吾が孫にどこか似ている金魚かな
掬ふ子にどこか似ている金魚かな
起き伏しに骨身に応ふ残暑かな
真面目こそ地の塩なれや冷奴
真面目こそ地の塩なれや茗荷汁
この所地震(ない)の多くて夏の痩せ 

続きを読む "生涯にまはり燈籠の句の一つ 高野素十 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日曜日)

恋あればこそ巴里祭祝ふべし

Hpo2007826日 日曜日晴 34℃

百名山登り了へしと告ぐ便り
百名山登り了へしと告ぐ女傑
百名山登り了へしと旅頼り
南海の蒸し暑き風終戦日
花火見て戦争知らぬ子供たち
両思ひ願ふと書かれ星まつり
子燕のややも危なげ初飛行
巴里祭やはり和食が好きな人
合歓の花ややも心配一年生
恋あればこそ巴里祭祝ふべし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土曜日)

づかづかと来て踊子にさゝやける 高野素十

Hp(●^o^●)♪ 2007825日 土曜日 晴  曇  34℃

慰霊塔いくつか草に倒れつつ運河にかかる高き橋あり  近藤芳美

づかづかと来て踊子にさゝやける 高野素十

墓参りしてぬるき風呂冷麦茶
尊しは戦無きこと終戦日
百日紅吹く風しばし墓参り
近隣の墓も洗ひし盆参り
渋滞のバスは暫く早稲の道
早稲みのる風に吹かれし墓参かな
墓参には故人の好きな白き菊
供花として故人の好きな白き菊
盆供花を求む花屋の朝チャイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金曜日)

届きたる西瓜は重し温かし  とよ田三茶 林屋木久蔵

Photoo2007824日 金曜日   曇 34℃

君がため菜摘み米とぎ冬の日は井縄の白く凍りたる家 与謝野晶子

届きたる西瓜は重し温かし  とよ田三茶 林屋木久蔵

新涼の驚き貌に来りきけり  高浜虚子

盆の供花故人の好きな白き菊
百日紅いっぱい咲きし墓参かな
朝の雨過ぎて涼しき墓参かな
渋滞のバスはしばらく早稲の傍
あまたなる悲しみ残し終戦日
白百合は鎮魂の花昭和果つ
故も無く戦ありけり終戦日
誰が為のいくさでありや終戦日
開拓史哀れやまさに蝉時雨
忠霊碑哀れやまさに蝉時雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木曜日)

なりはひの下駄の片減り啄木忌 鈴木真砂女

Hp_3 ♪(●^o^●)♪ 2007823日 木曜日 晴 曇 32

乙女らの内を流るる時間(とき)あらむその縁(へり)にゐて歌の講義す 高野公彦

夏空を探り伸びゆく朝顔のつるは花芽に急かされてあり 宮崎美子

なりはひの下駄の片減り啄木忌 鈴木真砂女

水槽の泡に遊びし屑金魚
屑金魚と言ふは哀れや宵の市
屑金魚と呼ぶは哀れや宵の市
河童橋より見上ぐれば大青嶺
河童忌と言ふは哀れや蓮の花
雲の峰むかしの吾がありさうな
黄カンナや高速道路渋滞す
渋滞の高速道路カンナの黄
朝顔の紺寿司屋の暖簾出す
広島忌またも抜けるやうな空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水曜日)

日と風は明治にあらず秋暑し 安原葉

♪(●^o^●)♪ 2007822日 水曜日曇 33

夕焼けに照らさてゐる妻の顔まぎれなくいま生きてかがやく  桑原正紀

日と風は明治にあらず秋暑し 安原葉

限りある命少なし蝉時雨
飢えたりしの少年の日の終戦日
介護とは重きたつきや蝉時雨
夜勤終へ朝顔の晴となりにけり
湧き水の遠く青嶺の筑波から
桜海老土産となして俳談義
子燕の湧き立つやうに餌ねだる
蝉時雨もうすぐ職を退きべきか
伊豆や今実梅の空の青さかな
十薬の生命力の強さかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火曜日)

ほととぎす一天かけて瀧しぶき

Hp_2(●^o^●)♪ 2007821日 火曜日 晴 33

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風のおとにぞおどろかおどろかれぬる  藤原敏行  古今集

ほととぎす一天かけて瀧しぶき
つばくろに見下ろされゐる吾なりき
涼しさも渡月橋の夕べかな
桜貝一片拾ふ桂浜
にこりともせぬ歯科医空調音
泳ぎ終へシャワーを浴びる十五分
父いまさばきりぎりすなど聞きませり
ネットにて検索終はる短夜かな
秋来ぬといふと言へども歯の痛み

.

続きを読む "ほととぎす一天かけて瀧しぶき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月曜日)

夏館木立の奥に電話鳴る  岡部貞子

(●^o^●)♪ 2007820日 月曜日曇 27℃

怖しき咄の後の水羊羹  鈴木鷹夫


炎熱を帰りきたりて亦シャワー
終戦日還らずものの声ありぬ
同窓会へ招きの便り秋立ちぬ
日蓮忌流刑の島に能舞台
素麺や未だに子には頼られて
明け易し午前三時の新バイク音
花火見て火の粉降るのも厭はざる



夏館木立の奥に電話鳴る  岡部貞子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日曜日)

湯上がりを纏ふ一糸や渋団扇  佐伯巨星塔

Hp(●^o^●)♪ 2007819日 日曜日 曇 晴 32℃

湯上がりを纏ふ一糸や渋団扇  佐伯巨星塔

向日葵や潮騒近くユトリロ展
向日葵や潮騒近き美術館
日焼してふと逢ふ友に知らざれし
放下して腕枕せる昼寝かな
放下して座布団枕昼寝かな
昼餉後は腕枕して大昼寝
昼餉後は座布団枕大昼寝
放下して腕枕して三尺寝
放下して座布団枕三尺寝
昼餉後は腕枕して三尺寝

海風も山風も入れ夏座敷 橋本先陣



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金曜日)

昼寝覚うつしみの空あをあをと 川端茅舎

Img_23340 ♪(●^o^●)♪ 2007年8月17日 金曜日   晴  32℃

夏蝶が獣の面ひるがへし花狩りにゆく花尽きるまで 服部文子

昼寝覚うつしみの空あをあをと 川端茅舎

放下して座布団枕昼寝かな
昼餉後は腕枕して大昼寝
昼餉後は座布団枕大昼寝
放下して腕枕して三尺寝
放下して座布団枕三尺寝
昼餉後は腕枕して三尺寝
昼餉後は座布団枕三尺寝
放下して腕枕して外寝かな
放下して座布団枕外寝かな
夕餉後は腕枕せる外寝かな
夕餉後は座布団外寝かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木曜日)

草の戸の残暑といふもきのほけふ 高浜虚子

Img_23362 ♪(●^o^●)♪ 2007816日 木曜日 晴 34

長城に北はありけり蝶はゆきぬ 藤田宏

秋たつやはじかみ漬もすみきつて 来山

草の戸の残暑といふもきのほけふ 高浜虚子


コスモスを揺らす風のさへたをやかに
立秋の紺の絣もたをやかに
萩月の風の動きを肌に受け
文月の風の声にと耳すまし
消息の途絶へし友や十三夜
消息の途絶へし友や後の月
行先を言はず去りけり後の月
行先を言はず去りけり十三夜
去る人を思ふばかりや名残り月
職去りてもはや十年後の月

続きを読む "草の戸の残暑といふもきのほけふ 高浜虚子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水曜日)

不可能を辞書に加へて卒業す  佐藤郁良

♪(●^o^●)♪ 2007年8月15日 水曜日 曇 33 ℃

ほうたるのひかり追いつつ聞くときにルシフェラーゼは女の名前  永紅田

不可能を辞書に加へて卒業す  佐藤郁良

滴りを受く合掌の手をひらき 吉田汀史

素麺や夏痩せならぬ妻と居て
多文化の幕張メッセ合歓の花
乙女等の足の長さやプール際
西瓜切る刃のくひ違ひさもあらん
ががんぼやお愛想の無き八百屋
短夜の夢2の途切れて亦途切れ
風にさへ秋の気配の朝なりし
短夜の新聞配達バイク音
思ふれば遥か故人の風さやか
しのぶれば肌に触れゆく風さやか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火曜日)

♪(●^o^●)♪ 2007年8月14日 火曜日晴 33℃

♪(●^o^●)♪ 2007814日 火曜日晴  33

長崎の昼しずかる唐寺やおもひいづれば白きさるすべりのはな  斎藤茂吉

入れものが無い両手で受ける  尾崎放哉

ヒロシマヘ続く夾竹桃の道  青柳志解樹

俳句は心の栄養。  高橋洋子

朝の日矢純白なりき広島忌
太陽の白さの極み広島忌
少女達のむちむちの肌汗光る
汗拭きて戦無き日を言祝げり
放下して昼寝の刻や紺作務衣
望むべく悠々自適心太
白玉や悠々自適は未だ来ぬ
未だ来ぬ悠々自適冷奴
コスモスや戦無き日を言祝げり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月曜日)

暮れかかる港にあかり点り初む海より星の湧き出づるごと  栗本京子

Jpg ♪(●^o^●)♪ 2007年8月13日 月曜日  曇 晴  33℃

坂の上に湧く白き雲いまはただその雲めざし車椅子押す  桑原正紀

暮れかかる港にあかり点り初む海より星の湧き出づるごと  栗本京子

朝顔や朝のそよ風塵捨てに
葉月なる音楽ホール琴の音
柿若葉こけら落しの音琴の音
百合活けて幸いっぱいの演奏会
百合活けて楽しさうなる演奏会
白玉は亡き義母の好きなもの
白玉を食ぶ白玉のやうなる子
桑の実のたつぷり稔る試験園
白玉を冷やし供ふる硝子椀
青すだれ垂れて夫人は家に居ず

続きを読む "暮れかかる港にあかり点り初む海より星の湧き出づるごと  栗本京子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日曜日)

まろび寝のよきかなかなの廊下かな  長谷川櫂

Hp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月12日 日曜日  晴  35℃

あるこおるらんぷのやうなさびしすぉ点して咲けり露草の花  影山一男

まろび寝のよきかなかなの廊下かな  長谷川櫂

半刻の点滴の汗にじむ腕
湧く雲の八重にもなりしケルンかな
帰省子の為に庭下駄揃へやる
手から手にアイスクリン有難き
髪切りて少し涼しく思ひけり
向日葵や少し若かやぎ演奏会
白玉と共に賜る夕の風
むさくるき髪切りて涼しげに
栗の花一日二便のバスを待つ
グラジオラス農夫の車畦道に

続きを読む "まろび寝のよきかなかなの廊下かな  長谷川櫂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土曜日)

花栗の十日にほへる雲の中  飯田龍太

♪(●^o^●)♪ 2007年8月11日 土曜日  晴  34℃

花栗の十日にほへる雲の中  飯田龍太

山梔子の香り地をくる雨の中  関一朗

十薬の花の厚みの曇り空 牧石剛明

十薬の咲く玄関や妻医者に
十薬の強き命や妻医者へ
噴水の頂き散りて鳶の笛
噴水の先のたなびき鳶の笛
開園は海の日なりけり子達集ふ
絵手紙に朝顔一輪文字少々
図書室のベンチ宜しき涼み台
絵手紙に朝顔一輪くれなゐに
朝顔を摘むや摘まずや思案顔
もの思ひ朝顔眺むばかりなる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金曜日)

買物は筆一本や啄木忌  鈴木真砂女

Hp_2  ♪(●^o^●)♪ 2007年8月10日 金曜日   晴  32℃

時によりすぐればたみのなげきなり八大竜王雨やめたまへ  源実朝

「前略」を「全略」と書き以後空白でそんな手紙を送りたい春  佐藤通雄

萍に乗てわたらん風次第  大魯

買物は筆一本や啄木忌  鈴木真砂女

朝顔を眺めしばしはもの思ひ
作務衣着て心は自在大昼寝
作務衣着て融通無碍の昼寝かな
作務衣着て融通無碍の三尺寝
湯上りに少し贅沢冷房す
湯上りの一糸纏ひて白団扇
昼餉には魚ムニエル海紅豆
還暦を越して色白花梯梧
還暦を越して色白海紅豆
色白でいつも健やか花梯梧

.

続きを読む "買物は筆一本や啄木忌  鈴木真砂女"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木曜日)

籠枕眼の見えてゐる夢ばかり  村越化石

Hp (●^o^●)♪ 2007年8月9日 木曜日  曇   27℃

いのち長き花買ひ求め啄木忌  鈴木真砂女

籠枕眼の見えてゐる夢ばかり  村越化石

色白でいつも健やか海紅豆
誕生日祝ふ昼餉や海紅豆
誕生日祝ふ昼餉や花梯梧
昼餉には魚ムニエル花梯梧
七難を隠す色白花梯梧
七難を隠す色白海紅豆
誕生日祝ふ銀皿海紅豆
籠枕はらから微笑む夢ばかり
誕生日祝ふ銀皿花梯梧
哲学書枕となして昼寝かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水曜日)

ゆくもまたかへるも祇園囃子の中  橋本多佳子

♪(●^o^●)♪ 2007年8月8日 水曜日  曇 晴れ 33 ℃

洋なかの島にたつ子をま愛しみ、我は撫でたり。大きかしらを  折口信夫

ゆくもまたかへるも祇園囃子の中  橋本多佳子

盗人を入れて戸締り夏の月  石井孤傘

うすべりの青さ目に沁む夏料理
うすべりの青さ目に沁む夏座敷
うすべりの青さ目に沁む海の家
いろは歌唱へ偲ぶや弘法忌
いろは歌唱へ偲ぶや空海忌
うすべりの青さうるはし海の家
うすべりの青き香りの海の家
うすべりの青き香りのキャンプ宿
卯波立つ真砂女故郷の房の国
激しくも真砂女の恋や卯波立つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火曜日)

座布団を折りて枕の昼寝かな

♪(●^o^●)♪ 2007年8月7日 火曜日 晴 曇   33℃

座布団を折りて枕の昼寝かな
思ひ出の生駒の嶺の夕立かな
金剛山葛城山と夕立かな
金剛と葛城かけて夕立かな
麦の秋石狩川の幾曲がり
お茶会の心尽くしの水羊羹
サークルの心尽くしの水羊羹
嬉しきは黄金虫の飛来かな
いろは歌唱ふも床し弘法忌
いろは歌唱ふも床し空海忌
目出度きは黄金虫の飛来かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月曜日)

羅の水のごときを畳みけり  渡辺乃梨子

Hp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月6日 月曜日  曇  晴 33℃

みな月のなごしのはらへする人はちとせの命のぶといふなり 古今六帖

羅の水のごときを畳みけり  渡辺乃梨子

手拭の紺を折りたる初稽古  大巌青児

寒牡丹影を大事に開きけり  大巌青児

草紅葉市なのは水の緊りけり  大巌青児

気持ちだけ入れてもらひし白日傘  松本英夫

うすべりの青き民宿夏やすみ
うすべりの青き民宿海の家
うすべりの青き民宿夏やすみ
うすべりの青き民宿菊日和
亡き人の好きな心太紺絣
紫陽花にひとつの滴雨あがる
朝凪やマリア聖堂婚の鐘
鯔跳びて鏡のやうな東京湾
鯔跳びて鏡のやうな港かな
鯔跳びて鏡のやうな入江かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日曜日)

オリーブの花咲き永久に月の眠りに 金子皆子

Hp3 ♪(●^o^●)♪ 2007年8月5日 日曜日  曇  雨  29℃

オリーブの花咲き永久に月の眠りに 金子皆子

雨激し水田の中の耕耘機  寺井谷子

加速して冷房強き新幹線  寺井谷子

植田幾枚水田幾枚車窓過ぐ  寺井谷子
帰省子に心尽くし冷やし蕎麦
傾けて囁き交はす白日傘
冷やし蕎麦母の言はざる隠し味
傾けて微笑み交す白日傘
傾けてちょっと気を引く白日傘
傾けて軽き会釈や白日傘
ドライフラワーほどに夏痩せぬ
蒼天の映るプールで平泳ぎ
少年は寡黙でありてあめんぼう
少年は無口でありて水馬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土曜日)

草市といふほどもなき荷なりけり  大巌青児

Hjp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月4日 土曜日  曇 晴 32℃

病む妻の足頸にぎり昼寝する末の子みれば死なしめがたし  吉野秀雄

草市といふほどもなき荷なりけり  大巌青児

この所怠け心であめんぼう
あめんぼう水輪のなかに水輪つくり
少年は初恋告げず水馬
少年の恋知りそめしあめんぼ
少年のひとりの思ひ水馬
少年の思ひに耽るあめんぼう
少年の内気でありし水馬
大人には成りたく無き子アイスクリン
底までも日矢届きけるプールかな
羅の衿を正して客迎ふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金曜日)

車中にも山の涼しさ飛騨に入る  高野日佐子

Hp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月3日 金曜日  曇   27℃

親といへば我ひとりなり茂二郎生きるわれを悲しませ居よ 窪田空穂

削り氷を散らす地の上に到まへちひさき千の稲妻  紀野恵

車中にも山の涼しさ飛騨に入る  高野日佐子

珊瑚樹を一枝差して歯科医院
珊瑚樹に空の青さが目に沁みる
プール出て珊瑚樹の紅目に沁みる
信号を待つも僅かの片陰に
マルクスもレーニンも無き労働祭
頑固なる歯科医師を訪ふ酷暑かな
眉太き歯科医と訪ふ酷暑かな
刻みける茗荷の似合ふ冷や素麺
刻みける茗荷の宜しき冷や素麺
刻みける茗荷の香る冷や素麺
望むべき悠々自適冷奴
姿見に少女の影と柿若葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木曜日)

金魚大鱗夕焼けの空の如きあり 松本たかし

♪(●^o^●)♪ 2007年8月2日 木曜日  曇 雨   30℃

ファーブルもガリバーもゐる夏野かな  田島文子

金魚大鱗夕焼けの空の如きあり 松本たかし

後山の雲を高みに虹消ゆろ 飯田蛇笏

梨の木にすがり孵りし蝉いとし

冷麦にまことに似合ふ茗荷かな
冷麦にまこと宜しき茗荷かな
エジプト土産のラクダ鳴く酷暑かな
顎大き歯科医師苦笑す酷暑かな
毛沢東レーニンも無き労働祭
花火見るために乗る涼み船
昼寝には作務衣一枚海の風
短夜の白みかけたる写経かな
短夜の写経三昧朝白む
母も子も祭好きなる宵の月
塵出して梅雨の透間の青い空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水曜日)

祭好きなれど休診するまじく 山内繭彦

♪(●^o^●)♪ 2007年8月1日 水曜日  曇   27℃

梁の下になれる娘の火中より助け呼ぶこゑを後も聞く親 窪田空穂

祭好きなれど休診するまじく 山内繭彦

ナイターやツキのはじめのはたた神  水原秋桜子

塵出して梅雨の透間の白い雲
泳ぎたる体のほてり夜もなほ
夜もなほ泳ぎしほてり残りけり
夢にさへ泳ぎしほてりありにけり
塵掃きて梅雨の透間の青い空
塵出掃きて梅雨の透間の白い雲
三代の女系家族や祭好き
人生は一瞬にして虹の橋
人生の一瞬にして虹の橋
これからはのんびり生きやう冷奴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »