« 祭好きなれど休診するまじく 山内繭彦 | トップページ | 車中にも山の涼しさ飛騨に入る  高野日佐子 »

2007年8月 2日 (木曜日)

金魚大鱗夕焼けの空の如きあり 松本たかし

♪(●^o^●)♪ 2007年8月2日 木曜日  曇 雨   30℃

ファーブルもガリバーもゐる夏野かな  田島文子

金魚大鱗夕焼けの空の如きあり 松本たかし

後山の雲を高みに虹消ゆろ 飯田蛇笏

梨の木にすがり孵りし蝉いとし

冷麦にまことに似合ふ茗荷かな
冷麦にまこと宜しき茗荷かな
エジプト土産のラクダ鳴く酷暑かな
顎大き歯科医師苦笑す酷暑かな
毛沢東レーニンも無き労働祭
花火見るために乗る涼み船
昼寝には作務衣一枚海の風
短夜の白みかけたる写経かな
短夜の写経三昧朝白む
母も子も祭好きなる宵の月
塵出して梅雨の透間の青い空

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51950/7386690

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚大鱗夕焼けの空の如きあり 松本たかし:

コメント

コメントを書く