« 芙蓉の実枯れてはなやぐことありぬ  安住敦 | トップページ | 茶席には一輪差しの紺野菊 »

2007年12月 4日 (火曜日)

七五三形揃へて銀杏散る  百合山羽公

Hp_003
♪(●^o^●)♪ 2007年12月4日火曜日  晴 曇 13°C


七五三形揃へて銀杏散る  百合山羽公

先ず記す句会の次第初日記
俳句さへあれば幸せ初日記
職退きて早十二年アマリリス
職退きて早十二年冬の虹
職退きて早十二年山粧ふ
鯔跳ぶやその水平線に白き船
鯔跳ぶやその水平線に旅客船
枇杷の花世に隠れける哲学者
パンジーの咲きし明るさ滑り台
小春日の眠たさうなるこけしの目


川柳
日々あがる灯油の価格年の暮
またあがる灯油の価格年の暮
良い事がありますように神頼み
退職後妻に小遣いおねだりし
定年後へそくり作る夫かな
------------------------------
天高し海へとつづく散歩道

Autumn high sky,
My walking way
that to seashore.
--------------------------------------
飛行機灯ひと筋走る夜寒かな

A airplane light runs
as one line
Cold night.
--------------------------------
洋梨を土産となして出羽の人

My Yamagata born friend
Giv me a pear
which name is La France
---------------------------------


-----------------------
そぞろ寒入院近き隣びと

Chillly autumn morning
I heard neibour will be hosipitalized.
-----------------------------------
そぞろ寒言葉少なく会釈せり
夜業後の安堵や熱きコップ酒

川柳
居酒屋へ行くは残業終えし夜


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51950/9242261

この記事へのトラックバック一覧です: 七五三形揃へて銀杏散る  百合山羽公:

コメント

コメントを書く