« 車中にも山の涼しさ飛騨に入る  高野日佐子 | トップページ | オリーブの花咲き永久に月の眠りに 金子皆子 »

2007年8月 4日 (土曜日)

草市といふほどもなき荷なりけり  大巌青児

Hjp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月4日 土曜日  曇 晴 32℃

病む妻の足頸にぎり昼寝する末の子みれば死なしめがたし  吉野秀雄

草市といふほどもなき荷なりけり  大巌青児

この所怠け心であめんぼう
あめんぼう水輪のなかに水輪つくり
少年は初恋告げず水馬
少年の恋知りそめしあめんぼ
少年のひとりの思ひ水馬
少年の思ひに耽るあめんぼう
少年の内気でありし水馬
大人には成りたく無き子アイスクリン
底までも日矢届きけるプールかな
羅の衿を正して客迎ふ

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51950/7401349

この記事へのトラックバック一覧です: 草市といふほどもなき荷なりけり  大巌青児:

コメント

コメントを書く