« 日本相撲協会どうする。 | トップページ | しづかなる力満ちゆきばったとぶ 加藤楸邨 »

2007年8月31日 (金曜日)

踏切りを一滴ぬらす金魚売  秋元不死夫

Hpo2007831日 金曜日 曇 雨 28℃

君待つと我が恋ひ居れば我が屋戸のすだれ動かし秋の風吹く 額田王 万葉集4488 

踏切りを一滴ぬらす金魚売  秋元不死夫 

踏切りは別離の地点秋桜
白百合や無人踏切り鳶の笛
踏切りで別れを告げぬ日輪草
ひとり立ちできぬ子なれど盆参り
自立せぬ息子なれども盆参り
自立せぬ息子と共に盆参り
写経して心おだやか星月夜
白菊や折目正しく盆参り
渋滞の目を休ませて稲の花
渋滞のバスのはしばしは早稲の傍 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51950/7746061

この記事へのトラックバック一覧です: 踏切りを一滴ぬらす金魚売  秋元不死夫 :

コメント

コメントを書く