« 座布団を折りて枕の昼寝かな | トップページ | 籠枕眼の見えてゐる夢ばかり  村越化石 »

2007年8月 8日 (水曜日)

ゆくもまたかへるも祇園囃子の中  橋本多佳子

♪(●^o^●)♪ 2007年8月8日 水曜日  曇 晴れ 33 ℃

洋なかの島にたつ子をま愛しみ、我は撫でたり。大きかしらを  折口信夫

ゆくもまたかへるも祇園囃子の中  橋本多佳子

盗人を入れて戸締り夏の月  石井孤傘

うすべりの青さ目に沁む夏料理
うすべりの青さ目に沁む夏座敷
うすべりの青さ目に沁む海の家
いろは歌唱へ偲ぶや弘法忌
いろは歌唱へ偲ぶや空海忌
うすべりの青さうるはし海の家
うすべりの青き香りの海の家
うすべりの青き香りのキャンプ宿
卯波立つ真砂女故郷の房の国
激しくも真砂女の恋や卯波立つ

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51950/7465302

この記事へのトラックバック一覧です: ゆくもまたかへるも祇園囃子の中  橋本多佳子:

コメント

コメントを書く