« 日と風は明治にあらず秋暑し 安原葉 | トップページ | 届きたる西瓜は重し温かし  とよ田三茶 林屋木久蔵 »

2007年8月23日 (木曜日)

なりはひの下駄の片減り啄木忌 鈴木真砂女

Hp_3 ♪(●^o^●)♪ 2007823日 木曜日 晴 曇 32

乙女らの内を流るる時間(とき)あらむその縁(へり)にゐて歌の講義す 高野公彦

夏空を探り伸びゆく朝顔のつるは花芽に急かされてあり 宮崎美子

なりはひの下駄の片減り啄木忌 鈴木真砂女

水槽の泡に遊びし屑金魚
屑金魚と言ふは哀れや宵の市
屑金魚と呼ぶは哀れや宵の市
河童橋より見上ぐれば大青嶺
河童忌と言ふは哀れや蓮の花
雲の峰むかしの吾がありさうな
黄カンナや高速道路渋滞す
渋滞の高速道路カンナの黄
朝顔の紺寿司屋の暖簾出す
広島忌またも抜けるやうな空

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51950/7616768

この記事へのトラックバック一覧です: なりはひの下駄の片減り啄木忌 鈴木真砂女:

コメント

コメントを書く