« 神領の山を恐れずはたた神  新美欽哉 | トップページ | 立山もかぶさる町や水を打つ 前田普羅 »

2007年10月15日 (月曜日)

引鶴の空蒼ければ湧く涙  大峯あきら

3

♪(●^o^●)♪ 2007年10月15日 月曜日   曇 雨 20 °C

最澄の母の里なる初蛙  大峯あきら

引鶴の空蒼ければ湧く涙  大峯あきら

羽根突けば遠き比叡は風花す
どう見ても窮屈さうな金魚鉢
稲刈りて筑波は近くなりにけり
稲刈りて近くなりにけり筑波嶺
高架線時には地下へ柿の秋
自転車で走り去りける秋日傘
横断路走り去りける秋日傘
歩道橋ゆりと渡る白日傘
仏桑花一つ加へし風景画
秋風とともに来たれる秋日傘

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51950/8422047

この記事へのトラックバック一覧です: 引鶴の空蒼ければ湧く涙  大峯あきら :

コメント

麦た~~ん、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

いつも素敵な絵画と俳句のお届けありがとうございます、どうして、そんなに沢山あっという間に描けるのか不思議です、それも、特徴を掴んでね・・

ここにきて、沢山の秀句を拝見して嬉しくおもいます

投稿 よっちー | 2007年10月15日 (月曜日) 23時12分

よっちーさまコメント有り難うございます。嬉しいです。

投稿 麦 | 2007年10月16日 (火曜日) 00時21分

コメントを書く