カテゴリー「俳句  短歌」の200件の記事

2007年12月17日 (月曜日)

絨毯に紅葉散らしてコンサート

Hp11
♪(●^o^●)♪ 2007年12月17日  月曜日 晴 曇 12°C

患へる肝に温石あてにけり 茨木和生
---------------------------
ヴィオラ程小さき生きて嬉しけり
My life is as small as a viola and so happy.
----------------------
客布団干すほどの日和かな
有難き日和となりて日向ぼこ
冬麗らまこと宜しき洗濯日
絨毯に紅葉散らして子供会
絨毯に紅葉散らしてコンサート

冬麗の午後を過ごせし美術館
耳当てて冬木の呼吸聞きにけり
残業の疲れを癒すおでん酒
木枯しの丘にぞ望む小さき不二

Sekiya clinic.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日曜日)

栗爆ぜるごとくに遊ぶクラス会

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年12月16日 日曜日 晴  11°C

-------------------------------
栗爆ぜるごとくに遊ぶクラス会

Like chestnuts burst
Our old class meeng members played.
--------------------------------
秋刀魚には大根おろしが良く合へり

On supper saury and grated radish is fitting.
-----------------------------------
君がため 浮沼(うきぬ)の池の菱(ひし)摘(つ)むと 我が染(し)めし袖(そで) 濡(ぬ)れにけるかも
   万葉集 柿本人麻呂

ペルシャより遙か来たりし友ありて大和言の葉かろやか話す
小庭にも深紅の野菊咲きにけり思へば深む茜雲なか
遠つ人と婚約せしと聞きしよりその母親の困惑深む
暖房のややも効きたる講堂の源氏物語の話たけなは
暖房のややも効きたる講義には紫の上葵の上
王朝にあまたものの化現れる源氏の話まこと不思議ぞ
外つ国の人を信じて婚約を寿ぐべきと今は思はむ

人参スープ病養ふ為にこそ
湯気たちし人参スープ病人に
霜柱一筋流る飛行灯
霜柱仰げば走る飛行灯
鯔跳ねて大きな水輪作りけり
水澄みし泉にややも陽のかげり
焼芋や世間話のここかしこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土曜日)

業平を友とし歩めば都鳥

Hp
♪(●^o^●)♪ 2007年12月15日 土曜日  晴 曇 12℃
°C


芋煮会ややも過ぎたる地酒かな
麗しき桜紅葉の散歩道
夕の膳大根卸しをたつぷりと
秋刀魚には大根卸しが良く似合ふ
暖房のややも効きすぎコンサート
耕せば冬菜の笑ふ日和かな
秋簾揺れれば君の来る気配
業平を友とし歩めば都鳥
すすき野の風や寄り来るはぐれ猫
杯に落ち込む紅葉また一枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金曜日)

耕して冬菜の呼吸聞きにけり

Hp2
♪(●^o^●)♪ 2007年12月14日金曜日  曇 晴 15°C


柿剥きて皮の長さを競いひけり
十二月コンクリミキサー音せはし
冬菜にも息する気配ある日和
芋干すにまこと宜しき日和かな
水平線に富士見ゆる丘紅葉す
--------------------------
耕して冬菜の呼吸聞きにけり

I heard breaths
of winter vegetables
when I was plowing.
----------------------------
耕して冬菜の呼吸聞きにけり麗しき朝となりにけり

I heard breaths
of winter vegetables
when I was plowing,
It is a beautihul morning.
-------------------------------------
------------------
ペンギンの故郷思ひ日向ぼこ

A penguin is thinking his home island,
On the sunny side of rock.
----------------------------
川柳
するがよいと言われても散歩は寒い
寂しそう夫婦で獄に入るなら

♪(●^o^●)♪ 2007年12月13日  木曜日 雨 曇  13°C

--------------------------

喜びの齢を寿ぐことあれば是よりまさに人生楽しまむ

ま見へしはかぐや姫かと思ひしがまことは君の姿なるべし

到着のバス載せて来る紅葉かな

申される齢(よわい)に見えず茸狩り

金銀の星ある聖樹幸あれや



----------------------------

流鏑馬の一矢命中菊日和

Riding warrior's arrow get the target,
Chrysanthemum blossom's fine day.
----------------------------
冬麗ら化粧するにも笑みをもて

Beautiful winter morning
every time smiling in her make up time.
------------------
日向ぼこするが楽しき膃肭臍

A fur seal is very happy.
On the sunny side of rock.
-------------------
幸あれや聖樹の上に星あまた

Be happy for you,
Star dust over of
the Christmas tree.
---------------------------
冬麗ら乙女はすべて面白く
---------------------------
冬麗らすべて微笑む乙女かな

Beautiful winter morning
The cute girl is always smiliong.
----------------------------
冬麗の空いっぱいに棕櫚そよぐ

Full of beautiful winter sky
leaves of palm tree are trembling.
------------------------------------
川柳


気がつかず偽名ゴルフのばれる事


♪(●^o^●)♪ 2007年12月12日水曜日  晴 曇  15℃

逝く年を惜しみて聞きし第九かな来る年に幸いあれと祈るばかり

------------------------
逝く年と共にぞ去りし友の事
Deep thought on this year
on December also my friend passed away.
---------------------------

冬なれば心に沁みる階の音
目を細め日向ぼこせるおっとせい
退屈なペンギン岩に冬うらら
富士見むとひとり枯野に立ちつくす
願はくば互いに赦しクリスマス
新しき小さき鞄山粧ふ
雪の富士見ばやと思ふ二日旅
電飾のきらめく庭やクリスマス
フロントに大きな聖木光りをり
コスモスや黒木造りのレストラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火曜日)

遥かにも富士の高嶺の雲動き野分の朝を迎へたりけり

Img_2694_r
♪(●^o^●)♪ 2007年12月11日火曜日   晴 13°C °

その昔孔板てふ鉄筆でがりこがりこと書きたるが今はパソコン軽やかキー打つ

飾りける大きな鮪紅葉宿
天高し戦艦三笠の軍艦旗
鰯雲黒木造りのレストラン
天高し横須賀港の波静か
寒き朝座席にあればすぐ眠り
暖房席座ればすぐに夢心地
思ふれば哀愁の旅鰯雲
逝く年を惜しみて聞きし第九かな

白河の関や遙かに去りし人
燈火親し枕元には万葉集
冬麗のこに日に逝けば不満なし

川柳
アメリカへ言い訳に行く福田さん
拉致家族棚へ上げたる福田さん

♪(●^o^●)♪ 2007年12月10日  月曜日   晴 13°C °C

今朝の冷えありし小庭の菜園の苺の苗に覆ひ被せる

空の青銀杏黄葉と相まって今秋たけなはとにりにけるかも

秋風に乗りて来たりし絵手紙に風船かつらふはりと二つ

四温とは思ひ散歩にい出たれば海辺の風は骨にぞ沁みぬ
麗しき冬の薔薇(そうび)を手折らむとふと気がつけば棘に差されり

ファウストに囁く悪魔の声のあり君に再び青春与ふ

その昔孔板てふ鉄筆でがりこがりこと書きたるが今はパソコン軽やかキー打つ


川柳
アメリカへ言い訳に行く福田さん
拉致家族棚へ上げたる福田さん]

酔ひたい酒で 酔えない私で落椿 種田山頭火


紅葉の丘に古びし溥傑邸
パンジーを咲かせ小さな文化祭
---------------------
夕餉には熱き拉麺葱たつぷり

For dinner
a bowl of Chinese noodle
with many of mincing leek.
--------------------------

母の葬式 1925 シテイホール守口 1953 ひかり386 新大阪 2243 東京 2345 稲毛海岸

♪(●^o^●)♪ 2007年12月9日 日曜日   晴 13°C

七五三形揃へて銀杏散る  百合山羽公


鯔跳ぶやその水平線に白き船
鯔跳ぶやその水平線に旅客船
枇杷の花世に隠れける哲学者
パンジーの咲きし明るさ滑り台
小春日の眠たさうなるこけしの目
かくれんぼ藁塚にある日のぬくみ
七五三ややも疲れの晴着の子

道祖神夫婦寄り添ひ草紅葉

-------------------
遠富士の雲の動きし野分かな

Far away I saw the clouds
moving the top of Mt. Fuji
Autumn cold wind.
------------------------
遥かにも富士の高嶺の雲動き野分の朝を迎へたりけり

Far away I saw the clouds of Mt. Fuji
Mornig cold wind.
---------------------------
誕生日寿ほぎ贈る柿十個
一途なる柿好きでありにけりを
耕せば土笑ひける日和かな
耕せば土の笑ひし日和かな
雲白き冬菜笑へる日和かな
湿りある冬菜の笑ふ日和かな
耕せば冬菜の笑まむ日和かな

1034 稲毛海岸  ひかり371号 1136 東京駅 1415 新大阪 1500 シテイホール守口 母の通夜


♪(●^o^●)♪ 2007年12月8日 土曜日 晴 曇 14°C

------------
富士の雲かすかに動く野分かな

Top of Mt. Fuji
Clouds is moving calmly
Autumn cold wind.
---------------

夕餉には頂き物の柿三つ

On the dinner table
Three persimmon
which are friend's present.
-----------------------
宇宙には星のまたたき地に紅葉

In the space twinkle stars
On the earth autumn red leaves.
--------------------------------


川柳
日々あがる灯油の価格年の暮
またあがる灯油の価格年の暮

いい夫婦時には他人らしき時
職退きて主夫の仕事も面白い
山坂を幾たび越えていい夫婦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日曜日)

逝きし人思ふのみなる凍て銀河 麦秋

いつもお世話になり感謝申し上げます。
母が九十二歳で永眠しました。郷里に帰りますので。当分留守にします。ご迷惑の段深くお詫びします。
逝きし人思ふのみなる凍て銀河 麦秋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金曜日)

駅までは小走りで行く片時雨

Img_27662_r
♪(●^o^●)♪ 2007年12月8日 土曜日 晴 曇 14°C
------------
富士の雲かすかに動く野分かな
Top of Mt. Fuji
Clouds is moving calmly
Autumn cold wind.
---------------
夕餉には頂き物の柿三つ
On the dinner table
Three persimmon
which are friend's present.
-----------------------
宇宙には星のまたたき地に紅葉
In the space twinkle stars
On the earth autumn red leaves.
--------------------------------
川柳
日々あがる灯油の価格年の暮
またあがる灯油の価格年の暮
いい夫婦時には他人らしき時
職退きて主夫の仕事も面白い
山坂を幾たび越えていい夫婦

♪(●^o^●)♪ 2007年12月7日金曜日 晴  16°C
-------------------------------------------------------
ベニバナインゲン(紅花隠元)、ハナマメ(花豆)、ハナゲイマメ(花芸豆)、ハナササゲ
英:scarlet runner bean, flower bean
紅花隠元
夕餉には花豆甘き紅葉宿
Sweet "flower bean" on the dinner,
Autumn red leaves inn.
花豆は紅花隠元とも呼びます。場所は八ケ岳の温泉宿です。
-----------------------------

カレンダー選ぶ店先石蕗の花
Selecting calender,
in front of the shop
I found some Japanese silverleaf blossoms.
-----------------------------------
愛和してコロッケひとつキャベツの葉
This the harmony
One coroquette and cabbage's leaves.
-----------------------------------------
If it is the real "Never old gate"
I wish enter this gate.
泉へと降りこむ黄葉限りなし
Continuous falling
yellow leaves
of ginkgo tree.
-------------------------
宇宙から電波の届く星月夜
From the star dust.
Radio wave commming
To our blue star the Eearth.
----------------------------------------------------
ふと見れば不老の門でありぬべし二十の頃に入りて恋など為さむ
Suddenly I found the never old gate
If I would back twenty years old day,
enter the gate and get wounderful love.
---------------------------------
ふと見れば不老の門とありにけり君と共にぞ手を取り入らん
Suddenly I found the "Never old gate"
Let's enter this gate with you, have your hand.
--------------------------------------------------------

♪(●^o^●)♪ 2007年12月6日木曜日 晴 13°C

駅までは小走りで行く片時雨
昼餉にはほかほか温し芋宜し
鳥渡る空にぞ見たる面影ぞ
心して体いたはる年の暮れ
黄落や入りたし思ふ不老門
シンフォニー心揺さぶる秋の暮れ
自販機で買ふ珈琲一杯やそぞろ寒
寒の蘭蝶となりて飛びにけり
マラソンの集団抜けし芒原
かくれんぼ藁塚にある日のぬくみ
七五三ややも疲れの背広かな

川柳
危険だね独裁国との取引は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水曜日)

茶席には一輪差しの紺野菊

♪(●^o^●)♪ 2007年12月5日水曜日  晴 曇 11 °C

皇居なる壕に降りきし都鳥見れば業平いかにと思ふ


茶席には一輪差しの紺野菊
眉涼しき行商の売る大根かな
吾が年を祝ほぐのみや初日記
祝ぎて夢の一字の初日記
年男なりしとのみの初日記
古稀過ぎし数多星霜初日記
七十過ぎて亦年男初日記
年男寿ぐのみぞ初日記
亦ひとつ夢を記して初日記
生かされし感謝の言葉初日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火曜日)

七五三形揃へて銀杏散る  百合山羽公

Hp_003
♪(●^o^●)♪ 2007年12月4日火曜日  晴 曇 13°C


七五三形揃へて銀杏散る  百合山羽公

先ず記す句会の次第初日記
俳句さへあれば幸せ初日記
職退きて早十二年アマリリス
職退きて早十二年冬の虹
職退きて早十二年山粧ふ
鯔跳ぶやその水平線に白き船
鯔跳ぶやその水平線に旅客船
枇杷の花世に隠れける哲学者
パンジーの咲きし明るさ滑り台
小春日の眠たさうなるこけしの目


川柳
日々あがる灯油の価格年の暮
またあがる灯油の価格年の暮
良い事がありますように神頼み
退職後妻に小遣いおねだりし
定年後へそくり作る夫かな
------------------------------
天高し海へとつづく散歩道

Autumn high sky,
My walking way
that to seashore.
--------------------------------------
飛行機灯ひと筋走る夜寒かな

A airplane light runs
as one line
Cold night.
--------------------------------
洋梨を土産となして出羽の人

My Yamagata born friend
Giv me a pear
which name is La France
---------------------------------


-----------------------
そぞろ寒入院近き隣びと

Chillly autumn morning
I heard neibour will be hosipitalized.
-----------------------------------
そぞろ寒言葉少なく会釈せり
夜業後の安堵や熱きコップ酒

川柳
居酒屋へ行くは残業終えし夜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月曜日)

芙蓉の実枯れてはなやぐことありぬ  安住敦

Hp
♪(●^o^●)♪ 2007年12月3日 月曜日 曇 雨 16°C

芙蓉の実枯れてはなやぐことありぬ  安住敦

積善之家有余慶

枯野菊焼ける香りの苑に満ち
トンネルを抜けて青空蜜柑
職退きて坂道多し花ツ手
純白の沖待船や秋麗ら
日かげれば緑深まる冬菜かな
墨の香のほのか漂ふ十三夜
来る年は新しき夢忘年会
公園に古き機関車鰯雲
紅葉降るまっただなかの漆黒の不老門

温かき秋雨去りて朝あゆみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日曜日)

潮騒やエンゼルトランペットに秋深し

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年12月2日 日曜日  晴 曇 15°C
ボランテイア為せし疲れや片時雨
After volunteer activity
tired little bit
Autumn rain was passed.
--------------------------
口笛を吹く寂しさよ冬落輝
Lonly whistler who I am
Winter setting sun.
---------------------------
笛吹きて次の世のこと露知らず
When I am whisling in the autumn dew.
Forget everything after my death.
----------------------------------
石碑には不老の門や黄落す
Yellow autumn leaves falling down,
On the epitaph written as Never Old Gater.
------------------------------------
風さやかエンゼルトランペットを慈しみ
In the autumn breeze
Lovely engel trumpet blossoms.
------------------------------------
石蕗咲けば思はひは戻る友のこと
Japanese Silverleaf blossoms
My friend's memory comes back.
------------------------------------------
職退きてささやかながら得る食事まことに思ふ有難きかな
少年期飢えの日々あり白き飯あることこそはまこと嬉しき
恙なく過ぐこと祈る神無月
-----------------------------------------

♪(●^o^●)♪ 2007年12月1日 土曜日  曇 雨 18°C
草紅葉冷えるオカリナ手にくるみ温めてより聖夜を吹けり
Red winter grasses warming her ocarina in her hannds.
And plays the music of "silent Night."
]
オカリナに口紅残る寒の入り
Early winter
Thin rouge was attached
on her oarina.
-------------------------------------------
紅葉山かさこそ歩む足音を楽しみ遊ぶ母子ありけり
I found mother and child
They enjoyed the sounds of footsteps
on the red leaves in autumn moutain.
----------------------------
潮騒やエンゼルトランペットに秋深し
Sound of the waves
Engel trunpet blossoms
Oh deep autumn,
------------------------------
潮騒やエンゼルトランペットに冬近し
Sound of the waves
Engel trunpet blossoms
Oh, winter is near.
------------------------------
事務室を覗けど無人石蕗の花
ーーーーーーーーーーー
散り急ぐな急ぐな八重椿
My dear double camellia,
I hope do not falling down so fast.
ーーーーーーーーーーーーーー
月見草遥かなたに浅間山
A primrose blossom,
Far away I saw the Asama mountain.
--------------------------------------------------
浅間山には煙一筋月見草
A primrose blossom,
Far away I saw a volcano smoke of Mt. Asama.
一般的に文学に言う月見草は、正確には待宵草だそうです。
太宰治の 「富士には月見草が似合う。」は植物的には待宵草だそうです。
-------------------------------------------------
ひとりして琴弾くことも冬籠り
弁当を持ちて行きたし紅葉山 麦ちゃん
I hope to see autumn tints mountain
taking lunch box.
------------------------------------------------
天高く聳え立ちたる記念塔民間飛行発祥のしるし
High autumn sky
stannding high oblisk
The monument of commercial flight.
------------------------------------
天高し翼の形の記念塔
High autumn sky
The obelisk
which shape is wing
--------------------------------------
川柳

疲れるね政界財界何してる
甘い物好きでやっぱり痩せません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金曜日)

をりとりてはらりとおもきすすきかな  飯田蛇笏

Img_27662_r
♪ (●^o^●)♪ 2007年11月30日 金曜日 曇  13°C

奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき よみ人知らず
わが書斎立つと坐るとまかがよふ柚子の玉実の見えて明るき   太田水穂
ぴいと
神代にもだます工面は酒が入り  柳多留
いっぷくの姿スコップ雪に立ち 斉藤美規
秋深き隣は何をする人ぞ  芭蕉
雁や太陽がゆき月がゆき 長谷川櫂

ぴいと啼尻声悲し夜の鹿  芭蕉
初しぐれ猿も小蓑をほしげ也 芭蕉
日のにほひいただく穐の寒さかな 惟然
秋薔薇や彩を尽して艶ならず  松根東洋城


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木曜日)

描く間も八重の椿の散りにけり

Photo
♪ (●^o^●)♪ 2007年11月29日 木曜日 晴 11 °C


節料理真っ先に減る昆布巻
紅葉降る義経ゆかり衣川
先生の機嫌麗し菊日和
紅葉降る義経ゆかり平泉
高からぬ丘の神社の菊あつり
富士望む丘の神社の菊あつり
紅葉降る義経ゆかり毛越寺
紅葉降る義経ゆかり衣川
なもし讃岐饂飩を給ふべし

--------------------------------
描く間も八重の椿の散りにけり

In the time of drawing,
double camellia's petals
was falling.
------------------------------------
折り取りて描く間も散りにけり八重の椿のかなしからずや

Picked out a double camellia
And In the time of drawing,
It was falling.
----------------------------------------

遠つ国の人も友なり菊まつり

Foreigners are also my friends
The chrysanthemum festival.
-------------------------------------
石蕗の花襟元正し生きる寡婦
落輝してなほも残照ありし石蕗

♪ (●^o^●)♪ 2007年11月28日 水曜日 曇  13°C


わがいのち菊にむかひてしづかなる 水原秋桜子


ふいふいと消えて仕舞ふや秋の雲   三遊亭園朝

扇にて酒くむかげやちる桜 芭蕉

夕餉後の軽きうたたね目覚めけりやがて読書の夜の嬉しき

見てもまた逢ふ夜まれなる夢のうちにやがてまぎるるわが身ともがな  紫式部

世語りに人や伝へむたぐひなく憂き身をさめぬ夢になしても  紫式部

暁の別れはいつも露けきをこは世に知らぬ秋の空かな 紫式部

おほかたの秋の別れもかなしきに泣く音な添へそ野辺の松虫  紫式部

職退きてささやかながら得る食事まことに思ふ有難きかな
少年期飢えの日々あり白き飯あることこそはまこと嬉しき
ーーーーーーーーーーー
散り急ぐな急ぐな八重椿

My dear double camellia,
I hope do not falling down so fast.
ーーーーーーーーーーーーーー

月見草遥かなたに浅間山
A primrose blossom,
Far away I saw the Asama mountain.


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

月見草けむの一筋浅間山
A primrose blossom,
Far away I saw a volcano smoke of Mt. Asama.

一般的に文学に言う月見草は、植物的には待宵草です。
太宰治の 「富士には月見草が似合う。」は植物的には待宵草です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひとりして琴弾くことも冬籠り

弁当を持ちて行きたし紅葉山 麦ちゃん

I hope to see autumn tints mountain
taking lunch box.

 


霜月の時折雨のボランテイア
沈みゆく太陽重し冬落輝
黙祷で始まる句会紅葉山
干芋すこし焙りてお茶受けに
黙祷で始まる句会山粧ふ

立ち尽くす嵐に傘を飛ばされて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火曜日)

新雪の富士一瞬過ぎる車窓かな

♪ (●^o^●)♪ 2007年11月27日 火曜日 晴 曇 16°C

ある眼科で白内障と言はれしが別の眼科は何も言はれず
通勤の途中にありし公園に銀杏幾つかに拾ひたりけり
囀りに応へ口笛吹き歩むあたかも小鳥になりしごとくに
半世紀すでに過ぎにし同窓会向かふ車窓に新冠雪の富士
-------------------------------------------------
朝ごとに遠つ国よりのメールなるニュース確み平和を祈る

Every morning reading BBC mail news and pray peace for Got.

----------------------------------------------------
五十年既に過ぎにし同窓会行く新幹線に一瞬の雪富士

The way of old class meeting
Out of window of bullet train
For a split second
I saw the snow Fuji mountain.
---------------------------
新雪の富士一瞬過ぎる車窓かな

一瞬に車窓を過ぎし雪の富士

Out of window of bullet train
For a split second
I saw the snow Fuji mountain.
------------------------
遠つ国の人と愛でけり菊大輪

We enjoyed the wondrful chrysanthemum,
with foreigners.

------------------------------
天高し水平線に白き船
An autumun fine day,
On the horizon
I saw a white big ship
---------------------------
アマリリス咲きしと友の誘ひかな


My best friend's invitation.
"Plwase come to see amaryllis blossom."
-------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月曜日)

頼もしき明るさ見せることあれど手術の夜に涙落とせり

Photo
♪ (●^o^●)♪ 2007年11月26日 月曜日 晴 曇 18°C

頼もしき明るさ見せることあれど手術の夜に涙落とせり
かすかなる香に誘はれて三階の窓を開ければ木犀光る
純白の菊のごとくに生きたしと思へど雨に濡れにし哀れ
コスモスに会釈し歩む朝なれば擦れ合ふ人も笑みもて応ふ
ぼくだって運動会はびりだった悲しみ越えて今も生きてる
夕焼けの歌が流れる街角に母待ちていて吾が子迎へる
あまりにも悲しき知らせ受けし母心傷みて病みたりと聞く
なじみなき楽天てふチームあり昔南海活躍せしは夢のまた夢
ウイルスは人も家畜も危なくて日々の食事に不安重なる
振り込めの詐欺の電話に驚きし祖母は二階の孫を起こしぬ

♪ (●^o^●)♪ 2007年11月25日 日曜日 晴  16°C


毎回の同窓会の始めには黙祷をもて友を悼みぬ
句会には林のなかの座敷にてまた蝉時雨時に蟋蟀
飛ぶ鳥は跡を濁すさず思いひより多くのビデオ捨てて安堵や
遠つ国の人々多く集ひけるモーターショウ北欧人と語る喜び
ベゴニアの咲く公民館女子職員少しは痩せてひとり頬笑む
菜園に散水すれば小さき虹幾つか生まる驚き溢る
少年の玉音ききてて泣きにけるあの暑き正午を忘るべからず
高速と称ふ道路の遅きより無料なるべき道路なるべし
サルビヤの真紅に燃ゆは吾が心君を思ふが故にてあらむ
百歳を越えて監督は映画を創る車椅子にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土曜日)

あたゝめる酒間遠しく又楽し 嘯山 

Photo
♪ (●^o^●)♪ 2007年11月25日 日曜日 晴  16°C


毎回の同窓会の始めには黙祷をもて友を悼みぬ
句会には林のなかの座敷にてまた蝉時雨時に蟋蟀
飛ぶ鳥は跡を濁すさず思いひより多くのビデオ捨てて安堵や
遠つ国の人々多く集ひけるモーターショウ北欧人と語る喜び
ベゴニアの咲く公民館女子職員少しは痩せてひとり頬笑む
菜園に散水すれば小さき虹幾つか生まる驚き溢る
少年の玉音ききてて泣きにけるあの暑き正午を忘るべからず
高速と称ふ道路の遅きより無料なるべき道路なるべし
サルビヤの真紅に燃ゆは吾が心君を思ふが故にてあらむ
百歳を越えて監督は映画を創る車椅子にて

♪ (●^o^●)♪ 2007年11月24日 土曜日 晴 17°C

鯊日和空に溶けこむ鴎かな
鯊日和水に溶けこむ鴎かな
秋麗ら鴎の群は海に溶け
紅葉降る小高き丘のクラス会
鯖雲や日光遠く猿回し
鰯雲ふるさと遠き猿回し
ぱりぱりと煎餅食むも冬籠り
小春日ややはり洗濯したくなり
菊日和猿も欠伸をしたりけり
--------------------------------
捜しても洗濯したき小六月

Oh beautiful Indian summer,
Eagerly want to washiung.
Wheat
---------------------------------
柿の秋逝きにし人の懐かしき

Only my memory is
My best friend who passed away.
In the fall to see persimmon.

Wheat
--------------------------------
オカリナを吹けばやがては宵の月
When I playing ocarina.
Now the evening moon is coming up.

Wheat
-----------------------------
The great eternal space
Over the autummn sky.
On a cosmos blossom.

コスモスの花の上なる大宇宙

コスモスは花の名であり宇宙の意味もあるそうです。
------------------------------------------------


♪ (●^o^●)♪ 2007年11月23日 金曜日 晴 11 °C


あたゝめる酒間遠しく又楽し 嘯山  あたため酒

サルビアの苑にて乙女猿廻し時には涙落とすことあり

やがて行く次の世界に持てるもの何もなければ捨てる楽しさ

-----------------------------------------

幼な子の鳩と遊べる小春かな

Beautiful Indian summer day,
An infant plays with a dove.

Wheat

--------------------------------------------


時雨るるや制服赤きモーターショウ
とりどりの菊にて飾る花電車
菊日和猿も欠伸をしたりけり

不器用に生きる幸せ紅葉山

川柳

福ちゃんに操られいる小沢ちゃん
猿回し時には猿に操つられ

起き上がれそれこそ君の出発だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木曜日)

鈴虫の止みて終ひなる別れかな

Photo
♪ (●^o^●)♪ 2007年11月22日 木曜日 晴 12 °C

長谷川はこれより右としるしたる石を濡らして行く時雨かな  落合直文
三十年わが名よぶ母のこゑありきそのこゑきかぬのちの二十年 上田三四三
売りにゆく柱時計がふいに鳴る横抱きにして枯野ゆくとき   寺山修司

行く秋を惜しみて果つるクラス会
秋の花横抱きにして友見舞ふ
足踏みをして白鳥を待つ凍湖かな

雁のやがては月に溶けこみぬ
ひと眠りしたる夜長の読書かな

鴨の子の母の水尾を離れざる

鯔跳んで亦水しぶき大水輪

紅葉降る丘に残れる忠魂碑

秋麗らうたた寝したくなる講義
鈴虫の止みて終ひなる別れかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水曜日)

海越しに富士の裾野や月見草

Hp

♪ (●^o^●)♪ 2007年11月21日 水曜日 晴 16 °C


関東の伸し餅を焼く不思議さよ心にあるは丸餅なれば

海越しに富士の裾野や月見草
秋茄子を崩れぬやうに煮ませられ
鋤焼に葱たつぷりが嬉しけれ
妻と共長き坂道山粧ふ 

秀麗の友の逝きけり冬銀河

松茸の土瓶蒸しなど母と共
桜鯛捨てるものなし大根汁
すめろぎの国見の山に茸狩り
古稀過ぎて松茸汁の尊とけり
松茸の檜の箱に売られけり
大輪の白菊開く静けさよ

川柳
身にしみる秋風あるや民主党
自民党出ても懐かし小沢さん

やっぱりね政治サークル民主党

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火曜日)

はらわたの熱きを恃み鳥渡る  宮坂静生

Photo
♪ (●^o^●)♪ 2007年11月20日 火曜日 晴 曇 17°C

はらわたの熱きを恃み鳥渡る  宮坂静生

よろこべばしきりに落つる木の実かな 富安風生

ボランテアしたる疲れや鰯雲

海辺には菊展ありて人いきれ
イラク旗も靡かば嬉し運動会
イラク旗も共に揚げたし運動会
アラブ旗も共に揚げたし運動会
菊の蜜吸ひける蜂の舌長し
黄落のしきりや双子乳母車

山粧ふ巣箱の如きポストあり

鯔高くはねて水輪の幾重にも
世捨人橋に休めり片時雨

♪(●^o^●)♪ 2007年11月19日 月曜日 晴 15 °C

余りにも磨きあげたる玻璃扉ふと吾が眼鏡触れにけるかも
二日間捜しあぐねし吾が眼鏡秋風さやかカーテンより落つ
万国旗はためく中に見あたらずアラブの旗よイラクの旗よ

海青くヨット日和と言うべきか
萩咲けば秘かに思ふ友のこと 
秋うららヨット日和と言ふべきか  

秋灯し一つは消さず留守の家
菊を見る車椅子亦乳母車
菊を見る車椅子亦杖の人

さざ波や湾一面の牡蠣筏
川柳
小沢さん止めて嬉しい福田さん
サークルで学歴地位を言う阿呆

♪(●^o^●)♪ 2007年11月18日 日曜日 晴 20 °C

爽やかに俳句の神に愛されて 田中裕明

恋文は短きがよしシクラメン  成瀬桜桃子
春風の日本に源氏物語  京極杞陽

定年後山坂多し星月夜

定年後山坂多し紺野菊

旧友に逢ひに行くべき萩日和 

旧友に逢ひに行くべく鰯雲

懐かしき左千夫旧家の紺野菊


遠つ国の声を聞きたる菊まつり
菊人形遠つ国人と共に賞で


鴛鴦降りて一点光る池の面  
鴨の池に鴛鴦が降りますと池が変わったように見えますね。


数へ日や捨て難きもの一つ捨て
数へ日の遠く聞こへる工事音
数へ日や窓のひとつを繕ひて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土曜日)

秋風の日本に平家物語  京極杞陽

21
♪(●^o^●)♪ 2007年11月17日 土曜日 晴  曇 16 °C

春の日の匂ただよう海原の霞の底にさくら鯛釣る 幸田露伴

秋風の日本に平家物語  京極杞陽

釣竿 を林とつらね鯊日和

菊をもて粧ひおたりけるモーターショウ

石階の天までつ継く鰯雲

万国旗空にはためき収穫祭

鰯雲突き抜けてをり塔の先

尖塔の輝いてをり菊日和

湯呑みには玉露の渦や初しぐれ

自然こそ麗しきもの初時雨

詫助のひとつひとつと咲きにけり

紅葉降る丘にて語る嬉しさよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金曜日)

一本の塀のきんかん数しらず 阿波野青畝

Hp2
♪(●^o^●)♪ 2007年11月16日 金曜日 晴 曇  15 °C

椎の実の板屋をはしる夜寒哉 暁台

一本の塀のきんかん数しらず 阿波野青畝

夕焼けの中にヨットの帰港かな

波を切るヨットの舳先大夕焼

古稀過ぎて起き伏しゆるり冬落輝

面白くなき世を面白く初日記

紅葉晴大きな欠伸したりけり

鯊釣の天を仰ぎてあくびせり

数多なるヨットの白帆秋うらら

帰港の途ヨットの白帆冬落輝

白き帆も赤き帆もありヨット港

♪(●^o^●)♪ 2007年11月15日 木曜日 晴  22°C

瀧落ちて群青世界とどろけり 水原秋桜子


方丈の大庇より春の蝶   高野素十


二株の葉牡丹瑠璃の色違ひ  西山泊雲

夕焼を背に帰りくるyヨットかな

地下道に転がりきしは木の実かな

地下道に木の実の落ちる響きかな

地下道に木の実の落ちる響きかな

石階に紅葉の落ちる早さかな

亡き友や生駒の嶺に紅葉降る

サルビアの駅に溢れて猿まはし

菊日和丘に乙女の猿まわし

紅葉降る丘に乙女の猿まわし

銀杏降る乙女の猿まわし

帰るべき故郷はなし姫椿

♪(●^o^●)♪ 2007年11月14日 水曜日 晴  22°C

秋風を泳ぐがにゆく膝頭  小島ゆかり

秋風の馬上つかまるところなし  正木ゆう子

せばまりてせばまりて濃し谿紅葉  篠田悌二郎

鳥渡る昭和は遠し同窓会
鳥渡る遠き旅して同窓会
秋さやか馬のたてがみ靡かせて
天高し遊びに疲れ一歳馬
天高し一瞬車窓富士の山
天高し一病息災汽車の旅
天高し一病息災同窓会

鳥渡る旅の果なる同窓会

アサルビアの駅前広場去るまはし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火曜日)

なつかしきしをにがもとの野菊哉  蕪村

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年11月13日 火曜日 晴  晴  19°C

なつかしきしをにがもとの野菊哉  蕪村

「しをにがもと」は紫苑のことでしょうか。何方か教えてください。

山小屋の周りに乱れ柳蘭 

柿の朱の炎に似たる日蓮忌
吾が国の姿に似たる唐辛子
朝市の賑はひに売る唐辛子
朝市の籠はみ出すせる唐辛子
日蓮忌深紅の心鷹の爪
文覚忌熱き心や鷹の爪
亡き人と旅してをりぬ柿の秋
スーパーの記念販売紀州柿
鳥渡る半世紀経し同窓会

♪(●^o^●)♪ 2007年11月12日 月曜日  晴 曇  21°C

にほ鳥の葛飾早稲をにへすとも その愛しきを外に立てめやも万葉集14-3386番

コスモスや子がくちずさむ中也の詩  大島民郎

石榴赤しふるさと人の心はも  高浜虚子
旧友と話す散歩や秋桜
宝石の種を生みける石榴かな
駅へ来て髪整へし初しぐれ
駅までの少しの時間散る紅葉
友を待つしばしの時間散る紅葉
山茶花の雨に暫く友を待つ
駅までは五分ほど愛づ姫椿
俳友を待つ小半時片しぐれ
旧友と話す散歩や草紅葉


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日曜日)

祖母山も傾山も夕立かな  山口青邨

Hp
♪(●^o^●)♪ 2007年11月11日 日曜日 晴  曇 雨     °C

祖母山も傾山も夕立かな  山口青邨

手鞠唄かなしきことをうつくしく  高浜虚子

淋しさはつみ木あそびにつもる雪  久保田万太郎

人参は嫌ひ赤毛のアンが好き  山田弘子

先ず記す句会の次第初日記
俳句さへあれば結構初日記
職退きて早十二年アマリリス
職退きて早十二年冬の虹
職退きて早十二年山粧ふ

定年後山坂多しアマリリス

定年後山坂多し石蕗の花

定年後山坂多し花八ツ手

定年後山坂多し秋桜

定年後山坂多し紺野菊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土曜日)

山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 加藤楸邨

Sud
♪(●^o^●)♪ 2007年11月10日 土曜日  曇 雨 18°C

山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 加藤楸邨

山茶花や五十年経たるクラス会

鳥渡る五十年を経しクラス会

鷹渡る五十年を経しクラス会

棕櫚の葉の棚引く空や鳥渡る
バス待てばサルビアまさに花ざかり
野紺菊井戸のポンプの響きけり
欄干に釣竿並ぶ鯊日和
数多なるヨット遊航秋うらら
帰港せしヨットの白帆夕落輝
青き帆赤き帆並べ帰港のヨットかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金曜日)

人を待つポインセチアに染まるほど  山田弘子

2
♪(●^o^●)♪ 2007年11月09日 金曜日 曇 雨 17 °C

思ひは陸奥に恋は駿河に通ふなり見初め座りせばなかなかに空に忘れて止みなまし 梁塵秘抄

吾の思ふシクラメンとは赤い花  若江千萱

子の思ふシクラメンとは白い花  若江千萱


黙祷で始まる宴姫椿
黙祷で始まる宴寒椿
黙祷で始まる宴虎落笛
黙祷で始まる宴冬銀河
天高し美保の松原潮響く
曼珠沙華思ひの人の一周忌
金木犀甘き香りを放ちけり
夢に見し未来の世界曼珠沙華
楽譜台立てば周囲に赤蜻蛉
コスモスの丘の風さへくれなゐに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木曜日)

子にみやげなき秋の夜の肩ぐるま  能村登四郎

♪(●^o^●)♪ 2007年11月08日 木曜日  晴  19°C

十六夜に夫を身籠りゐたるなり  秦夕美

雪はげし抱かれて息のつまりしこと  橋本多佳子

子にみやげなき秋の夜の肩ぐるま  能村登四郎

黙祷に始まる宴秋桜
黙祷に始まる宴散る紅葉
黙祷に始まる宴降る紅葉
黙祷に始まる宴降る紅葉
ひつじ田に青さのありし朝ぼらけ
初雪の富士一瞬の車窓かな
出窓には洋酒一本初しぐれ

秋遍路道祖神にも一礼し 

鳥渡る思出深くなるばかり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水曜日)

むさしのの空真青なる落葉かな 水原秋桜子

Hp3_20071101_84653_1371x1137
♪(●^o^●)♪ 2007年11月07日 水曜日 曇 晴 19°C

春の昼馬はポプラの影を食ふ マブソン青眼

葉巻吸ふ二人は蜷に似てくるか  四ッ谷龍

むさしのの空真青なる落葉かな 水原秋桜子

節料理買ふか買はぬか迷ふ妻
蓮の実の爆け合ひたる同窓会
木の実降る五十年目のクラス会
宮島に紅葉囁く風の朝
天高しだあれも乗らず岐阜羽島
岐阜羽島だあれも乗らぬ鯊日和
風吹けば楓紅葉の囁けり
風吹けば銀杏黄のささやけり
紅葉山五十年目のクラス会
黙祷に始まる宴山粧ふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火曜日)

菊膾酢つぱき甘き同窓会

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年11月06日 火曜日 雨 17°C

古勢山のつらつら椿つらつらに見つつしのばな古勢の春野を 坂門人足
万葉集 1-54

露の世は露の世ながらさりながら 一茶

墨の香の溶けゆく雨や嵯峨の秋  吹風 山形由美

数へ日の鋸の音槌の音
数へ日の軽き一枚鉋屑
菊膾酢つぱき甘き同窓会
木の実独楽五十年目のクラス会
出窓には洋酒一本秋桜
一瞬に車窓を過ぎし雪の富士
水の蒼極まりにける鯊日和
天龍川蒼の極みや鯊日和
山粧そふ五十年目のクラス会
寺屋根の青の極まり鰯雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月曜日)

りんだうや枯葉がちなる花咲けり  蕪村

Hp_20071101_85052_1236x872
♪(●^o^●)♪ 2007年11月05日 月曜日 曇  20°C

向日葵の秋日の蘂となりにけり  西島麦南

りんだうや枯葉がちなる花咲けり  蕪村

鷹渡る海は紫朝ぼらけ  千才治子

数へ日の足音早くなりにけり
数へ日の余に早き時計かな
数へ日の秒針進む時計かな
数へ日の余りに多き捨てるもの
数へ日や万物流転明日しれず
数へ日やしがらみを捨て物を捨て
数へ日や障子の破れひとつ貼り


川柳で失礼します。

小沢さん秘密会談が民主党内で賛成されなくて、辞任表明しました。

もっと根回し、説得があるのが党首としての立場でしょう。

連立の耳打ちあれど知らぬふり
やめるやめないやめる小沢党首

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日曜日)

送り火のはじめを吾子が点しけり 大石悦子

2_20071102_131447_1673x1094
♪(●^o^●)♪ 2007年11月04日 日曜日 晴  曇 雨  21 °C

をりとりてはらりとおもきすすきかな  飯田蛇笏

送り火のはじめを吾子が点しけり 大石悦子

クラス会丹波篠山栗爆ぜる
クラス会丹波の栗の爆ぜにけり
クラス会丹波篠山柿日和
柿の秋遊び疲れし子の眠り
隣人の癌の検診秋すだれ
怖がりて歯医者に行くや葉鶏頭
隣人の癌の検診木の葉髪
怖がりて歯医者に行くや曼珠沙華

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金曜日)

昼顔の露に踏み入る二歩三歩  藤田湘子

♪(●^o^●)♪ 2007年11月02日 金曜日 曇 雨   19 °C

昼顔の露に踏み入る二歩三歩  藤田湘子

野葡萄のむらさきあはき思ひかな 島谷征良

岬まで野葡萄溢る小径かな
野葡萄に潮騒ひびく岬かな
昼顔やややも不安な一年生
桔梗や遙かに聳ゆ槍ケ岳  
四十年住めばふるさと夕の虹
四十年住めばふるさと虹二重
猫の子がより添ひきたる芒原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木曜日)

四十年住めばふるさと日輪草

♪(●^o^●)♪ 2007年11月01日 木曜日  曇 雨   22  °C


たらちねの母は死ねども死にまさずそこにもをるよかしにも居るよ  高村光太郎

さくら咲く朝のスリッパひややかに  片山桃史

桐咲けり憂愁深く身に棲める  片山桃史

四十年住めばふるさと日輪草
四十年住めばふるさと青すすき
四十年住めばふるさと蝉しぐれ
四十年住めばふるさと秋桜
四十年住めばふるさと千日紅
四十年住めばふるさと百日紅
岩礁に風待つ海鵜ありにけり
コスモスの風に誘はれ旅ごころ
岩礁に羽拡げたる海鵜かな


四十年住めばふるさと秋の虹

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水曜日)

鷹一つ見付けてうれし伊良古崎 松尾芭蕉

Sud
♪(●^o^●)♪ 2007年10月31日 水曜日 曇 雨 22°C

観覧車回れよ回れ想ひ出は君には一日我には一生  栗木京子

鷹のつらきびしく老いて哀れなり  村上鬼城

鷹一つ見付けてうれし伊良古崎 松尾芭蕉

冬菊のまとふはおのがひかりのみ 水原秋桜子

秋麗の海にオカリナ吹きにけり
校長の生徒迎へし石蕗の花
寿の一字記せし新日記
まず記す寿の文字新日記
よろこびの余りに落ちる木の実かな
龍胆の風に誘はれ旅ごころ
岩礁に羽拡げたる海鵜かな
羽拡げ風を待ちける海鵜かな
松ぼくりころころ踏みて朝歩み
給はりしあけび夕べの虹のなか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火曜日)

木の葉ふるやまずいそぐないそぐなよ 加藤楸邨

Hp

♪(●^o^●)♪ 2007年10月30日 火曜日 晴  曇 22 °C

もう二度とこんなに多くのダンボールを切ることはない最後の文化祭   小島なお

木の葉ふるやまずいそぐないそぐなよ 加藤楸邨

銀杏散るまつただ中に法科あり  山口青邨

確と見し鯔の跳躍双水輪
天高し妻の洗濯はかどりし
鯊日和妻は洗濯急がしく
風待ちて海鵜は羽を拡げけり
鯔跳ねて青き水輪に戻りけり
鯔跳ねて青き水輪の幾重にも
鯊日和雲より遅く動く舟
天高し雲より遅く動く船
天高し沖待ち船の眠りけり
鯊日和シャツ一枚を脱ぎ捨てて

0900-1500 Ocarina lesson at Saiwaicho CC.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月曜日)

くるしくも雨こゆる野や夏蕨   加舎白雄

Photo
♪ 2007年10月29日 月曜日 晴 18 °C

美しや春は白魚かひわり菜  加舎白雄

人恋し灯ともしころをさくらちる  加舎白雄

くるしくも雨こゆる野や夏蕨   加舎白雄

蝋燭のにほふ雛の雨夜かな  加舎白雄

コンサート果てたる後は虫の夜
香たいて墓参の庭の涼しさよ
秋潮や少しは動く沖の船
また届く友の訃報やきりぎりす
手庇に見る富士の山鳥帰る
砦めく沖待船や秋の雲
秋簾病の人のおはす窓
秋うらら砂丘の遙か佐渡ケ島
結願の秋の遍路の歩みかな
校長のごま塩髪や石蕗の花

1200 Caprichoza. 1330 Spanish society. Corazones llLatinos.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日曜日)

わが生れし日に逝きたまふ草紅葉 小島健

♪(●^o^●)♪ 2007年10月28日 日曜日   曇 雨 22°C

わが生れし日に逝きたまふ草紅葉 小島健

団栗両手にあふれ父である  小島健

玉の如き小春日和を授かりし 松本たかし

散り松葉昔ながらの掃除番 一茶


赴任地の余りに早き紅葉かな
楽譜台そつと置きたる草紅葉
草紅葉踏むに素足が心地良し
ポケットに団栗ころりころり哉
手の平にに団栗ころりころり哉
団栗や空の深さの限りなく
草紅葉そこに双子の乳母車
草紅葉ねんねんころり乳母車
秋桜ねんねんころり乳母車
ポケットに団栗溢る子の上着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉の如き小春日和を授かりし 松本たかし

1
♪(●^o^●)♪ 2007年10月28日 日曜日   曇 晴 24 °C

わが生れし日に逝きたまふ草紅葉 小島健

団栗両手にあふれ父である  小島健

玉の如き小春日和を授かりし 松本たかし

散り松葉昔ながらの掃除番 一茶

赴任地の余りに早き紅葉かな
楽譜台そつと置きたる草紅葉
草紅葉踏むに素足が心地良し
ポケットに団栗ころりころり哉
手の平にに団栗ころりころり哉
団栗や空の深さの限りなく
草紅葉そこに双子の乳母車
草紅葉ねんねんころり乳母車
秋桜ねんねんころり乳母車
ポケットに団栗溢る子の上着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土曜日)

♪(●^o^●)♪ 2007年10月27日 土曜日 晴  曇 雨  22 °C

1花水木の実
♪(●^o^●)♪ 2007年10月27日 土曜日  曇 雨  22 °C

菊の香や奈良には古き仏達  松尾芭蕉

夕顔の開く雨畑硯かな  長谷川櫂

(雨畑硯は甲州原産の硯)

つきぬけて天上の紺曼珠沙華 山口誓子

コスモスの野に大輪の夕の虹
コスモスの野に一輪の夕の虹
拉麺は硬めが宜し秋桜
拉麺は硬めが宜しアマリリス
ふるさとの駅は日照雨に黄落す
黄落の駅にしばらく日照雨かな
コスモスやはにかみ多き一年生
紅葉また黄葉よ思ひ出だけは残してよ
狛犬の欠伸している菊日和
狛犬の大欠伸している柿日和
狛犬の大欠伸している柿の秋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金曜日)

りんだうや枯葉がちなる花咲きぬ 蕪村

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月26日 金曜日  雨   19 °C

大寺や白湯のにへたつ秋の暮  加舎白雄

新米をもう食べた顔まだの顔  矢島渚男

りんだうや枯葉がちなる花咲きぬ 蕪村

粟畑の奥まであかき入日かな  空芽

草の実いつぱい松笠いっぱい百合鴎
岸辺には草のいつぱい鴎来る
狛犬の大欠伸する菊日和
狛犬の大欠伸する柿日和
狛犬の大欠伸する柿の秋
黄泉路とは如何なるものか秋の虹
黄泉路とは如何なるものか星月夜
千枚田天まで届き曼珠沙華

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木曜日)

上行くと下来る雲や秋の空 凡兆

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月25日 木曜日 曇 雨 19 °C

上行くと下来る雲や秋の空 凡兆

灰汁桶の雫やみけりきりぎりす 凡兆

をりとりてはらりとおもきすすきかな  飯田蛇笏

ワインの香甘く酸つぱく桃を煮る
無花果を煮るにワインの香に満ちぬ

菊日和乳母車には双子あり
天高し乳母車には双子あり
鷹渡る空に境の無かりけり

俳諧の調べとなりし秋の風
俳諧の旋律と吹く秋の風

俳諧の韻律となる吹く秋の風
女房の腕捲りして鍋奉行
古女房腕捲りして鍋奉行

1300 English conversation lesson

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水曜日)

山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 加藤楸邨

2
山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 加藤楸邨

山茶花や五十年経たるクラス会
♪(●^o^●)♪ 2007年10月24日 水曜日 晴  曇  24 °C
空冥の微塵となりて鷹渡る    正木ゆう子
まんじゅしゃげ昔おいらん泣きました 渡辺白泉
蝉しぐれ泥長靴のひとといて 加藤登喜子
目覚むれば既に古稀過ぎ秋桜
刺身包丁研澄ましけり桜鯛
青すすきそよぐは近き海辺かな
青すすきそよぐ彼方に白き船
しろがねの秋風吹けば旅の空
鎖塚てふ道路碑や雪もよひ
古稀過ぎて生きる幸ひ菊日和
一本のすすき揺れける手籠かな
想い出はすすき豊かな八ケ岳
秋桜乳母車には双子あり
コスモスや乳母車には双子あり

続きを読む "山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 加藤楸邨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火曜日)

雪眼鏡みづいろに嶺々沈ませる  大野林火

♪(●^o^●)♪ 2007年10月23日 火曜日 晴  曇 23°C

雪眼鏡みづいろに嶺々沈ませる  大野林火

玉虫を拳ゆるめて光らしむ  澁谷道

大根が一番うまし牡丹鍋  右城暮石

鍋奉行自信ありげな妻であり

藁葺きの左千夫旧家や菊日和
藁葺きの左千夫旧家や柿日和
せせらぎの程良く聞こへ曼珠沙華
心地良くせせらぎ聞こへ曼珠沙華
秋さやか破きし海苔の音ぱりと
幼な日の夢に溢れし赤蜻蛉
十薬の余に強き香りかな

吾亦紅乳母車には双子あり
菫野や乳母車には双子あり
風さやか沖待ち船の純白に


続きを読む "雪眼鏡みづいろに嶺々沈ませる  大野林火"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日曜日)

道のべの木槿は馬に喰はれけり  松尾芭蕉

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月21日 日曜日 晴  24 °C

道のべの木槿は馬に喰はれけり  松尾芭蕉

高燈籠消なんとするあまたたび  与謝蕪村

スーパーの記念売出し豊の秋
赤蜻蛉遊び疲れし子の眠り
風さやか結婚式の招き文
ふはり着る軽き背広や曼珠沙華
ふはり着る背広一枚秋の風
ふはり着る背広一枚曼珠沙華
ふはり着る背広一枚秋桜
今宵こそ鋤焼なるぞ鍋奉行
どつかりと鋤焼奉行正座して
豊の秋遊び疲れし子の眠り


続きを読む "道のべの木槿は馬に喰はれけり  松尾芭蕉 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土曜日)

送り火のはじめを吾子が点しけり 大石悦子

Photo

♪(●^o^●)♪ 2007年10月20日 土曜日 曇 雨 23 °C

送り火のはじめを吾子が点しけり 大石悦子

クラス会丹波篠山栗爆ぜる
クラス会丹波の栗の爆ぜにけり
クラス会丹波篠山柿日和
柿の秋遊び疲れし子の眠り
隣人の癌の検診秋すだれ
怖がりて歯医者に行くや葉鶏頭
隣人の癌の検診木の葉髪
怖がりて歯医者に行くや曼珠沙華

続きを読む "送り火のはじめを吾子が点しけり 大石悦子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金曜日)

秋晴れて塔にはさはるものもなし 正岡子規

1
♪(●^o^●)♪ 2007年10月19日 金曜日 曇 雨 20°C

秋晴れて塔にはさはるものもなし 正岡子規

お彼岸の墓参に集ふ三世代
隣人の入院鞄秋の風
隣人の入院鞄柿の秋
逝く秋の心にしみる琴の音
セレナーデひそかに奏す良夜かな
ひそかにも夜曲を奏す涼夜かな
昼餉後のうたた寝覚ます金魚売
昼餉後のうたた寝覚ます秋風鈴
昼餉後のうたた寝覚ます鉄風鈴
逝く秋の心にしみる笛の声
逝く秋の心にしみるセレナーデ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木曜日)

流灯となりても母の躓けり 中嶋秀子

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月18日 木曜日 曇 晴 22  °C

流灯となりても母の躓けり 中嶋秀子

おもしろうてやがて悲しき鵜舟かな 芭蕉

雪とけて村一ぱいの子どもかな 小林一茶

雪がとけて,子どもたちがいっせいに外で遊んでいる様子をよんだ句です。

雪どけを待ちわびていた雪国の子どもたちの笑顔が,目に浮かぶようですね。

信州の山にかこまれた村を想像します。

竿売りの声に目覚めし昼寝かな
静けさや出で湯に溢る星月夜
疲れまだ癒へざりし秋来たりけり
玻璃越しの鶏頭見える朝餉かな
窓越しの鶏頭見える朝餉かな
玻璃越しの萩房揺れる朝餉かな
訪ひし利根源流に青すすき
吾が書籍少しは整理獺祭忌
玻璃越しに会釈交はすや葉鶏頭
静けさや出で湯の宿に聞く蛙

続きを読む "流灯となりても母の躓けり 中嶋秀子 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水曜日)

月光のしたたりかかる鵜籠かな  飯田蛇笏

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月17日 水曜日 曇 晴 21  °C

篝火の金粉こぼす鵜のあたり 平畑静塔

月光のしたたりかかる鵜籠かな  飯田蛇笏

友人の院鞄木の葉髪
直さざる越中訛風の盆
耕せばひとつ落ちけり花オクラ
どの坂も紅葉降りける京都かな
どの坂も塔の見えけり紅葉晴
投句してしばしの安堵秋桜
投句してしばしの安堵萩しぐれ
高架線時には地下へ秋の冷え
高架線時には地下へ萩しぐれ
友人の院鞄萩しぐれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火曜日)

立山もかぶさる町や水を打つ 前田普羅

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月16日 火曜日 曇 雨 20 °C

死なうかと囁かれしは蛍の夜  鈴木真砂女

立山もかぶさる町や水を打つ 前田普羅

四国上空雲をゆたかに空海忌  正木ゆう子

たつぷりと水含みける花オクラ
立山のかぶさる里の風の盆
どこからも初音の聞こゆ城下町
洋蘭を見つめ待ちける歯科の順
誰が為に咲き乱れける秋桜
駐車して空覆ひける大花火
七色に開く花火のひとつかな
隣人の入院準備虎落笛
隣人の入院準備初野分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月曜日)

引鶴の空蒼ければ湧く涙  大峯あきら

3

♪(●^o^●)♪ 2007年10月15日 月曜日   曇 雨 20 °C

最澄の母の里なる初蛙  大峯あきら

引鶴の空蒼ければ湧く涙  大峯あきら

羽根突けば遠き比叡は風花す
どう見ても窮屈さうな金魚鉢
稲刈りて筑波は近くなりにけり
稲刈りて近くなりにけり筑波嶺
高架線時には地下へ柿の秋
自転車で走り去りける秋日傘
横断路走り去りける秋日傘
歩道橋ゆりと渡る白日傘
仏桑花一つ加へし風景画
秋風とともに来たれる秋日傘

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日曜日)

神領の山を恐れずはたた神  新美欽哉

Photo_2
♪(●^o^●)♪ 2007年10月14日 日曜日 曇  20 °C

蓮如忌の寺へ通へる畷かな 大峯あきら

神領の山を恐れずはたた神  新美欽哉

見下ろして湖のさざ波とろろ蕎麦
伊勢深しちろろの中の外湯かな
擂粉木の白紙に捲きとろろ汁
頑固なる亭主の白髪とろろ飯
頑固なる亭主の白髪とろろ蕎麦
頑固なる亭主の白髪とろろ汁
頑固なる亭主の笑窪とろろ飯
頑固なる亭主の笑窪とろろ蕎麦
頑固なる亭主の笑窪とろろ汁
冬瓜の如き妻なり獺祭忌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土曜日)

控目に紅差す巫女の秋思かな  田中重紀

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月13日 土曜日   曇 20 °C

控目に紅差す巫女の秋思かな  田中重紀

いちはやく秋めく伊勢の風宮  岡葉子

河口けふ波は静かに沙魚日和
何と言ふ朝の寒さぞ彼岸後
彼岸後の暑さ寒さの繰り返し
海べりの闇なかより黄金虫
海べりの闇なかよりかなぶんぶん

佳人とて甘藷が好きと宣まはり

古稀なるも化粧(けはひ)忘れず秋桜
おはようはまっさきに朝顔に
紅葉降る巣箱のやうなポストかな
落葉降る巣箱のやうなポストかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金曜日)

蓮の香を上品と云ふ吾も嗅ぐ  水谷千賀子

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月12日 金曜日 曇 21 °C

蓮の香を上品と云ふ吾も嗅ぐ  水谷千賀子

川曳きのしぶきに濡れて祭幡  大久保和子

投票し貰ふ花種きらめきて
菊日和結婚式の招き来て
古稀と言ふ齢に生きて菊日和
古稀と言ふ齢を越えて菊日和
古稀と言ふ齢に生きて菊まつり
古稀と言ふ齢を越えて菊まつり
古稀と言ふ齢の不思議花甘藍
古稀と言ふ齢の不思議花きゃべつ
古稀と言ふ齢の不思議月見草

続きを読む "蓮の香を上品と云ふ吾も嗅ぐ  水谷千賀子 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木曜日)

散る紅葉想ひ出だけは残してよ 麦秋

♪(●^o^●)♪ 2007年10月11日 木曜日 晴 曇     23 °C

散る紅葉想ひ出だけは残してよ 麦秋Photo


冬麗の微塵となりて去らんとす 相馬遷子

わが山河まだ見尽くさず花辛夷  相馬遷子

鍬置いて虹を知らせに火の見まで 佐藤映二

出湯への五分の小道牛蛙
川端でオカリナを吹く秋思かな
風の盆一さし舞ひて夕ともし
彼岸後の戻りの暑さ身のだるさ
望月を見ばやと妻を起しけり
友人の行方知らずや曼珠沙華
女人より機嫌聞かるる鯊日和
牛蛙轟く小道出湯まで
牛蛙響ける小道出湯まで
伊勢深し外湯に響く牛蛙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水曜日)

おのが突く杖音に涼新たなり  村越化石

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月10日 水曜日 曇 晴 20 °C

露と落ち露と消えにしわが身かななにはの事も夢のまた夢  豊臣秀吉

鴬を目つむりて聞くここの老ゆ  村越化石

桜餅吾に晴れ眼の日のありし  村越化石

おのが突く杖音に涼新たなり  村越化石

数へ日やしがらみを捨て物を捨て
名月を幾たび見たる一夜かな
名月を見むとて目覚む深夜かな
爽秋やその子の名前さやかなり
数へ日や障子の破れひとつ貼り
まつりごと吾には遠し蝉時雨
名月を見むとて妻を起こしけり
鍬休め蚯蚓を会釈したりけり
個性なき閣僚名簿遠花火
替りばへせぬ大臣名簿遠花火

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火曜日)

ともに居て梨剥けば足る恋心 日野草城

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月09日 火曜日 晴  曇 23 °C

落蝉の仰向くは空深きゆゑ  宮坂静生

ともに居て梨剥けば足る恋心 日野草城

アルプスの尾根を歩めば霧生まれ
夢幻なる霧生みにける浅間かな
霧深き運河に近き珈琲店
霧深き運河に近き玻璃工房
海鼠塀残る川辺や秋桜餅
紅葉降る上野公園辻楽師
七重八重九重の苑菊まつり
白菊や九重の地の同窓会
霧ごめの宿に供する山女かな
眼前に広き前庭曼珠沙華

続きを読む "ともに居て梨剥けば足る恋心 日野草城 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月曜日)

聞きもせず束稲(たわしね)山の桜花吉野のほかにかかるべしとは  西行

2
♪(●^o^●)♪ 2007年10月08日 月曜日  曇 雨  25   °C

とりわきて心もしみて冴えぞわたる衣河見にきたる今日しかも  西行

聞きもせず束稲(たわしね)山の桜花吉野のほかにかかるべしとは  西行

伊予芋が好き昇さんも清さんも 有馬朗人

山芋掘る足下はるばる遍路道 金子兜太

すこやかな山川草木星月夜
菊一重さらに八重まで菊人形
やうやくに朝霧の晴れし霧ヶ峰
湯けむりに溶けこむ霧の出湯かな
遙か来て霧笛の響く任地かな
啄木の来たりし港遠霧笛
摩周湖の霧の薄れにし夫婦旅
湖霧の薄れきたりし夫婦旅
川霧の薄れきたりし親子旅
峡の霧やうやく薄れ思ふ人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日曜日)

吹きてさます芋の子の椀一遍忌 黒田杏子

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月06日 土曜日 晴 26 °C
吹きてさます芋の子の椀一遍忌 黒田杏子

終戦日ただただ合掌いたすのみ
遥か来て下総住まひ虫時雨
訪へば萩の花散る垣根かな
青芒おもちゃ程なる発電所
紅葉渓おもちゃ程なる発電所
山粧ふおもちゃ程なる発電所
訪へば萩枝垂れける垣根かな
仏壇に供ふ赤飯萩の月
仏壇に供ふ栗飯星月夜
捨猫の寄り添ひきたる野分かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土曜日)

Over the rainbow

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月06日 土曜日 晴 26 °C
吹きてさます芋の子の椀一遍忌 黒田杏子

終戦日ただただ合掌いたすのみ
遥か来て下総住まひ虫時雨
訪へば萩の花散る垣根かな
青芒おもちゃ程なる発電所
紅葉渓おもちゃ程なる発電所
山粧ふおもちゃ程なる発電所
訪へば萩枝垂れける垣根かな
仏壇に供ふ赤飯萩の月
仏壇に供ふ栗飯星月夜
捨猫の寄り添ひきたる野分かな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金曜日)

大文字や近江の空もたゞならぬ 蕪村

2
♪(●^o^●)♪ 2007年10月05日 金曜日 晴 時々雨 24 °C

大文字や近江の空もたゞならぬ 蕪村

まだ水に影の縺れぬしだれ萩 星野椿

火祭を待つ赤富士となりにけり 有馬朗人
一湾を覆ふ五色の大花火

大花火打ち終はりたる静寂かな
遠花火見むとて紺の浴衣かな
大花火吸込む湖の広さかな
運動会開く合図の音花火
手花火を怖れしわが子母となる
窓開けて聞き分けてゐる虫の声
窓開けてこの世の月を楽しめり
猫の子の寄り添ひきたる野分かな
萩咲けば心にゆとり生まれさうな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木曜日)

朴落葉遊び心に拾ひけり 村越化石

Photo_2
♪(●^o^●)♪ 2007年10月04日 木曜日  曇   24  °C

朴落葉遊び心に拾ひけり 村越化石

夕づくや湯の香湯けむり雪催  村越化石

桜咲くひとがうつかりしてをれば  辻田克巳

遥か来て下総住まひ稲の花
遥か来て下総住まひ柿の秋
遥か来て下総住まひ大夕立
遥か来て下総住まひ大花火
耕せば蚯蚓よろこびいたりけり
ある時にふと止みにける虫しぐれ
扇風機回すまでなき残暑かな
中秋の返りの暑さ身のだるさ
扇風機回してなほも残暑かな
耕せば蚯蚓を友と思ひけり

続きを読む "朴落葉遊び心に拾ひけり 村越化石"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水曜日)

ひたすらに生きたる子規を祀りけり  今井千鶴子

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月03日 水曜日 晴   曇   24 °C

綿ふくや河内もみゆる男山   凡兆

ひたすらに生きたる子規を祀りけり  今井千鶴子

仙台を見下ろす峠星月夜
遥か来て下総住まひ青すすき
遥か来て下総住まひ星月夜
遥か来て下総住まひ花オクラ
遥か来て下総住まひ赤蜻蛉
遥か来て下総住まひ法師蝉
遥か来て下総住まひ青葡萄
遥か来て下総住まひ蝉時雨
賜りしオクラの花の優しさよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火曜日)

北斎に及ばざれども鶴と富士

Photo
♪(●^o^●)♪ 2007年10月02日 火曜日   曇 雨   22  °C
手の内を明かせば誰も芋が好き 相原左義長

胸苦し夢より覚めて萩の風
水澄むや心にしみる友の声
萩の風またも一信訃報あり
遠慮せし菓子の幾つか菊日和
朱傘越し饂飩供する菊見茶屋
昼寝後のからだの重さ身のだるさ
するすると喉越しの良き冷素麺
するすると喉越しの良き走り蕎麦
宣はる齢ひに見えず敬老日
宣はる齢ひに見えず菊見会

続きを読む "北斎に及ばざれども鶴と富士"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月曜日)

松茸や笠にたつたる松の針   浪化

(●^o^●)♪ 2007年1001日 月曜日   曇  雨  21 °C

十といふところに段がある如き錯覚持ちて九十一となる  土屋文明

松茸や笠にたつたる松の針   浪化

芸術の秋予定加へしカレンダー
菊日和予定加へしカレンダー
萩日和予定加へしカレンダー
稲雀わらわらと飛ぶ墓参り
澄みにける水もて洗ふ母の墓
菊日和三代揃ひ墓詣で
親子孫揃ひし墓参菊日和
親子孫揃ひし墓参萩の風
秋風の身にしむ旅の余白かな
萩風に誘はれて行く同窓会

続きを読む "松茸や笠にたつたる松の針   浪化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月30日 (日曜日)

犬の子のどこもやはらか野分なか 加藤楸邨

Photoo2007930日 日曜日 曇 雨 19  °C

吾木香すすきかるかや秋くさのさびしききはみ君におくらむ 若山牧水

露地物の尖るトマトは桃太郎 八木林之助

鮓のいを卯の花衣着たりけり 与謝蕪村

犬の子のどこもやはらか野分なか 加藤楸邨

父母の夜長くおはし給ふらん  高浜虚子

縄電車駅はコスモス咲く花壇
朝風の爽かとなりと旅便り
昼餉後に一睡なせば萩の風
縄電車発車すコスモス咲く花壇
ふるさとの歌オカリナで吹く敬老日
ふるさとの歌オカリナで吹く萩日和
昼餉後に一睡をなす萩の風
昼餉後に一睡なせば芒風
縄電車ひとり加わり萩の風
縄電車駅ひとり加わり萩日和

続きを読む "犬の子のどこもやはらか野分なか 加藤楸邨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土曜日)

髪ながき少女とうまれしろ百合に額は伏せつつ君をこそ思へ   山川登美子 

Hpjpg(●^o^●)♪ 2007929日 土曜日 曇 雨 22  °C

髪ながき少女とうまれしろ百合に額は伏せつつ君をこそ思へ   山川登美子 

父がつけし吾名立子や月を仰ぐ 星野立子

秋風の気配と覚ゆ葉擦れかな
吾が日記俳句いくばく秋の風
吾が日記俳句いくばく走馬燈
菜園の蚯蚓一筋懐かしや
四季のある敷島に住み萩の風
子供達の芋掘り授業黄色帽
子供達の屋外授業萩の風
子供達の屋外授業秋桜
吾が日記俳句いくばく萩の風
虫時雨やがては土に還る吾


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金曜日)

冬瓜やたがひにかわる顔の形 松尾芭蕉

Hp0o2007928日 金曜日   晴 31 °C

桃太郎と金太郎と勝負することなしされどああ少し金太郎好き  馬場あき子 

浅漬がよけれさつまいもの茎も 茨木和生 

冬瓜やたがひにかわる顔の形 松尾芭蕉 

ざぶざぶと素麺さます小桶かな 村上鬼城 

吾が日記俳句いくばく青すすき
吾が日記俳句いくばく星月夜

数へ日や俳句いくばく記す便り

数へ日の祝ひの俳句婚の宴

巡礼の湯浴みに仰ぐ星月夜

人の世は巡礼に似て星月夜

梨据げば空の紺青手に染まり

十薬の余りに強き張り根かな

次の世に近づくばかり蝉時雨

虫時雨やがては土に還る虫
 

続きを読む "冬瓜やたがひにかわる顔の形 松尾芭蕉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木曜日)

海風に紺をもらひて秋茄子 桑原啓司

Photo(●^o^●)♪ 2007927日 木曜日 曇  雨  27  °C

病みませるうなじに繊きかひな捲きて熱にかわける御口を吸はむ 与謝野晶子

菊咲けばやれ菊膾菊枕  後藤比奈夫

海風に紺をもらひて秋茄子 桑原啓司

大鱸なり鱗金鱗銀  清崎敏郎

園児達の黄色の帽子柿日和
身をゆだね心をゆだね籐寝椅子
籐椅子に心をゆだね菊日和
園児達の遠足日和秋桜
園児達の黄色の帽子秋桜
園児達の黄色の帽子菊日和
幸せさうなご婦人ばかり菊日和
ふくよかなご婦人ばかり美術展
幸せさうなご婦人ばかり美術展
ふくよかな婦人ばかり菊日和

1330 English conversation lesson at Inahama CC.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水曜日)

笹づとを解くや生き鮎真一文字 杉田久女

(●^o^●)♪ 20079月26日 水曜日曇   晴   25  °C

海青しまた空青し天地(あめつち)の広きを渡る悲しみと知れ 辻井喬  (堤清二) 

秋風のかほして尋ね来たるかな  鈴木章和

如月や子が読みゐたる若菜集 大石悦子

笹づとを解くや生き鮎真一文字 杉田久女

わが死後へわが飲む梅酒遺しけり 石田波郷

ふくよかなご婦人ばかり萩ひより
幸せさうなご婦人ばかり萩ひより
ふくよかな婦人ばかり菊日和
スーパーの新装開店秋秋つばめ
スーパーの新装開店秋桜
スーパーの新装開店秋扇
スーパーの新装開店菊ひより
ふくよかなご婦人ばかり秋扇子
幸せさうなご婦人ばかり秋扇子
ふくよかな婦人ばかり菊日和

.

続きを読む "笹づとを解くや生き鮎真一文字 杉田久女"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火曜日)

梅雨明けの近づく橡の葉擦れとも 安原葉

o2007925日 火曜日  晴  曇  26  °C

芥子ほどのさみしき恋ありし来し方よ海を生きつつ思ふ 高野公彦 

ゆく夏の受話器を置いた静けさにさよならを言う入道雲にも 星野知子 

梅雨明けの近づく橡の葉擦れとも 安原葉 

夏山やよく雲かゝりよく晴るゝ 高浜虚子 

------------------------------

晩夏晩年角川文庫蠅叩き 坪内捻典 

In my Latesummer

I swat flies

with Kadokawa paperback,

日本ペンクラブ訳 

-------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月曜日)

絵手紙ニュース

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 福田康夫さん自民党総裁
福田康夫さん「ふふふふの福ちゃんだよ。 おむすびころりんころりんこん首相が転がりこんできたよ。」
麻生太郎さん「上州のとんびにあぶらげが攫われちゃたよ。」
フジモリさん「もう一度ペルーの大統領やりたいな。」

裏富士の甲斐の空より青葡萄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵持たぬ一日となり鳥雲に 柳里笙

Jpg(●^o^●)♪ 2007924日 月曜日 曇  24 °C

腕なくば箸を使わぬ食い方があるのだ天に揺れる向日葵  奥田亡羊

鍵持たぬ一日となり鳥雲に   柳里笙

マッチ擦れば焔うるはし閑古鳥 渡辺水巴

秋雨の冷たさこの世の冷たさか
オカリナを吹けば回転秋つばめ
幸せは友と語らふ菊日和
幸せは友と語らふ秋桜
幸せは友と語らふ星月夜
目覚むればすだける虫になかにあり
沙魚日和一湾銀のさざ波に
テネシーワルツかすかに聞ゆ良夜かな
鳴りやまぬ留守番電話虫しぐれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日曜日)

をりとりてはらりとおもきすゝきかな 飯田蛇笏

Hp1  ♪o2007923日 日曜日 曇  28 °C

をりとりてはらりとおもきすゝきかな 飯田蛇笏

渡らねばならぬ吊橋露のみち  安原葉

界隈のだらだら祭なる人出  星野孝高士

2007.09.22朝俳句会 入選句 いなげ句会 稲毛記念館

スーパーの新装開店柿の秋
捨猫の寄り添ひきたる芒原

案山子にも一礼なして行脚僧

墓参には故人の好きな菊あまた

龍胆やおもちゃの如き発電所

昼餉後に一睡なせば萩の風

耕せば蚯蚓一筋なつかしき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金曜日)

ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲 佐佐木信綱

Photo(●^o^●)♪ 2007921日 金曜日 晴   31 °C

ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲 佐佐木信綱

がてんゆく暑さとなりぬきうりもみ 久保田万太郎

大粒の雨が来さうよ鱧の皮 草間時彦

凩の去れば暫く猫の声
清水へ七曲がり坂秋桜
凩の中に吾呼ぶ父の声
虫の音に満たされてゐる座敷かな
目覚むれば虫の時雨の座敷かな
東山粧ひまろやか京言葉
清水へ坂道ばかり秋桜
菊膾遺し出羽人去りにけり
星月夜着陸までのホバリング
十六夜や着陸までのホバリング
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木曜日)

去りし友凩の奥に居るやうな

(●^o^●)♪ 2007920日 木曜日 晴  曇 30 °C

望の月湖水にうかぶ夜の更けをわが銀匙は白粥すくふ 栗木京子 

去りし友凩の奥に居るやうな
凩や栄転と言ふ左遷かな
凩や辞令にありし左遷かな
凩や昇格と言ふ左遷令
漁火の大間岬の帰燕かな
漁火の大間岬の岩燕
廃校の空ほしいまま秋燕
分校の空ほしいまま秋燕
午後四時の草刈り奉仕砂ぼこり
学校の草刈り時間砂ぼこり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水曜日)

露の世は露の世ながらさりながら  一茶

o2007919日 水曜日曇  26  °C


うち深く火を抱く山に魅かれゆく雪にま白き一本の道 大伴道子 

むきになることなどなき世風の盆  今村潤子 

空間を縦横に切り風薫る 長谷川櫂 

露の世は露の世ながらさりながら  一茶 

痩蛙まけるな一茶是に有り  一茶 

凩や行方語らず去りし人
凩や断り難き赴任令
凩や行方語らず去りし友
人力車渡月橋ゆく紅葉かな
杉柾の割箸割りて走り蕎麦
割箸の割る音さやか走り蕎麦
割箸をはっしと割りて走り蕎麦
台風の一夜荒れける浅眠り
台風の眠れぬ夜となりにけり
幾度も目覚めたりける台風夜 

稲妻の煌めくなかに君を見し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火曜日)

そばの花咲くや仏と二人前  一茶

2  ♪(●^o^●)♪ 2007918日 火曜日 晴   曇 30 °C 

向日葵のはじめての花蒼く沍えわがうちに生きゐたる死者の死 塚本邦雄

鏡には十八歳のわれがいてわれは自分の脚ばかり見る  小島なお

そばの花咲くや仏と二人前  一茶

我家も一里そこらぞ秋の暮  一茶

わが家はもうすぐ五分蝉時雨
甘んじて受くる仕事や青すすき
甘んじて受くる重荷や星月夜
朝夕に白粉花に語りかけ
小庭なる白粉花に語りかけ
稲妻や利根の源流水しぶき
行く秋や幼な子洗ふ銀の匙
銀の匙光る薬局月青し
わが家はもうすぐ五分虫の声
わが家はもうすぐ五分虫時雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日曜日)

波よりも白き灯台南風吹く 柴田敏子

o2007916日 日曜日 晴 31  °C

われの身の新しきところ擦り傷に秋の日に当たりをり  栗木京子

水色の菓子の包も夏らしく 長谷川櫂

波よりも白き灯台南風吹く 柴田敏子

利根川のせせらぎ響く青嶺かな
龍胆や村に小さき発電所

奥利根のせせらぎ響く青嶺かな

利根川のせせらぎ響く青嶺かな

奥利根のせせらぎ響く青すすき

奥利根のせせらぎ響く青嶺かな

利根川のせせらぎ近く蝉時雨

利根川のせせらぎ近き蝉時雨

龍胆や玩具のやうな発電所

待合室まろやか空調小半時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土曜日)

蕎麦はまだ花でもてなす山路かな 芭蕉

o2007915日 土曜日晴 30  °C 

垂直に四十億年水平に八千万種交点に佇つ  紺野万里 

山頂の一紺に立ち夏闌ける  宮坂静生 

蕎麦はまだ花でもてなす山路かな 芭蕉 

春星や女性(にょしょう)浅間は夜も寝ねず 前田普羅 

赤のまま玩具のやうな発電所
ごめんなさい優先席へ敬老日

ごめんなさい優先席へ萩日和

出湯より眺むる山の粧ひけり

青べかの浜の全き沙魚日和

青田越え稔り田を越え出湯旅

佐渡よりの少し渋さの山女かな

佐渡よりはらわた渋き山女かな

青き星瑞穂の国の案山子かな

青き星瑞穂の国の稲の秋
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金曜日)

くろがねの秋の風鈴鳴りにけり 飯田蛇笏

Photo_2 絵はパソコン画です。遙か未来を見る友人像。

o2007914日 金曜日  曇 晴 27  °C

叩きつけ叩きつけ人は改札を通り抜けおりSuicaは嫌い 松村由利子 

雪解星明日はひとりの転任地 古山みく女 

くろがねの秋の風鈴鳴りにけり 飯田蛇笏 

たたなづく瑞穂の国の案山子かな
青き星瑞穂の国の稔りの田

雷鳥は尾根の茂みに見え隠れ

まろやかな水と出湯の憩ひかな

その昔天花粉こそ楽しけり

捨て難き物捨てて住む秋桜

古きもの捨てる決心白木槿

古きもの捨てる決心日輪草

古きもの捨てる決心捩り花

ケルンより見ゆる雷鳥かすかにも
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木曜日)

かきくけこくはではいかがたちつてと 松永貞徳

Photoo2007913日 木曜日曇 27  °C

木の間よりもりくる月の影見れば心づくしの秋は来にけり  詠み人知らず 古今集 小町集 

身にちかく秋や来ぬらん見るまゝに青葉の山も移ろひにけり  紫の上  源氏物語 若葉上の巻 

かきくけこくはではいかがたちつてと 松永貞徳 

もう見えて死後に近付く星月夜
わが部屋で一円光る涼夜かな
 

朝涼や作務衣の散歩二十分
言訳するな終戦日思ふべし

吾が死後の地球は如何に終戦日
 

昼寝せし夢に遥かな青山河
そこはかと秋の足音近づきぬ

そこはかと秋の足音聞こゆ朝

昼寝せし夢にふるさと青山河
 

稲妻や大和の国の稲の秋 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水曜日)

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る  芭蕉

o2007912日 水曜日  29  °C

夏は来ぬ相模の海の南風にわが瞳燃ゆわがこころ燃ゆ  吉井勇

 

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る  芭蕉

 

蜩のむくろは舟のかたちして  坂内文應

 

蒸暑き月食のやるせなさよ
玉音は飢えの十歳終戦日

人生の数へ日にして酷暑かな

吾が生の後は幾年百合の花

吾が生の後は幾年冷奴

吾が生の後は幾年百合の花

吾が生の後は幾年萩の風

吾が生の後は幾年青すすき

すずやかに生きたし思ふ萩の風

穏やかに生きたし思ふ萩の風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火曜日)

妻の目に涙あふれ来天の川  加藤楸邨

o2007911日 火曜日 雨 曇  28 °C

熟田津(にぎたつ)に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな  額田王 万葉集 1.8

 

しら梅に明る夜ばかりとなりにけり  蕪村

 

妻の目に涙あふれ来天の川  加藤楸邨

 

蝉しぐれ果たせぬ恋の先の先
赤蜻蛉悲しき恋の先の先の

亡き友と居る風景の陽炎へる

陽炎に人が泣いてる時代劇

小庭なれどすぐ虫刺され手の痒み

曼珠沙華賊徒に歴史無かりけり
地球儀の裏の戦争曼珠沙華

地蔵盆友の多くは鬼籍にと

曼珠沙華友の多くは鬼籍にと

曼珠沙敗者に歴史無かりけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月曜日)

還り来し子と露天風呂流れ星

o2007910日 月曜日曇 29 °C 

みつめゐる君が面わの眩しければサン・テクジュペリのことを話し出しぬ 近藤とし子 

  たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき 近藤芳美 

炎天に樹樹押しのぼるごとくなり 飯田龍太 

去りにける友の方へと流れ星
去りにける友を想へば流れ星

初恋の人の行方と流れ星

物干しに水着干しけり流れ星

流星や友の行方知らずなり

荒海の佐渡へと溶ける流れ星

干しにけるハンケチの先流れ星

干しにける水着に落ちる流れ星

和解せし子と露天風呂流れ星

還り来し子と露天風呂流れ星
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菫程小さき人に生まれたし 夏目漱石

2007.9.10に描いた絵手紙です。Photo Photo_2 Photo_3 Jpg
一茶の句は人生の応援歌だなあ。痩せ蛙は一茶自身でもあり私でもあるような気がします。
漱石の句「菫程小さき人に生まれたし」、文学博士を断った謙虚な人だったな。
漱石の弟子の芥川龍之助は天才でありすぎて早く亡くなりかわいそう。
樋口一葉は貧乏な方だったけどお札の肖像に採用されて、一葉さん苦笑いしてるだろうね。
「浅草に異人花嫁一葉忌」は私の句です。句会で入選しました。
外人さんの花嫁さんが浅草の旧家に来ました。古いしきたりに苦労してるだろうな。しかし健気だな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日曜日)

日。 常に照らして自らその恩を知らず

Photo_4o200799日 日曜日 曇 晴  30 °C 

寝ても見ゆ寝でも見てけり大方は うつせみの世ぞ夢にはありける     紀友則   古今集 833

 

日。 常に照らして自らその恩を知らず。 

水。 常に潤して自ら徳とせず。

慈雲 

還り来し子と露天風呂青芒
還り来し子と露天風呂遠青嶺

還り来し子と露天風呂缶ビール

稲の花歩幅ゆつくり行脚僧

案山子にも会釈をなして老遍路

案山子にも会釈をなして行脚僧

手花火を怖れし我が子母となる

それぞれの星のささやき夕月夜
抱かれて星を見たるはその昔

天の川そこには誰か住みたるか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土曜日)

草いろいろおのおの花の手柄哉  芭蕉 笈日記

Hp(●^o^●)♪ 2007年9月8日 土曜日 晴  33°C

豪の壁に指もて彫(え)りし言の葉のあな幼(いと)けなし母を呼ぶなり 岡野弘彦
全天の無韻燦燦星月夜  正木ゆう子

草いろいろおのおの花の手柄哉  芭蕉 笈日記

さりとては急がぬと道を天の川
金剛より生駒かけて天の川
剱岳立山かけて天の川
赴任せし丘を包める銀河かな
鎮魂の一句詠へば天の川
少年の日銀河を見ては語り合ひ
誠と言ふ一字大切天の川
冷やし水一口飲みて税申告
民宿にクレマチス咲く温泉地
向日葵を見れば飢えたる疎開の子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金曜日)

月山に速力のある雲の峰  皆川盤水

Hp3(●^o^●)♪ 2007年9月7日 金曜日 暴風雨  31℃

秋立ちて幾日もあらねばこの寝ぬる朝けの風は袂寒しも  安貴王(あきのおおきみ)  万葉集 8.1555

月山に速力のある雲の峰  皆川盤水

疎開の子夢にも飢えり赤のまま
訃報また秋風響く夕べかな
敗者には歴史無かりし終戦日
疎開の子飢えて母恋ふ赤のまま
訃報また秋風響く夕べかな
敗者には歴史無かりし終戦日
秋風や友の消息いかならむ
人をに待つ小半時秋の風
冷し水飲みて待ちける役所開け
行水の後は宜しき紺作務衣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木曜日)

こがね虫なげうつ闇の深さかな  高浜虚子

Hp2

(●^o^●)♪ 2007年9月6日 木曜日  台風9号関東地方直撃 30

-------------------------------------------------------------

天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出し月かも  阿部仲麻呂  古今集 旅の歌

When I look up at
The wide-stretched plain of heaven,
Is the moon the same
That rose on Mount Mikasa
In the land of Kasuga?

Mac Cauley 訳

阿倍仲麻呂は16歳の時唐に留学し日本に帰ろうとしたが遂に帰れなかった。望郷の短歌である。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

恋しくば尋ね来て見よ和泉なる信田の森のうらみ葛の葉   「蘆屋道満大内鑑」

地獄絵の女は白し秋の風  武藤紀子

こがね虫なげうつ闇の深さかな  高浜虚子

同級生多く鬼籍に終戦忌
ふるさとの山懐へ帰省かな
冷房の無かりし頃は若かりし
帰省子は無口で見つむ青山河
ひたひたと踝洗ふ夏の潮
サーファーの砂洗ふ音晩夏光
サーファーのシャワーの飛沫晩夏光
昼顔にサーフィン運ぶ飛沫飛ぶ
虫すだく塵となりたる選挙報
戦ひは罪とぞ思ふ蝉の殻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水曜日)

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ 天智天皇

(●^o^●)♪ 200795日 水曜日 雨  28  

-----------------------------------------
秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ  天智天皇
百人一首 後撰集 巻6 

Coarse the rush-mat roof
Sheltering the harvest-hut
Of the autumn rice-field;
And my sleeves are growing wet
With the moisture dripping through.
Emperor Tenchi
 

Mac Cauley 訳
-----------------------------------------
 

べつかふの櫛さりさりと髪梳かむじゃがたら文の流離の朝(あした)  辺見じゅん

故無くも去りにし人や蝉時雨
由言はず去りにし友や蝉時雨
間違ひの手紙届ける白木槿
朝顔の咲いて不在の集会所
待つ便り来ぬ午後三時百合の花
待ち望む便り来たらぬ蝉時雨
去りし友戻れる夢や十三夜
去りし友戻れる夢や雁渡し
幼き日友と戯れ地蔵盆
待つ便り遂に来たらず赤蜻蛉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火曜日)

ソーダ水ストロー折って別れけり  林なつを

2(●^o^●)♪ 200794日 火曜日 雨 29

特攻隊つらねゆきたるわが友のまぼろし見ゆ。天の鶴群(たづむら)  岡野弘彦 

山中に銀河を語る大銀河  中島斌雄 

ソーダ水ストロー折って別れけり  林なつを 

うたた寝し電車乗り越す小半時
子供より大人の多い祭かな
挨拶に応答聞けぬ酷暑かな
挨拶に応答の無き酷暑かな
避暑地には昔ながらのラムネかな
残暑まだ朝の黒土照り返し
秋暑し朝の黒土照り返し
スプリンクラー可愛いい虹を創りけり
スプリンクラーささやかな虹創りけり
スプリンクラー手に乗るほどの虹作り 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月曜日)

不備な文送り付けにし税務署の吾が申告を咎めて止まぬ

(●^o^●)♪ 2007年9月3日 月曜日曇 30

不備な文送り付けにし税務署の吾が申告を咎めて止まぬ

口紅の玉虫色の残暑かな  飯田蛇笏

春の月水の音して上りけり 正木ゆう子

海岸線に歓声どよむ大花火
終戦日あへて語らぬ人ばかり
遊ぶ子の何も知らざる終戦日
穏やかに逝きたし思ふ後の月
太りたる子ばかり居て終戦日
百日紅厩に神馬在はさざり
路地角の子供の好きな地蔵盆
幼き日ぽっくり下駄で地蔵盆
空襲の後絶えて開かぬ地蔵盆
戦争で焼けし祠や地蔵盆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これ以上澄みなば水の傷つかむ  上田五千石

Photo 

(●^o^●)♪ 2007年9月2日 日曜日 曇り  27℃

活けなほすたび桔梗の薄れゆく  柴野八州子

夢に見し遥かな生駒青嶺かな
夏痩せのモデイリアーノの乙女かな
夏痩せぬルノワール描く令夫人
梢まで月の昇れる残暑かな
草の戸の残暑はかなり厳しけり
過去のこと忘るるも良し盆参り
こまやかな虹の回転スプリンクラー
ささやかな幸ささやかな虹スプリンクラー
線香花火怖れし我子も母となり
ささやかな虹創りけるスプリンクラー

ただ人は情あれ槿(あさがお)の花の上なる露の世に 閑吟集  室町時代の小歌

これ以上澄みなば水の傷つかむ  上田五千石

咲き満ちてこぼるる花もなかりけり  高浜虚子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土曜日)

しづかなる力満ちゆきばったとぶ 加藤楸邨

Hp(●^o^●)♪ 2007年9月1日 土曜日 曇  27

夏の野の茂みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものそ  大伴坂上郎女 万葉集 8.1500

道のべに阿波の遍路の墓あはれ  高浜虚子

しづかなる力満ちゆきばったとぶ 加藤楸邨

きりぎりす暫しは死んだふりなして
白無垢の木綿涼しき遍路かな
口々に酷暑を言ひて挨拶す
口々に酷暑を言ひて慰むる
お互ひに酷暑を言ひて挨拶す
出会ふれば互いに残暑宣へり
どの人も酷暑を言ひて会釈せし
お互ひに酷暑を言ひて慰むる
虚空には百日紅ある墓参かな

走馬灯後の生きざま真すぐに

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金曜日)

踏切りを一滴ぬらす金魚売  秋元不死夫

Hpo2007831日 金曜日 曇 雨 28℃

君待つと我が恋ひ居れば我が屋戸のすだれ動かし秋の風吹く 額田王 万葉集4488 

踏切りを一滴ぬらす金魚売  秋元不死夫 

踏切りは別離の地点秋桜
白百合や無人踏切り鳶の笛
踏切りで別れを告げぬ日輪草
ひとり立ちできぬ子なれど盆参り
自立せぬ息子なれども盆参り
自立せぬ息子と共に盆参り
写経して心おだやか星月夜
白菊や折目正しく盆参り
渋滞の目を休ませて稲の花
渋滞のバスのはしばしは早稲の傍 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木曜日)

日本相撲協会どうする。

Hpo2007830日 木曜日曇 雨 29

戦時中より明らかに眼ひらきゐしといふ人らと異なり凡愚のわれは  五島美代子

はつ秋の人の近くをとぶ燕  丸山健三

秋高し天文台のともしかな 正岡子規

拘りを捨てしがらみを捨て星月夜
サーフィンは蝶の如くに晩夏光
孫に似て小粒なりける金魚かな
立秋を過ぎし厳しき熱帯夜
寡婦作るお萩まことにふっくらと
寡婦ひとり折り目正しき浴衣かな
写経して心おだやか夕月夜
写経終へ心おだやか夕月夜
写経し終へ心安らか星月夜
硯磨る香りや窓の星月夜


 

1330 English conveasation lesson at Inahama CC.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水曜日)

人生は旅とも思ふ野菊かな

(●^o^●)♪ 2007829日 水曜日 曇 雨 28 ℃

難波潟みじかき芦のふしの間もあはでこの世を過ぐしてよとや  伊勢 古今集 恋の一

このたびはぬさも取りあへあう手向け山紅葉のにしき神のまにまに  藤原道真  古今集 旅の歌

----------------------------

古池や蛙飛びこむ水の音  芭蕉

Antic pond--
frantic frog jumps in--
gigantic sound.

Translated by Bernard Lionel Einbond

-----------------------------

電車待つ十五分間汗にじむ
人生の幸せここに冷奴
引越しの多き人生霜柱
引越の多き人生紺野菊
日焼けして背中の痛み冷奴
古稀過ぎて幸せ少し冷奴
鶏頭の道を辿ればユトリロ展
ユトリロの白の憂鬱夏暑し
ユトリロの白き街角巴里祭
人生は旅とも思ふ野菊かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火曜日)

生涯にまはり燈籠の句の一つ 高野素十

Photoo2007828日 火曜日曇 雨 32

生涯にまはり燈籠の句の一つ 高野素十 

余りにも残暑きびしき頭痛かな
古希過ぎの骨身に応ふ残暑かな
ほど遠き悠々自適茗荷汁
望みける悠々自適冷やし蕎麦
吾が孫にどこか似ている金魚かな
掬ふ子にどこか似ている金魚かな
起き伏しに骨身に応ふ残暑かな
真面目こそ地の塩なれや冷奴
真面目こそ地の塩なれや茗荷汁
この所地震(ない)の多くて夏の痩せ 

続きを読む "生涯にまはり燈籠の句の一つ 高野素十 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日曜日)

恋あればこそ巴里祭祝ふべし

Hpo2007826日 日曜日晴 34℃

百名山登り了へしと告ぐ便り
百名山登り了へしと告ぐ女傑
百名山登り了へしと旅頼り
南海の蒸し暑き風終戦日
花火見て戦争知らぬ子供たち
両思ひ願ふと書かれ星まつり
子燕のややも危なげ初飛行
巴里祭やはり和食が好きな人
合歓の花ややも心配一年生
恋あればこそ巴里祭祝ふべし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土曜日)

づかづかと来て踊子にさゝやける 高野素十

Hp(●^o^●)♪ 2007825日 土曜日 晴  曇  34℃

慰霊塔いくつか草に倒れつつ運河にかかる高き橋あり  近藤芳美

づかづかと来て踊子にさゝやける 高野素十

墓参りしてぬるき風呂冷麦茶
尊しは戦無きこと終戦日
百日紅吹く風しばし墓参り
近隣の墓も洗ひし盆参り
渋滞のバスは暫く早稲の道
早稲みのる風に吹かれし墓参かな
墓参には故人の好きな白き菊
供花として故人の好きな白き菊
盆供花を求む花屋の朝チャイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金曜日)

届きたる西瓜は重し温かし  とよ田三茶 林屋木久蔵

Photoo2007824日 金曜日   曇 34℃

君がため菜摘み米とぎ冬の日は井縄の白く凍りたる家 与謝野晶子

届きたる西瓜は重し温かし  とよ田三茶 林屋木久蔵

新涼の驚き貌に来りきけり  高浜虚子

盆の供花故人の好きな白き菊
百日紅いっぱい咲きし墓参かな
朝の雨過ぎて涼しき墓参かな
渋滞のバスはしばらく早稲の傍
あまたなる悲しみ残し終戦日
白百合は鎮魂の花昭和果つ
故も無く戦ありけり終戦日
誰が為のいくさでありや終戦日
開拓史哀れやまさに蝉時雨
忠霊碑哀れやまさに蝉時雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木曜日)

なりはひの下駄の片減り啄木忌 鈴木真砂女

Hp_3 ♪(●^o^●)♪ 2007823日 木曜日 晴 曇 32

乙女らの内を流るる時間(とき)あらむその縁(へり)にゐて歌の講義す 高野公彦

夏空を探り伸びゆく朝顔のつるは花芽に急かされてあり 宮崎美子

なりはひの下駄の片減り啄木忌 鈴木真砂女

水槽の泡に遊びし屑金魚
屑金魚と言ふは哀れや宵の市
屑金魚と呼ぶは哀れや宵の市
河童橋より見上ぐれば大青嶺
河童忌と言ふは哀れや蓮の花
雲の峰むかしの吾がありさうな
黄カンナや高速道路渋滞す
渋滞の高速道路カンナの黄
朝顔の紺寿司屋の暖簾出す
広島忌またも抜けるやうな空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水曜日)

日と風は明治にあらず秋暑し 安原葉

♪(●^o^●)♪ 2007822日 水曜日曇 33

夕焼けに照らさてゐる妻の顔まぎれなくいま生きてかがやく  桑原正紀

日と風は明治にあらず秋暑し 安原葉

限りある命少なし蝉時雨
飢えたりしの少年の日の終戦日
介護とは重きたつきや蝉時雨
夜勤終へ朝顔の晴となりにけり
湧き水の遠く青嶺の筑波から
桜海老土産となして俳談義
子燕の湧き立つやうに餌ねだる
蝉時雨もうすぐ職を退きべきか
伊豆や今実梅の空の青さかな
十薬の生命力の強さかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火曜日)

ほととぎす一天かけて瀧しぶき

Hp_2(●^o^●)♪ 2007821日 火曜日 晴 33

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風のおとにぞおどろかおどろかれぬる  藤原敏行  古今集

ほととぎす一天かけて瀧しぶき
つばくろに見下ろされゐる吾なりき
涼しさも渡月橋の夕べかな
桜貝一片拾ふ桂浜
にこりともせぬ歯科医空調音
泳ぎ終へシャワーを浴びる十五分
父いまさばきりぎりすなど聞きませり
ネットにて検索終はる短夜かな
秋来ぬといふと言へども歯の痛み

.

続きを読む "ほととぎす一天かけて瀧しぶき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月曜日)

夏館木立の奥に電話鳴る  岡部貞子

(●^o^●)♪ 2007820日 月曜日曇 27℃

怖しき咄の後の水羊羹  鈴木鷹夫


炎熱を帰りきたりて亦シャワー
終戦日還らずものの声ありぬ
同窓会へ招きの便り秋立ちぬ
日蓮忌流刑の島に能舞台
素麺や未だに子には頼られて
明け易し午前三時の新バイク音
花火見て火の粉降るのも厭はざる



夏館木立の奥に電話鳴る  岡部貞子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日曜日)

湯上がりを纏ふ一糸や渋団扇  佐伯巨星塔

Hp(●^o^●)♪ 2007819日 日曜日 曇 晴 32℃

湯上がりを纏ふ一糸や渋団扇  佐伯巨星塔

向日葵や潮騒近くユトリロ展
向日葵や潮騒近き美術館
日焼してふと逢ふ友に知らざれし
放下して腕枕せる昼寝かな
放下して座布団枕昼寝かな
昼餉後は腕枕して大昼寝
昼餉後は座布団枕大昼寝
放下して腕枕して三尺寝
放下して座布団枕三尺寝
昼餉後は腕枕して三尺寝

海風も山風も入れ夏座敷 橋本先陣



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金曜日)

昼寝覚うつしみの空あをあをと 川端茅舎

Img_23340 ♪(●^o^●)♪ 2007年8月17日 金曜日   晴  32℃

夏蝶が獣の面ひるがへし花狩りにゆく花尽きるまで 服部文子

昼寝覚うつしみの空あをあをと 川端茅舎

放下して座布団枕昼寝かな
昼餉後は腕枕して大昼寝
昼餉後は座布団枕大昼寝
放下して腕枕して三尺寝
放下して座布団枕三尺寝
昼餉後は腕枕して三尺寝
昼餉後は座布団枕三尺寝
放下して腕枕して外寝かな
放下して座布団枕外寝かな
夕餉後は腕枕せる外寝かな
夕餉後は座布団外寝かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木曜日)

草の戸の残暑といふもきのほけふ 高浜虚子

Img_23362 ♪(●^o^●)♪ 2007816日 木曜日 晴 34

長城に北はありけり蝶はゆきぬ 藤田宏

秋たつやはじかみ漬もすみきつて 来山

草の戸の残暑といふもきのほけふ 高浜虚子


コスモスを揺らす風のさへたをやかに
立秋の紺の絣もたをやかに
萩月の風の動きを肌に受け
文月の風の声にと耳すまし
消息の途絶へし友や十三夜
消息の途絶へし友や後の月
行先を言はず去りけり後の月
行先を言はず去りけり十三夜
去る人を思ふばかりや名残り月
職去りてもはや十年後の月

続きを読む "草の戸の残暑といふもきのほけふ 高浜虚子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水曜日)

不可能を辞書に加へて卒業す  佐藤郁良

♪(●^o^●)♪ 2007年8月15日 水曜日 曇 33 ℃

ほうたるのひかり追いつつ聞くときにルシフェラーゼは女の名前  永紅田

不可能を辞書に加へて卒業す  佐藤郁良

滴りを受く合掌の手をひらき 吉田汀史

素麺や夏痩せならぬ妻と居て
多文化の幕張メッセ合歓の花
乙女等の足の長さやプール際
西瓜切る刃のくひ違ひさもあらん
ががんぼやお愛想の無き八百屋
短夜の夢2の途切れて亦途切れ
風にさへ秋の気配の朝なりし
短夜の新聞配達バイク音
思ふれば遥か故人の風さやか
しのぶれば肌に触れゆく風さやか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火曜日)

♪(●^o^●)♪ 2007年8月14日 火曜日晴 33℃

♪(●^o^●)♪ 2007814日 火曜日晴  33

長崎の昼しずかる唐寺やおもひいづれば白きさるすべりのはな  斎藤茂吉

入れものが無い両手で受ける  尾崎放哉

ヒロシマヘ続く夾竹桃の道  青柳志解樹

俳句は心の栄養。  高橋洋子

朝の日矢純白なりき広島忌
太陽の白さの極み広島忌
少女達のむちむちの肌汗光る
汗拭きて戦無き日を言祝げり
放下して昼寝の刻や紺作務衣
望むべく悠々自適心太
白玉や悠々自適は未だ来ぬ
未だ来ぬ悠々自適冷奴
コスモスや戦無き日を言祝げり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月曜日)

暮れかかる港にあかり点り初む海より星の湧き出づるごと  栗本京子

Jpg ♪(●^o^●)♪ 2007年8月13日 月曜日  曇 晴  33℃

坂の上に湧く白き雲いまはただその雲めざし車椅子押す  桑原正紀

暮れかかる港にあかり点り初む海より星の湧き出づるごと  栗本京子

朝顔や朝のそよ風塵捨てに
葉月なる音楽ホール琴の音
柿若葉こけら落しの音琴の音
百合活けて幸いっぱいの演奏会
百合活けて楽しさうなる演奏会
白玉は亡き義母の好きなもの
白玉を食ぶ白玉のやうなる子
桑の実のたつぷり稔る試験園
白玉を冷やし供ふる硝子椀
青すだれ垂れて夫人は家に居ず

続きを読む "暮れかかる港にあかり点り初む海より星の湧き出づるごと  栗本京子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日曜日)

まろび寝のよきかなかなの廊下かな  長谷川櫂

Hp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月12日 日曜日  晴  35℃

あるこおるらんぷのやうなさびしすぉ点して咲けり露草の花  影山一男

まろび寝のよきかなかなの廊下かな  長谷川櫂

半刻の点滴の汗にじむ腕
湧く雲の八重にもなりしケルンかな
帰省子の為に庭下駄揃へやる
手から手にアイスクリン有難き
髪切りて少し涼しく思ひけり
向日葵や少し若かやぎ演奏会
白玉と共に賜る夕の風
むさくるき髪切りて涼しげに
栗の花一日二便のバスを待つ
グラジオラス農夫の車畦道に

続きを読む "まろび寝のよきかなかなの廊下かな  長谷川櫂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土曜日)

花栗の十日にほへる雲の中  飯田龍太

♪(●^o^●)♪ 2007年8月11日 土曜日  晴  34℃

花栗の十日にほへる雲の中  飯田龍太

山梔子の香り地をくる雨の中  関一朗

十薬の花の厚みの曇り空 牧石剛明

十薬の咲く玄関や妻医者に
十薬の強き命や妻医者へ
噴水の頂き散りて鳶の笛
噴水の先のたなびき鳶の笛
開園は海の日なりけり子達集ふ
絵手紙に朝顔一輪文字少々
図書室のベンチ宜しき涼み台
絵手紙に朝顔一輪くれなゐに
朝顔を摘むや摘まずや思案顔
もの思ひ朝顔眺むばかりなる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金曜日)

買物は筆一本や啄木忌  鈴木真砂女

Hp_2  ♪(●^o^●)♪ 2007年8月10日 金曜日   晴  32℃

時によりすぐればたみのなげきなり八大竜王雨やめたまへ  源実朝

「前略」を「全略」と書き以後空白でそんな手紙を送りたい春  佐藤通雄

萍に乗てわたらん風次第  大魯

買物は筆一本や啄木忌  鈴木真砂女

朝顔を眺めしばしはもの思ひ
作務衣着て心は自在大昼寝
作務衣着て融通無碍の昼寝かな
作務衣着て融通無碍の三尺寝
湯上りに少し贅沢冷房す
湯上りの一糸纏ひて白団扇
昼餉には魚ムニエル海紅豆
還暦を越して色白花梯梧
還暦を越して色白海紅豆
色白でいつも健やか花梯梧

.

続きを読む "買物は筆一本や啄木忌  鈴木真砂女"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木曜日)

籠枕眼の見えてゐる夢ばかり  村越化石

Hp (●^o^●)♪ 2007年8月9日 木曜日  曇   27℃

いのち長き花買ひ求め啄木忌  鈴木真砂女

籠枕眼の見えてゐる夢ばかり  村越化石

色白でいつも健やか海紅豆
誕生日祝ふ昼餉や海紅豆
誕生日祝ふ昼餉や花梯梧
昼餉には魚ムニエル花梯梧
七難を隠す色白花梯梧
七難を隠す色白海紅豆
誕生日祝ふ銀皿海紅豆
籠枕はらから微笑む夢ばかり
誕生日祝ふ銀皿花梯梧
哲学書枕となして昼寝かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水曜日)

ゆくもまたかへるも祇園囃子の中  橋本多佳子

♪(●^o^●)♪ 2007年8月8日 水曜日  曇 晴れ 33 ℃

洋なかの島にたつ子をま愛しみ、我は撫でたり。大きかしらを  折口信夫

ゆくもまたかへるも祇園囃子の中  橋本多佳子

盗人を入れて戸締り夏の月  石井孤傘

うすべりの青さ目に沁む夏料理
うすべりの青さ目に沁む夏座敷
うすべりの青さ目に沁む海の家
いろは歌唱へ偲ぶや弘法忌
いろは歌唱へ偲ぶや空海忌
うすべりの青さうるはし海の家
うすべりの青き香りの海の家
うすべりの青き香りのキャンプ宿
卯波立つ真砂女故郷の房の国
激しくも真砂女の恋や卯波立つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火曜日)

座布団を折りて枕の昼寝かな

♪(●^o^●)♪ 2007年8月7日 火曜日 晴 曇   33℃

座布団を折りて枕の昼寝かな
思ひ出の生駒の嶺の夕立かな
金剛山葛城山と夕立かな
金剛と葛城かけて夕立かな
麦の秋石狩川の幾曲がり
お茶会の心尽くしの水羊羹
サークルの心尽くしの水羊羹
嬉しきは黄金虫の飛来かな
いろは歌唱ふも床し弘法忌
いろは歌唱ふも床し空海忌
目出度きは黄金虫の飛来かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月曜日)

羅の水のごときを畳みけり  渡辺乃梨子

Hp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月6日 月曜日  曇  晴 33℃

みな月のなごしのはらへする人はちとせの命のぶといふなり 古今六帖

羅の水のごときを畳みけり  渡辺乃梨子

手拭の紺を折りたる初稽古  大巌青児

寒牡丹影を大事に開きけり  大巌青児

草紅葉市なのは水の緊りけり  大巌青児

気持ちだけ入れてもらひし白日傘  松本英夫

うすべりの青き民宿夏やすみ
うすべりの青き民宿海の家
うすべりの青き民宿夏やすみ
うすべりの青き民宿菊日和
亡き人の好きな心太紺絣
紫陽花にひとつの滴雨あがる
朝凪やマリア聖堂婚の鐘
鯔跳びて鏡のやうな東京湾
鯔跳びて鏡のやうな港かな
鯔跳びて鏡のやうな入江かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日曜日)

オリーブの花咲き永久に月の眠りに 金子皆子

Hp3 ♪(●^o^●)♪ 2007年8月5日 日曜日  曇  雨  29℃

オリーブの花咲き永久に月の眠りに 金子皆子

雨激し水田の中の耕耘機  寺井谷子

加速して冷房強き新幹線  寺井谷子

植田幾枚水田幾枚車窓過ぐ  寺井谷子
帰省子に心尽くし冷やし蕎麦
傾けて囁き交はす白日傘
冷やし蕎麦母の言はざる隠し味
傾けて微笑み交す白日傘
傾けてちょっと気を引く白日傘
傾けて軽き会釈や白日傘
ドライフラワーほどに夏痩せぬ
蒼天の映るプールで平泳ぎ
少年は寡黙でありてあめんぼう
少年は無口でありて水馬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土曜日)

草市といふほどもなき荷なりけり  大巌青児

Hjp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月4日 土曜日  曇 晴 32℃

病む妻の足頸にぎり昼寝する末の子みれば死なしめがたし  吉野秀雄

草市といふほどもなき荷なりけり  大巌青児

この所怠け心であめんぼう
あめんぼう水輪のなかに水輪つくり
少年は初恋告げず水馬
少年の恋知りそめしあめんぼ
少年のひとりの思ひ水馬
少年の思ひに耽るあめんぼう
少年の内気でありし水馬
大人には成りたく無き子アイスクリン
底までも日矢届きけるプールかな
羅の衿を正して客迎ふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金曜日)

車中にも山の涼しさ飛騨に入る  高野日佐子

Hp ♪(●^o^●)♪ 2007年8月3日 金曜日  曇   27℃

親といへば我ひとりなり茂二郎生きるわれを悲しませ居よ 窪田空穂

削り氷を散らす地の上に到まへちひさき千の稲妻  紀野恵

車中にも山の涼しさ飛騨に入る  高野日佐子

珊瑚樹を一枝差して歯科医院
珊瑚樹に空の青さが目に沁みる
プール出て珊瑚樹の紅目に沁みる
信号を待つも僅かの片陰に
マルクスもレーニンも無き労働祭
頑固なる歯科医師を訪ふ酷暑かな
眉太き歯科医と訪ふ酷暑かな
刻みける茗荷の似合ふ冷や素麺
刻みける茗荷の宜しき冷や素麺
刻みける茗荷の香る冷や素麺
望むべき悠々自適冷奴
姿見に少女の影と柿若葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木曜日)

金魚大鱗夕焼けの空の如きあり 松本たかし

♪(●^o^●)♪ 2007年8月2日 木曜日  曇 雨   30℃

ファーブルもガリバーもゐる夏野かな  田島文子

金魚大鱗夕焼けの空の如きあり 松本たかし

後山の雲を高みに虹消ゆろ 飯田蛇笏

梨の木にすがり孵りし蝉いとし

冷麦にまことに似合ふ茗荷かな
冷麦にまこと宜しき茗荷かな
エジプト土産のラクダ鳴く酷暑かな
顎大き歯科医師苦笑す酷暑かな
毛沢東レーニンも無き労働祭
花火見るために乗る涼み船
昼寝には作務衣一枚海の風
短夜の白みかけたる写経かな
短夜の写経三昧朝白む
母も子も祭好きなる宵の月
塵出して梅雨の透間の青い空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水曜日)

祭好きなれど休診するまじく 山内繭彦

♪(●^o^●)♪ 2007年8月1日 水曜日  曇   27℃

梁の下になれる娘の火中より助け呼ぶこゑを後も聞く親 窪田空穂

祭好きなれど休診するまじく 山内繭彦

ナイターやツキのはじめのはたた神  水原秋桜子

塵出して梅雨の透間の白い雲
泳ぎたる体のほてり夜もなほ
夜もなほ泳ぎしほてり残りけり
夢にさへ泳ぎしほてりありにけり
塵掃きて梅雨の透間の青い空
塵出掃きて梅雨の透間の白い雲
三代の女系家族や祭好き
人生は一瞬にして虹の橋
人生の一瞬にして虹の橋
これからはのんびり生きやう冷奴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月31日 (火曜日)

夜釣舟しばらく声の途切れけり  大巌青児

Jpg_1 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月31日 火曜日 曇 晴  雨 31℃

夜釣舟しばらく声の途切れけり  大巌青児

十六夜や巌を洗ふ潮の音  大巌青児

糸瓜忌を過ぎたる水のひびきかな  大巌青児

地下鉄にかすかな峠ありて夏至  正木ゆう子

地下鉄を降りて外苑合歓の花
乗馬少女走り去りけり柿若葉
白南風や遥沖待船の遥かにも
羅の胸を正して外出せし
羅の胸を正して客迎ふ
来客に羅の襟正しけり
客迎ふべく浴衣の襟を正しけり
白南風や小さな漁船に軍艦旗
合歓散って古きサークル最後の日
短冊に恋歌多し星まつり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月曜日)

どの子にも涼しく風の吹く日かな 飯田龍太

1_2 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月30日 月曜日 晴 曇 31℃

月見ればちぢのものこそ悲しけれ我身一つの秋にあらねど  大江千里

ほのぼのと明石の浦の朝霧に嶋がくれ行く舟をしぞ思ふ  柿本人麻呂

秀吉が囲める城に秀吉がほしがる嬬と昼寝して居りき   土屋文明

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり 寺山修司

樋口一葉またの名は夏まつすぐに草矢飛ぶごと金借りにゆく  川野里子

愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子

一月の川一月の谷の中  飯田龍太

青空に闇が待ちゐる青田原  宮坂静生

山の衆に木陰がありて昼寝どき  只木良也

どの子にも涼しく風の吹く日かな 飯田龍太

玻璃風鈴遥かな江戸の音鳴らし
那智の瀧龍ともなりて昇りけり
奥入瀬の道行くごとに瀧また瀧
旅に来て瀧の飛沫を浴びにけり
捨てがたき麦藁帽や子は遥か
句座敷の一点豪華白牡丹
子育に誤りありし蝉時雨
お好みはラムネ一本宵まつり
この池はモネの睡蓮見るやうな
懐かしきラムネ一本宵まつり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日曜日)

大きな木大きな木陰夏休み  宇多喜代子

Photo_77 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月29日 日曜日 曇 雨 29℃

あせって一瞬の火花になるな。根気よく牛になって押しなさい。 夏目漱石

大きな木大きな木陰夏休み  宇多喜代子

また銜へなほして蟻が蝶引けり 雷淑子

白南風や大和三山晴兆す
昼寝には作務衣一枚浜の風
昼寝には作務衣一枚風の中
昼餉には作務衣一枚緩やかに
青簾揺らせす風に昼寝覚め
吾子よ早や一人立せよ柏餅
硝子吹く青嶺の風に包まれて
海鳴りの白砂の浜菊まつり
潮騒の白砂の浜菊まつり
松本の天守閣より遠青嶺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金曜日)

夕立は貧しき町を洗ひ去る  松瀬青々

♪(●^o^●)♪ 2007年7月27日 金曜日 曇 晴 30℃

この夏の初物として並びいる円い重さを買ひて戻りぬ 吉野宏之

夕立は貧しき町を洗ひ去る  松瀬青々

風集う早も植田の一枚に 寺井谷子

千の風集ひたりける茶畑かな
千の風集ひたりける青田かな
棲みたればまことに狭き金魚鉢
陸奥の隠し塩味お萩餅
先生の夏痩せされし薄けはひ
金魚とて狭きと嘆く金魚鉢
海鳴りの白砂の浜菊まつり
梅雨深しレンプランドの絵歯科院に
菖蒲咲く千鳥ケ淵の深みどり
花嫁のレース純白百合の花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木曜日)

人音のやむ時夏の夜明哉  蓼太

Hp_133 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月26日 木曜日  曇  28℃

大君の伴の荒夫の髄こぶらつかみ摩でつゝ涕ながれぬ   折口信夫

人音のやむ時夏の夜明哉  蓼太

鬼子母神とて朝顔市に微笑みぬ
朝顔をそれぞれ育て一年生
耕して太き蚯蚓に会釈せり
八月や征きて還らぬ人あまた
八月や還らぬ昭和語るべし
耕して太き蚯蚓に挨拶す
金魚鉢狭しと思ふ金魚かな
余りにも狭いしと思ふ金魚鉢
八月や還らぬ人を語るべし
耕して太き蚯蚓をいたはりぬ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水曜日)

山脈の一か所蹴って夏の川  正木ゆう子

♪(●^o^●)♪ 2007年7月25日 水曜日  曇   27℃

山脈の一か所蹴って夏の川  正木ゆう子

呆然としてさはやかに夏の富士 飯田龍太Hp_132

花嫁のレース純白山法師
花嫁のレース純白花水木
夏痩せになりたしと言ふ妻の声
麦秋や少年の日の平群山
祭笛吹くはかつての漁り人
オカリナを吹けば青春秋桜
絵を描けば今が青春秋桜
絵を描けば今が青春立ち葵
鮎の飛ぶ川の香りのうひうひし
川岸の床几に食むや炙り鮎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火曜日)

はてもなき蒲原の野に紫のかわはりのごとある弥彦かな 与謝野晶子

Hp2_12 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月24日 火曜日 曇 晴  28℃

はてもなき蒲原の野に紫のかわはりのごとある弥彦かな 与謝野晶子

鮎を刺す竹串青く光りけり
吟行の旅の最後は鮎の川
堰を飛ぶ鮎に心を揺されし
台風の目の中に居る不安かな
台風の目の静けさと不安かな
台風の目の静けさともどかしさ
台風の目の危やふき平和かな
麦の秋陶師に似合ふ紺木綿
麦の秋陶師の好む紺木綿
荒梅雨にまたもや折れし女傘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月曜日)

帰りくれば二人子のてがみ卓の上に花びらのごと置かれいたり  辺見じゅん

Hp0412064 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月23日 月曜日曇  晴 曇 28℃

帰りくれば二人子のてがみ卓の上に花びらのごと置かれいたり  辺見じゅん

酒を煮る家の女房にちよと惚れた  蕪村

虹二重神も恋愛したまへり 津田清子

釣人の大あくびして行々子
陸奥人のおすそ分なりお萩餅
賜りし陸奥人のお萩餅
水に寝てしばらく眺む赤蜻蛉
水に寝てしばらく眺む塩蜻蛉
水に寝てしばらく眺む糸蜻蛉
水に寝てしばらく眺む虹の橋
水に寝てしばらく眺む鬼やんま
綱張つて泳ぎここまで遥か富士
捨てがたき衣もを捨てて更衣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日曜日)

只居て髪をあつがる遊女哉 路通

Hp_131 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月22日 日曜日 曇 雨 26℃

はるばるとゆく鳥見れば観音のうすき睡りをつつむ豆畑  辺見じゅん

只居て髪をあつがる遊女哉 路通

過去捨てて衣を捨てて更衣
青梅雨や一冊百円資本論
本棚の奥に紙魚ある資本論
紙魚の付きし厚き表紙の資本論
わた雲と共に浮いてる紙風船
短夜は途切れとぎれの夢ばたり
短夜の着地点なき介護かな
育児書はレシピのごとし百合の花
夏大根タオルで拭ひおろしけり
夏大根タオルで拭ひいたはれり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土曜日)

夏山の姿正しき京に入る 星野椿

Photo_76  ♪(●^o^●)♪ 2007年7月21日 土曜日 曇 雨  24℃

陸奥をふみわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中に立つ  斎藤茂吉

夏山の姿正しき京に入る 星野椿

蟋蟀やガードの下のグラス酒
蟋蟀やグラス交はせば友なりし
蟋蟀や溢るばかりのグラス酒
遥か来て蟋蟀親しクラス会
蟋蟀や同窓会のグラス酒
遥か来て蟋蟀親しグラス酒
こほろぎや親しき友とグラス酒
遥か来て蟋蟀を聞く一膳屋
遥か来て蟋蟀を聞く夕餉かな
家計簿は三日坊主で四月馬鹿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金曜日)

わが夏帽どこまで転べども故郷  寺山修司

Hp_129 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月20日 金曜日 曇 晴 24℃

わが夏帽どこまで転べども故郷  寺山修司

星祭り古きサークル終了す
七夕や古きサークル終了す
合歓散るや古きサークル終了す
大青田そのまん中に道の駅
蝶と舞ふパステルカラーのスイートピー
診察を待つ間見つめし熱帯魚
片隅に蟋蟀親し一膳屋
片隅に蟋蟀親し夕餉かな
蟋蟀の面影まさにソクラテス
蟋蟀や枕に置きし哲学書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木曜日)

ほど遠き悠々自適桜ん坊

Photo_75 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月19日 木曜日  曇  25℃

診察を待つ間見つめし金魚かな
菠薐草少し高価を買ふべきか
スイートピー風に舞ひけり蝶ととも
蝶と舞ふスイートピーでありにけり
湧水の奏でる水音蛍狩り
青田なかただ一点の白き鷺
ほど遠き悠々自適桜ん坊
望むべき悠々自適スイートピー
望むべき悠々自適合歓の花
望むべき悠々自適アイスクリン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水曜日)

三越の紙袋置き金魚掬ふ  横山香代子

Hp_128  ♪(●^o^●)♪ 2007年7月18日 水曜日  曇 雨 24℃

三越の紙袋置き金魚掬ふ  横山香代子

跳び乗って虫を食みゐる水馬 金子青銅

さみどりの庭これまでの夏はなくこれからの夏もないとばかりに  佐藤弓生

短夜や乳ぜりてていく児を須可捨焉乎 竹下しづの女

さみどりの梅雨の朝ごみ捨てに
ごみ袋持てば梅雨こそさみどりに
空いていて青梅雨のプールかな
熱帯魚楽しむいとま医師待ちぬ
良く見れば家内に似たる金魚かな
歯科院のドリルの響き百合の花
歯科院のドリルの響きスイートピー
歯科院のドリルの響き花オクラ
歯科院のドリルの響き立ち葵
歯科院のドリルの響き秋桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月曜日)

梅雨明の近付づく栃の葉擦れとも  安原葉

Hp2_11 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月17日 火曜日 雨  24℃
-----------------------------------------------------------
梅の実の青きに幼(おさな)は手をのばしわが腕のなか身をよぢりたり  青木春枝

My little boy,
twisting his body
in my arms,
stretches out his hand
for a greengage
Aoki Harue
作者訳
---------------------------------------------

梅雨明の近付づく栃の葉擦れとも  安原葉

穏やかな世に行きたしや曼珠沙華
穏やかな世に行きたしや秋桜
望むべく安らぎのみぞ秋桜
望むべく安らぎのみぞ曼珠沙華
試歩の道ほんのそこまで矢車草
籐椅子に黒髪ゆだね眠りけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山寺の涼しさに似て安浄寺   高浜年尾

Hp1_5 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月16日 月曜日 曇  27℃

青春はみづきの下をかよふ風あるいは遠い線路のかがやき 高野公彦

山寺の涼しさに似て安浄寺   高浜年尾

駅頭は燕翔び交う良き日和
駅頭に燕注意と張紙し
とにもかくコスモス迄の試歩の道
とにもかく向日葵までの試歩の道
とにもかく白詰草の試歩の道
とにもかく紫陽花までの試歩の道
とにもかく梔子までの試歩の道
賜りし柿の葉照りの日和かな
鴫焼の茄子柔らかき夕の風
鴫焼の茄子のほど良き夕の風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日曜日)

はらからの欠けることなき真桑瓜 関谷秀二

Hp_127 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月15日 日曜日雨 25℃

はらからの欠けることなき真桑瓜 関谷秀二

望むべき柿の葉照りの日和かな
虹の橋神の造化と思ひけり
メモ一枚ケルンの石と共に置き
更衣こだわり一つ捨てにけり
梔子や壊れし夢のまたひとつ
自転車で通ふ農園桑実る
午前中草刈り奉仕にぎり飯
草刈りの途中の電話転勤令
ランナーを応援の声柿若葉
幼子は甘へ泣きして梅雨青し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土曜日)

夏山やよく雲かかりよく晴るる  高浜虚子

Hp_126 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月14日 土曜日 雨 24℃

夕顔の棚つくらんと思へども秋待ちがてぬ我がいのちかも 正岡子規

箸置きに涼しく箸の横たはる  中村正幸

夏山やよく雲かかりよく晴るる  高浜虚子

幼子は甘へ泣きして栃若葉
幼子は甘へ泣きして白詰草
学校のひと月一回草刈り日
草刈機最初は砂をあまた吐き
学校の月の最後の一回草刈り日
みどり子の甘へ泣きして白詰草
荒梅雨やラグビー戦の泥まみれ
更衣重き拘り一つ捨て
灯台を隠す卯波や朝の星
麦秋や空の大きな石狩野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金曜日)

名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大和島根は 柿本人麻呂

Hp0 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月13日 金曜日 曇  雨  25℃

名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大和島根は 柿本人麻呂

水音に風音重ね菖蒲園
コスモスを遅れて蒔くは由のあり
一塊の雲をくかみし日輪草
半夏生行先告げず引越しす
半夏生思ひ告げず去りにけり
うたた寝を許されよ午後酷暑
うたた寝の夢に朝顔市の宵
朝顔を売る紺鉢巻きの乙女かな
紺浴衣朝顔市の売子かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木曜日)

棹さばき花をかすめて蓮見舟 飛岡光枝

Hp_013 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月12日 木曜日 雨 曇 25℃

あなたまあおかしな一生でしたねと会はば言ひたし父といふ男  斎藤史

棹さばき花をかすめて蓮見舟 飛岡光枝

酷暑いま横臥のほかの術はなし
午後酷暑横臥のほかの術はなし
磯に立つ孤高の海鵜遠く見る
磯に立つ孤高の海鵜遥か見し
何時終はる隣の工事梅雨の鬱
手鏡で剃りたる顔の日焼せし
髭剃るに鏡を捜す日焼顔
哲学書傍らに置き梅雨ごもり
トンネルの出口はまさに青嵐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水曜日)

麦秋や乳児に噛まれし乳の創 橋本多佳子

♪(●^o^●)♪ 2007年7月11日 水曜日 雨 曇 26℃

麦秋や乳児に噛まれし乳の創 橋本多佳子

水打って心のたけり鎮めけり
水打つて心の騒ぎ鎮めけり
憂しことを少し忘れて梅雨ごもり
暗き絵を壁から外し梅雨ごもり
肌脱ぎのままうたた寝す夏の宵
麦秋や平野をうねる大河あり
知らぬ子も縄跳び遊び秋桜
水打って来客の道清めけり
跳ね橋の遂に上がらぬ薄暑かな
水打って小さな虹を作りけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火曜日)

ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき  桂信子

Photo_74 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月10日 火曜日曇  24℃

寂寞(じゃくまく)と昼間は鮓のなれ加減  蕪村

ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき  桂信子

うたた寝という至福あり梅雨ごもり
裏庭の花を見やりて梅雨ごもり
独り身で四十に近しソーダ水
腑甲斐なき息子が一人ソーダ水
腑甲斐なき日本の力士ソーダ水
新弟子のひとりも無くてソーダ水
割りたれば甘き香りの西瓜かな
空梅雨や見舞ひの客は犬を連れ
梔子や箪笥の裏に古き文
哲学書枕の側に梅雨ごもり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月曜日)

夏の月ごゆから出て赤坂や  芭蕉

Hp_125 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月9日 月曜日曇  晴 25℃

二坪の草深庭の朝涼に草ひけば草は何かもの言ふ  酒井祐子

夏の月ごゆから出て赤坂や  芭蕉

河鹿鳴く浄き流れに掌をひたす  阪東静子

汗光る少女の胸の弾みをり
汗かいて喜多方拉麺食ぶも良し
水羊羹切ると電話のまた鳴りぬ
開放ち夕べの風や水羊羹
開放ち夕べの風や西瓜割る
捨てられぬ思ひも捨てよ文字摺草
梅雨籠もり骨休めとて書を開く
うたた寝もまこと宜しき梅雨ごもり
版画には十哲の弟子梅雨深し
サークルの閉鎖と決まり雲の峰

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日曜日)

滝壺をくぐり抜けたる岩燕

Jpg ♪(●^o^●)♪ 2007年7月8日 日曜日曇 26℃

薔薇庭の奥の菜園豆の花は薔薇より古き記憶に通ふ  酒井祐子

滝壺をくぐり抜けたる岩燕
七夕の短冊あまた恋の歌
七夕や短冊に恋の歌旅便り
雛燕母を恋ふ声駅ひさし
子燕の母を恋ふ声駅ひさし
玻璃風鈴数寄屋橋橋にと鳴りにけり
合歓の花機関車溢り子供達
荒梅雨にふと立止るばかりなり
合歓咲くや保育所今はおやつ時
合歓の花乳子のまどろみ始まりぬ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土曜日)

一点の偽りもなく青田あり 山口誓子

1_1 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月7日 土曜日曇   25℃

砂原と空と寄り合ふ九十九里の磯行く人ら蟻のごとしも 伊藤左千夫

一点の偽りもなく青田あり 山口誓子

奥や滝雲に涼しき谷の声  其角

蛍の夜木橋渡るに音たてず  菅野虚心

消息の途絶へし友や後の月

夏ズボン膝の抜けさへお洒落らし
消息の途絶へし友や十三夜
のんびりと風車が回る茶摘かな
ゆっくりと風車が回る茶摘かな
眠むさうに風車が回る茶摘かな
蛍籠空なればこそ良かりけり
蛍狩見るだけにして帰りけり
林間の風の流れに憩ひけり
黒潮の響く漁村の柚子日和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金曜日)

だぶだぶの皮のなかなる蟇  長谷川櫂

Photo_73 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月6日 金曜日 晴 曇  26℃

追憶のもつと明るきひとつにてま夏弟のドルフィンキック  今野寿美

だぶだぶの皮のなかなる蟇  長谷川櫂

一本の木を旅せんと蝸牛  西川俊晴

林間に青葉の風やうたた寝す
若葉風流れるる丘に憩ひけり
初夏は乳房眩しきばかりなる
青梅雨を避けて購ふ季寄せかな
すずやかに白雪姫は日焼せず
子の世話に親の介護や秋桜
雲垂れてプールの水と境なし
林間の風の道なる昼寝かな
柚の花や妻の好みの黒饅頭
黒潮の漁りの浜の花柚かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木曜日)

人はむかし嵐の中に檣(ほばしら)を切り倒すべくちからをあはせき 小池光

Hp_124 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月5日 木曜日曇  25℃

人はむかし嵐の中に檣(ほばしら)を切り倒すべくちからをあはせき 小池光

たたかひは上海に起こり居たりけり鳳仙花紅く散りゐたりけり  斎藤茂吉

灯の下に来し四歳のやはらかき手がが頭をなでて立ち去りゆけり   三枝昂之

勉強は嫌ひでありて夏休
烏瓜の蔓のからまる君の垣
梅雨寒し歯科院溢る鑢音
守宮住む古き土蔵の湿りかな
紫陽花は雨に揺るるが楽しくて
姿見に少女の影と青葉風
八朔の花は淡きや定年後
昼逢ひて夢にも逢ひし秋桜
理髪師の暇な一日金魚草
うたた寝の暇な理髪師花うつぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水曜日)

死は前よりしも来らず、かねてよりうしろに迫れり 徒然草

♪(●^o^●)♪ 2007年7月4日 水曜日 曇 雨 26℃ 

紅粉の花おはんの使来れば剪る 山口青邨

深々と人間笑ふ声すなり谷一面の白百合の花  北原白秋

死は前よりしも来らず、かねてよりうしろに迫れり 徒然草

突然に飛び立つ雉子や朝歩み
山吹の八重の重さに驚きぬ
詰草や犬の気持ちの愛犬家
夏来ればややも重たき乳房かな
短か夜の夢を破りし遠電話
時としてをみな怖ろし秋桜
水紋の水底にあるプールかな
水底の模様ありけるプールかな
日々灼けし肌に驚く妻なりし
峡ごとに少し異なる盆の唄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火曜日)

菖蒲湯に浮くや五尺のあやめ草 籾山梓月

Hp_8_1 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月3日 火曜日 曇 雨 28℃

菖蒲湯に浮くや五尺のあやめ草 籾山梓月

運ばるる氷の音の夏料理   長谷川

玉の緒のそのしだり尾や長命縷   吉田冬葉

母がりやすでに葭戸になってゐし 加藤あき

立読の男動かず麦の秋 小澤實

まさをなる信濃の風に袋掛 久保智音

夢覚めて少しの安堵秋桜
夏の夜の夢にまみへし人いとし
つばくろや勉強好きな一年生
つばくらやお絵描き好きな一年生
つばくろや遊びが好きな一年生
つばくろややうやく慣れし一年生
珈琲店の名はかくれんぼ百合の花
珈琲店の名はかくれんぼ秋桜
珈琲店の名はかくれんぼ日輪草
葭切の声のかすかな小学校

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月曜日)

夢の世に葱を作りて寂しさよ  長田耕衣

Hp_123 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月2日 月曜日 曇 雨 27℃

鹿の子にものの見る眼ふたつづつ  飯田龍太

夢の世に葱を作りて寂しさよ  長田耕衣

紫のさまで濃からず花菖蒲 久保田万太郎

庭石を抱きてさつきの盛り哉 嘯山

芥子の花しばしは風と遊びけり
あまりにも生地の少なき夏着かな
背泳ぎの蜻蛉に沿ひて泳ぎけり
飛行雲背泳ぎの少年よ
背泳ぎの目に果ては知らざる歩行雲
絵葉書に赤毛のアンの島麦秋
底までも日矢の差し込むプールかな
日矢差しぬプールに泳ぎ小半時
しんしんと底まで青きプールかな
夏の夜の夢の中のみ逢ひし人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日曜日)

イタリアの旗をかかげしヨットかな 今井杏太郎

Hp_122 ♪(●^o^●)♪ 2007年7月1日 日曜日   曇 雨 27℃

イタリアの旗をかかげしヨットかな 今井杏太郎

夜の蜘蛛病者は人の死に触れず 越前春生

天の川眉間に流れ込むまで見る  正木ゆう子

うれしげに回廊はしるかの子かな  蝶夢

青々と見えて根のある清水哉  千代女

シャガ-ル 1887-1985

シャガ-ルの青き恋人梅雨寒し
シャガ-ルを見し街角の走り梅雨
山梔子の香り溢れる夕餉かな
供花として山梔子故人の好きな花
山梔子の花の昏れゆく青さかな
シャガールを見し街角や梅雨青し
アガパンサスとなりの子供よく遊ぶ
お三時のお喋り時間草だんご
絵手紙の金魚のまなこ笑ひけり
すと逢ひし友は真白き夏背広
朝粥を炊ひて涙や昭和の日

| | コメント (0)

2007年6月30日 (土曜日)

たたまれて日傘も草に憩ふかな 阿倍みどり女

Hp_121 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月30日 土曜日 曇 晴 30℃

夏至の日の国原早苗りんりんと立ちそむるなり水のひかりに 前登志夫

打水のころがる玉をみて通る 飯田蛇笏

たたまれて日傘も草に憩ふかな 阿倍みどり女

向日葵の蕋を見るとき海消えし  芝不器男

町中の山や五月ののぼり雲 丈草

ことことと青田に注ぐ利根の水
藤房を分けて友ともまみへけり
花菖蒲池の一周十五分
初夏やボーイソプラノ良く響き
多喜二忌や蟹の缶詰こきこきと
多喜二忌の奥歯に痛みキリキリと
碁敵とさてもなつかし端居かな
碁敵と一局終へし端居かな
山梔子のポストに投稿入れて良し
カンナの黄溢れし中央分離帯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金曜日)

沖縄忌幼子に海しかと見せ  宮坂静生

Hp_120 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月29日 金曜日 曇 雨 27℃

幾山河越えさり行けば寂しさの終てなき国を今日も旅ゆく 若山牧水

落雷の一部始終のながきこと 宇田喜代子

沖縄忌幼子に海しかと見せ  宮坂静生

沖縄忌この過ちをごまかすな
この家の主のやうなる猫端居
投句終へしばしの安堵百合の花
自画像と言ふ裸婦の絵梅雨青し
青梅雨や句会の後の珈琲店
席題にしばしの苦吟走り梅雨
ごまかすな戦争責任原爆忌
ごまかすな戦争責任敗戦日
終戦は敗戦なるぞ夕銀河
湧き水の冷えしを飲めば若葉風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木曜日)

草市のあとかたもなき月夜かな  渡辺水巴

Hp_119 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月28日 木曜日  曇 晴   28℃

ねむのごと居眠るわれを載せていつ九州王国こまやかに雨 川野里子

草市のあとかたもなき月夜かな  渡辺水巴

黒栄や浪に打たれて天のあり  野村喜舟

エンゼルトランペット夢をいだきて俯いて
カメレオンそは万華鏡なるかも知れず
ふくよかな妻ともなりて更衣
青簾出せばそよ風よろこびぬ
サングラス掛けて本心隠しけり
田植機のご機嫌なりし青田風
田植えする跡継ぎありし喜ばし
すべて捨て受洗の決意聖五月
すべて捨て受洗の決意百合の花
すべて捨て受洗の決意夕銀河

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水曜日)

馬まつり庭へ運べる酒の膳        小原啄葉

Hp_118 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月27日 水曜日   曇 晴 28℃

馬まつり庭へ運べる酒の膳        小原啄葉

チャグチャグ馬コ婆の切火にたぢろげる  小原啄葉

馬まつり男前なる南部富士        小原啄葉

チャグチャグ馬コ農具部より出て来る  小原啄葉

潮に迷うた磯の細道 閑吟集

浜木綿の海辺歩める朝の晴れ
浜木綿の海辺歩める至福かな
浜木綿の海辺ゆるりと朝歩み
蒲公英をいとしと思ふ朝歩み
譲られし年ともなりし冷房車
譲られてあがなはず冷房車
譲られて恥じらひ冷房車
目覚むれば乗越しの駅冷房車
炎昼を突き抜けて行く鈍行車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火曜日)

苗配りたるままの田の夜に入る 田宮尚樹

Hp_117 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月26日 火曜日   曇 晴  24℃

見ないで信じる人は幸いである。  ヨハネの福音書 21-29

苗配りたるままの田の夜に入る 田宮尚樹

青葉風に髪なびけせし乙女かな
忘れ苗畦に残りて暮れにけり
蝦夷富士の裾を埋めて藷の花
蝦夷蕗の余りに多き石狩野
リラの花明治衣装の開拓祭
西瓜買ふひとつは彼に与ふため
泳ぐには少し冷たき水が良し
ある時はひとりで泳ぐプールかな
子の家に西瓜を持ちぬ宵の月
冷やし蕎麦卵焼きなど添へて食ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月曜日)

枇杷の実を空よりとつてくれしひと 石田郷子

♪(●^o^●)♪ 2007年6月25日 月曜日 雨  曇 26℃

たつぷりと真水を抱きてせいうもれる昏き器を近江と言へり  河野裕子

扇風機大き翼をやすめたり 山口誓子

枇杷の実を空よりとつてくれしひと 石田郷子

夢にさへ濡れし朝顔見たりけり
遠つ国の人街角に居て青葉風
次の世もコスモスあまた咲かせたし
トマト好き絵手紙が好き定年後
大山の参詣古道明け易し
道祖神に微笑みありし早苗風
花桃の溢れていたり道祖神
鶯の声に目覚めの宜しけり
海開き遠富士かすかありし浜
プール開き冷えまだ少しありにけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日曜日)

氷屋の角曲がりけるこれも夏  大輪靖宏

Hp_116 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月24日 日曜日 曇  晴  28℃

たれかまた花橘に思ひ出でんわれも昔の人となりなば  藤原俊成

氷屋の角曲がりけるこれも夏  大輪靖宏

渡り懸ねて藻の花のぞく流れかな  凡兆

コスモスをことさら愛し逝きにけり
次の世もコスモスあまた咲かせけり
逝きてなほコスモス咲くと言ふ弔事
コスモスを咲かせむために逝きにけり
車椅子降りて一歩やねじり花
車椅子降りて一歩や文字摺草
檸檬切る告げることなき恋なりし
恋といふときめくおのや檸檬切る
何もかも忘るるために泳ぎけり
受付にいつもの女性日輪草

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金曜日)

家中の箸静かなり夕焼けて  鈴木章和

Hp_115 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月22日 金曜日 曇 雨 27℃

かぎろいの人間と人間文明と無辺の宇宙の一砂塵地球  近藤芳美

眼帯を漏れるひかりの安らぎに伝う病棟の午後に移る冷え  近藤芳美

蟇おりて吾が溜息を聴かれけり  橋本多佳子

家中の箸静かなり夕焼けて  鈴木章和

異国にも木槿咲きをり解放日 金泰定

蜩や小江戸と呼ばる城下町
蜩や格子戸多き城下町
蜩やおもちゃのやうな天守閣
持ち寄りてお喋りの会額の花
しゃぼん玉おやつの時間鳩時計
石鹸玉大きくなりて子の笑顔
百合の水換へて秘めごと思ひけり
百合の水換へたる事の嬉しさよ
百合の水換へて秘めごと亦ひとつ
葉桜や再会約し去りし友

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麦の穂のひかいを捌きゆく風の早き歩みを見てゐたりけり  横山未来

♪(●^o^●)♪ 2007年6月23日 土曜日 晴 30℃

麦の穂のひかいを捌きゆく風の早き歩みを見てゐたりけり  横山未来

しばらくは風になびきし早苗かな
玻璃風鈴季寄せを開く枕もと
蜩の声に包まれ立石寺
蜩や巣箱のやうなポストあり
蜩の声のみ聞こゆ午後三時
蜩を聞きいるのみの午後三時
日ぐらしや眼下に湖の見える城
日ぐらしや遥かに湖望む城
日ぐらしや眼下に湖の見える丘
日ぐらしや遥かに湖望む丘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木曜日)

もう明けさうな窓あけて青葉 種田山頭火

Hp_114 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月21日 木曜日  曇 晴 27℃

つばくろのまぶしき飛翔柿若葉幼きものはこの世を捨てず 三枝昂之

子は裸父はてゝれで早苗舟  利牛
岸のいばら真ツ白に咲  野坡
---------------------------------------
もう明けさうな窓あけて青葉  種田山頭火

It will be dawn soon,
Opening the window -
Green leaves.
Taneda Sanntouka

Translated by Hisashi Miura and James Green
--------------------------------------------
石鹸玉みどり児好きなお風呂かな
しゃぼん玉優しきこと為すべしや
赤ちゃんはばあちゃん好きで石鹸玉
つばくろや絵本の多き公民館
つばくろや保育園いまおやつ時
みどり児の喃語たのしき五月晴
みどり児の喃語たのしき初つばめ
サークルのお茶の時間の初メロン
サークルのお疲れ時間メロン割る
紺作務衣似合ふ陶師や山法師

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水曜日)

百瓲の水梳きて鮎一二匹  十見達也

Hp_113 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月20日 水曜日 晴  曇  29℃

たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき  近藤芳美

マタイ受難曲その豊饒に深夜はありぬ純粋のとき  近藤芳美

百瓲の水梳きて鮎一二匹  十見達也

白といふ厚さをもつて朴開く  富安風生

紺作務衣似合ふ陶師や山躑躅
還へりきし子に牛鍋供す百合の花
青梅雨の洗ひし町の新しき
青梅雨の洗ひし町の新鮮に
陶工の作務衣宜しき山躑躅
陶工の作務衣宜しき青蛙
還りきし子をいとほしみ初鰹
白き飯食べて平安終戦日
白き飯食べる喜び終戦日
北上のせせらぎに咲く小百合かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火曜日)

桜鯛柾目の箸の香りけり  笠原タカ子

Hp_111 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月19日 火曜日  曇 26℃

風になびく富士の煙の空にきえて行方も知らぬ我が思ひかな  西行

東京の水に華やぐさくらんぼ  蛭田千尋

桜鯛柾目の箸の香りけり  笠原タカ子

背きし子還りし夜の涼しさよ
枇杷食めば大和に逝きし友思ふ
枇杷食めば思ふ平群の少年期
言はざりしその少年期枇杷実る
目覚めては新茶のみどり楽しめり
深夜目覚めみどり溢るる新茶入れ
裏富士の裾野いっぱいラベンダー
赤富士を仰ぎ葡萄の袋掛け
赤富士を仰ぎ白桃の袋掛け
還りきし子もてなす為に初鰹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月曜日)

寝ころんで何の思案か青嵐  長谷川櫂

♪(●^o^●)♪ 2007年6月18日 月曜日 曇 晴 26℃

五月まつ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする 古今集 夏

寝ころんで何の思案か青嵐  長谷川櫂

運ばるる氷の音の夏料理  長谷川櫂

涼しさのかたまり慣れやよはの月 貞室

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 子規

蓴菜を採る箱舟の揺れ止まず
演奏を終へたる安堵柏餅
柏餅ふつくらとして開拓祭
ふくらみは国見の山や柏餅
還りける子に切り分けるメロンかな
夏痩せの日々ともなれり楽譜買ふ
思ふれば心の痛み夏痩せる
薔薇苑の女神の辺にこそ妻を待つ
覚めたれば何事もなき夏の夢
覚めたれば何事もなき天の川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日曜日)

黒土の黒のうるほひ大根村 成田千空

Hp_110 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月17日 日曜日 晴  28℃

鍔広し茶摘帽子を茶にかぶせ  平畑静塔

黒土の黒のうるほひ大根村 成田千空

冬近き日の慈しむ藁の家  成田千空

さみだれやふと思ひける母のこと
さみだれやふと思ひける平泉
思ふれば心の痛み五月雨るる
鴬の鳴くや団地の裏表
つばくろや山の分校縦横に
メーデーの寂れし日本静かなり
余り苗一束暮れる棚田かな
終点はみどり溢るる茶畑かな
戻り来し吾が子嬉しき若葉風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土曜日)

朱欒咲く五月となれば日の光り 杉田久女

♪(●^o^●)♪ 2007年6月16日 土曜日 晴 曇 28℃

きのふより野鳩かへりきて鳴く庭にわれの幸もかへりうべしや  生方たつゑ

朱欒咲く五月となれば日の光り 杉田久女

杜若切ればしたゝる水や空  高浜虚子

濃山吹蝶蜂よぎるものは消ゆ  山口青邨

日の光り風の輝く聖五月
関東に昔ながらの青田風
笛吹けば風の震へや山法師
真白なる洋蘭活けてコンサート
清明の空一筋の墨田川
関東平野一面の青田風
青田風ただそれだけの平野かな
余り苗一束暮れる棚田かな
終点はみどり溢るる茶畑かな
戻り来し吾が子嬉しき若葉風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金曜日)

遠景は動かず暮れて蝌蚪の水   岡本眸

♪(●^o^●)♪ 2007年6月15日 金曜日 曇 雨 22℃

遠景は動かず暮れて蝌蚪の水   岡本眸

初渚ふみて齢を愛しけり  富安風生

盗まれし女ありけり朧月  柴田奈美

放蕩の果てや金魚と四畳半 柴田奈美

更衣みづから織らぬつみふかし  園女

金魚にも大河を泳ぐ望みあり
父と子の拘りありて金魚鉢
心痛の種またひとつ走り梅雨
漂しける白きワイシャツ更衣
靴下もシャツも純白更衣
憂きことの一つ生まれて走り梅雨
お三時のお喋り時間柏餅
至らぬ子至らぬ父やアイスクリン
至らぬ子至らぬ父や冷し珈琲
ただひとつ望む安らぎ百合の花

続きを読む "遠景は動かず暮れて蝌蚪の水   岡本眸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木曜日)

♪(●^o^●)♪ 2007年6月14日 木曜日 曇 雨 24℃

2_3 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月14日 木曜日  曇 雨 24℃

春は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえてすずしかりけり  道元

どの風にさらはれようか山桜 柴田奈美

日傘して世間知らずを装へり 柴田奈美

落とし前つけに行くなり白日傘 柴田奈美

薫風や蚕は吐く糸にまみれつつ  渡辺水巴

母鳰の水尾のなかなる子の六羽
つちふるや横綱二人蒙古びと
秋津島まこと目出度きさつき晴
夕べには祈りの深し百合の花
改築の多き横町額の花
賜はり眠りより覚め走り梅雨
給はりし寧き夢にも走り梅雨
喧噪の無き散歩道文字擦草
幸ひは静かな歩み文字擦草
古稀にして子に悩みける走り梅雨

続きを読む "♪(●^o^●)♪ 2007年6月14日 木曜日 曇 雨 24℃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水曜日)

鱒の話など山の子にみどりさし 菊地一雄

Photo_72 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月13日 水曜日 晴   29℃

ひととせにひとつの春や技芸天  宮地良彦

わらび折るたび新しきわれなりし  宮坂静生

鱒の話など山の子にみどりさし 菊地一雄

炉を焚くは青葉嵐と言ふべきか
楽波の志賀の入江のかいつぶり
かつてあの青春の日の花吹雪
露座仏の眼差し近く土筆ん坊
露座仏に落花のしきり国見山
檸檬絞り塩焼きの桜鯛
檸檬の香塩焼きしたる桜鯛
誕生日は子供の日なり鯛を焼く
滴りや牡丹に朝の雨かすか

続きを読む "鱒の話など山の子にみどりさし 菊地一雄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火曜日)

明けやすき夜を磯による海月哉 蕪村

♪(●^o^●)♪ 2007年6月12日 火曜日 晴 曇  23℃

明けやすき夜を磯による海月哉 蕪村

峠にはまだ雪消えず水芭蕉 宮坂孝作

釣初て蚊屋おもしろき月夜かな 言水

額の花一つ二つと開きけり
紫陽花のためらひながら開きけり
向日葵のもう咲きさうな日和かな
かすかなる塩味が好きで桜餅
雀の子空にてくるりと回転す
渋民は晴と絵手紙啄木忌
日のぬくみ草の香りの布団かな
ふと逢ひて誘はる句会走り梅雨
短夜の夢の多くは切れ切れに
短夜の夢の断片また一つ

続きを読む "明けやすき夜を磯による海月哉 蕪村"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月曜日)

給はりし五月晴なる句会かな

Hp_108 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月11日 月曜日 曇 晴 25℃

泡雪(あわゆき)の中にたちたる三千大千世界(みちあひち)またその中に沫雪ぞ降る  良寛

牡丹花は咲き定まりて静かなり花の占める位置のたしかさ  木下利玄

まっさらな五月晴なる句会かな
給はりし五月晴なる句会かな
初夏の汗光りける散歩かな
包丁を光らせ捌く初鰹
初鰹捌く包丁光らせて
逝く春や一人生れて一人去り
逝く春やこの一瞬を大切に
飛行雲一筋許す五月空
ゆっくりと行水に居る定年後
踏青のあとはぬるめの湯に入りぬ

続きを読む "給はりし五月晴なる句会かな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日曜日)

遠富士に一筋の雲夏きざす

Hp_107 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月10日 日曜日 曇  23℃

句のかがやきーそれは魂のかがやき、人の光りせある 山頭火

うしろすがたのしぐれてゆくか 山頭火

咳をしても一人  放哉

入れものが無い両手で受ける  放哉

草萌えや湯で足濯ぐことの幸
逝く春や職退きしより返り見ずが
花南瓜吾が生き方も地味なるぞ
花南瓜地味なればこそ幸せぞ
花南瓜吾が生き方もかくの如
花南瓜地味なることは地の塩ぞ
花南瓜地の塩こそは尊かり
くつろぐは若葉の香りせし布団
夏めくや小学生に声かけて
遠富士に一筋の雲夏きざす

続きを読む "遠富士に一筋の雲夏きざす"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土曜日)

ビヤホール女に氷菓子たゞ一盞  石田波郷

Hp_106
♪(●^o^●)♪ 2007年6月9日 土曜日 曇 雨 25℃

葱の坊主はつんつんとおのが丈もて天に触れゐる  稲垣京子

ビザンテイン光といへる微光のありとしてうちかさなりし朴のしらはな  葛原妙子

ビヤホール女に氷菓子たゞ一盞  石田波郷

騙されてやるも度胸や懐手  柴田奈美

名月を取り出す袱紗捌きかな 柴田奈美

あるときは船より高き卯波かな  鈴木真砂女

おほでまり少し慣れきし赴任の地
亡き人の桐の箪笥や薬の日
走り梅雨去りたる空のあきらかに
お土産のふつくらしたる桜海老
由比土産ふつくらとした桜海老
桜海老数多ふっくらした土産
桜海老どれもふっくらした土産
誕生の祝ひビールの泡嬉し
夏めくやオカリナひとつ持ちし旅
白牡丹まだ濡れてゐる雨あがり

続きを読む "ビヤホール女に氷菓子たゞ一盞  石田波郷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金曜日)

堰を跳ぶ稚鮎光となりにけり

Hp_105 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月8日 金曜日 曇  25℃

堰を跳ぶ稚鮎光となりにけり
赴任せし疲れを癒すライラック
民宿の夕餉山女を塩焼に
句を語るため逢ふサングラス
句を語るため逢ふ若葉風
句を語るため逢ふ菖蒲園
短夜や昨夜の夢亦見ばや
古希を越し一病宥む生ビール
ビールより新茶が好きで日曜日
ビールより新茶が好きで定年後

続きを読む "堰を跳ぶ稚鮎光となりにけり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木曜日)

虹の橋渡り遊ぶも意のまゝに   高浜虚子

Hp_104 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月7日 木曜日 曇 晴 24℃

えごの花はこぼれやまずも私のいのちあなたのいのちの上に  稲垣京子

針桐の林さは立ちほろほろとだれの光あそびゐるなり  稲垣京子

虹の橋渡り遊ぶも意のまゝに   高浜虚子

鳥わたるこきこきこきと缶切れば  秋元不死男

句を語るため逢ふ薔薇の苑
句を語るため逢ふもアイステイー
溢れける緑のなかに白牡丹
噴水のなかに数多の虹の橋
溯る鮎は波をきらめかせ
句を語りあふ葉桜のベンチかな
句を語りあふ喫茶店走り梅雨
句を語りあふ喫茶店白牡丹
スイートピー少し慣れたる赴任の地
葱坊主少し慣れたる赴任の地

続きを読む "虹の橋渡り遊ぶも意のまゝに   高浜虚子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水曜日)

短夜の夢の途切れてしまひけり

♪(●^o^●)♪ 2007年6月6日 水曜日 曇 晴 24℃

禰宜の葱の坊主はつんつんとおのが丈もて天に触れゐる  稲垣京子

億万の偶然必然に導かれ今われは北上青柳町の辻に立ちをり  稲垣京子

杉山の杉の緑はたつぷりと墨を含みて佇ちゐるものを  稲垣京子

短夜の夢の途切れてしまひけり
届きたる新茶を渡すバス乗場
短夜のその結末を聞かざりし
向ひ立つ二つの塔や青葉風
みちのく訛り優しき走り梅雨
紫陽花やみちのくの訛りある句会
吟行に出羽の訛りも走り梅雨
妙齢の荒き言葉や青嵐
誰が植えし紫蘭溢るる小庭かな
やぶさかで無し春眠に肩を貸す

続きを読む "短夜の夢の途切れてしまひけり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火曜日)

ひかりあふ二つの山の茂りかな  去来

♪(●^o^●)♪ 2007年6月5日 火曜日  曇 晴 25℃

道の辺の大蕗の葉に雨こぼれ手折らばわれの傘になるべし 稲垣京子

都忘れ五、六本ほど咲かしめてしずけきかもよみちのくの家  稲垣京子

ひかりあふ二つの山の茂りかな  去来

君植えし紫蘭溢るる小庭かな
散る桜仁科五郎の石碑にも
拉麺に若布たつぷり青葉風
ほろ苦き竹の子汁を給はれり
給はりし竹の子飯のほろ苦し
重かりし退職辞令沈丁花
重かりし退職辞令蕗の薹
重かりし退職辞令チューリップ
青葉潮ポンポン船の白き水尾
高遠や江島寓居の花吹雪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日曜日)

谺して山ほととぎすほしいまま 杉田久女

Hp_98 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月3日 日曜日 曇り 25℃

逢ふよりは訣るる齢となりしかなみちのくに来て春の水見ゆ  辺見じゅん

谺して山ほととぎすほしいまま 杉田久女

親と居てよく鳴く方が子の烏  宇沢圭作

泛くばらに茎のありける深空かな  正木ゆう子

赴任地に少し慣れきし蓬餅
赴任地に少し慣れきしリラまつり
赴任地に少し慣れきし開拓祭
古希にして一病息災薬の日
亡き人の古き箪笥や薬の日
薔薇の香のまつただなかの美術館
藤掃きし箒目清し禰宜長身
余るほど薬遺せし薬の日
ふと逢ひて蕎麦の昼餉の俳談義
飛行灯点滅しばし首夏の空

続きを読む "谺して山ほととぎすほしいまま 杉田久女"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土曜日)

カンターレオカリーナ大会

♪(●^o^●)♪ 2007年6月2日 土曜日 曇 晴 22℃

薔薇よりも濡れつつ薔薇を剪りにけり 原田青児

何もかも線香花火の昔かな  岡本眸

開け放ち潮のしたる海鞘料理
薔薇の香の溢れていたる美術館
豊頬の少女歌ふや木の芽風
豊頬の少女歌ふや青葉風
豊頬の少女歌ふや風光る
海涼し現れさうな人魚姫
聖五月わが思ふ人生れ月
夢にさへ草萌の丘笛を吹く
夢にさへ蒲公英の丘笛を吹く
飛行灯流れゆきたる首夏の空

続きを読む "カンターレオカリーナ大会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金曜日)

覚めてまだ今日を思はず白障子  岡本眸

Photo_70 ♪(●^o^●)♪ 2007年6月1日 金曜日  曇 晴 21℃

さまざまな事おもひ出す桜かな  芭蕉

柚子湯沁む無数の傷のあるごとく  岡本眸

覚めてまだ今日を思はず白障子  岡本眸

滝しぶき浴びて山吹揺れにける
滝しぶき八重山吹の揺れやまず
揺れ止まぬ八重山吹や滝の音
紫陽花の蕾ほぐぐるる朝の風
青網戸洗へば風も新しく
張り替へし網戸透して青き風
新松子沖には白き貨物船
透くやうな乙女若葉の風の中
初夏の風は水色笛を吹く
紫陽花や透けるやうなる乙女ゐて

.

続きを読む "覚めてまだ今日を思はず白障子  岡本眸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月31日 (木曜日)

まさをなる空より枝垂桜かな  富安風生

Hp_97 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月31日 木曜日 曇 雨 20℃

サラリーの語源を塩と知りしより幾程かすがしく過ぎしく日日はや   島田修二

まさをなる空より枝垂桜かな  富安風生

鈴蘭やゆるり生きたし七十代
誘はれて走り梅雨なる句会かな
走り梅雨一期一会の句会かな
千曲川せせらぎ近く桃の花
桃咲くやせせらぎ聞こゆ千曲川
青葉潮響く句会となりにけり
走り梅雨あがりし後に句会果つ
手作りの草餅買ひし花杏
花杏丘より遥か千曲川

続きを読む "まさをなる空より枝垂桜かな  富安風生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水曜日)

わが背丈以上は空や初雲雀    中村草田男

Hp ♪(●^o^●)♪ 2007年5月30日 水曜日 曇 雨 20℃

あさがほのひといろ筑波登山口  八木下巌

わが背丈以上は空や初雲雀    中村草田男

揚雲雀の城跡の空の茜なる
博物館にやつて来し初つばめ
城の空初つばめほしいまま
熱帯夜の空一筋の線飛行雲
菖蒲湯の心の痛み刺すごとく
機関車の終点に来て新茶の香
母に亦妻にも感謝カーネーション
木の芽晴やうやく慣れし一年生
たたなずく青垣山に春の月

続きを読む "わが背丈以上は空や初雲雀    中村草田男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火曜日)

さみしさはこころのほつれ日脚伸ぶ  岡本眸

Photo_69 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月29日 火曜日 曇り 22℃

鎌倉や御仏なれど釈迦牟尼は美男におはす夏木立かな  与謝野晶子

かんばせに垂れきて花の影ゆらぐ  岸風三楼

さみしさはこころのほつれ日脚伸ぶ  岡本眸

ホームとは家庭にあらず竹落葉
ホームとは家庭にあらず竹の秋
ホームとは家庭にあらず散松葉
ホームとは家庭にあらず夏落葉
ホームとは家庭にあらず春惜しむ
ホームとは家庭にあらず五月逝く
ホームとは家庭にあらず麦の秋
花桃やゆるりと流る千曲川
信濃には残雪の嶺桃の花

続きを読む "さみしさはこころのほつれ日脚伸ぶ  岡本眸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月曜日)

思はねば叶はぬ冬の桜かな   金子青銅

♪(●^o^●)♪ 2007年5月28日 月曜日  晴 曇り 19℃

億万の偶然必然に導かれ今われは北上青柳町の辻に立ちをり  稲垣京子

杉山の杉の緑はたつぷりと墨を含みて佇ちゐるものを  稲垣京子

水おのがちからを知らず滴れり 金子青銅

思はねば叶はぬ冬の桜かな   金子青銅

葦原にざぶざぶ夏来たりけり   保坂敏子

ホームとは家庭にあらず春惜しむ
石楠花の虹色ケーブル頂上駅
駒草の虹色ケーブル頂上駅
夕立に急ぎて帰る友あはれ
ふるさとを遥かに思ひ蓬餅
夕立を慌てて戻る頬かむり
紫陽花の虹色ケーブル登山駅
消さざりし悔の幾つか額紫陽花
杖忘れ外科より戻る日永かな
向日葵に言葉をかけて散水す
向日葵に挨拶なして散水す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日曜日)

笹鳴や山かひ走る仙山線

Photo_68 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月27日 日曜日 晴 曇り 27℃

行く春や雨にけぶりてサクラマス年月を追い濃き味となる 大庭みな子

樫の幹掴みて蝉の生まれけり  金子青銅

塔芯といふ一木も虫の闇    金子青銅

青く深くつひに真っ暗寒の蝉  金子青銅

笹鳴や山かひ走る仙山線
鴬や山かひ走る仙山線
睡蓮のねむりの深きモネの池
モネの睡蓮かくもあるかと思ふ池
睡蓮や噴井の調べおだやかに
睡蓮の噴水騰がるとき揺るる
噴井の音ことり睡蓮開く刻
初夏や夢に昔の職場見し
賜りし竹の子飯の甘さかな
花は葉に言の葉尽し難き謝意

続きを読む "笹鳴や山かひ走る仙山線"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土曜日)

人生の一秒大事つばくらめ

Hp_96 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月26日 土曜日 晴 時々曇 28℃

花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に 小野小町

解説 桜の花の色はむなしくも春の長雨にすっかり衰えてしまったことよ。思えば私の容色も衰えたのでしょうか。
「世にふる」は「世に古」「夜に降る」の掛ことば。「ながめせし」は「長雨せし」「眺めせし」の掛けことば。

Color of the flower
Has already faded away,
While in idle thoughts
My life passes vainly by,
As I watch the long rains fall.

Ono no Komachi

Mac Cauley訳

満開の花水木チャペルより婚の鐘
草餅を食べる一瞬有難き
同窓会最初に黙祷花水木水木
夏の夜の夢に彷徨ふ過去未来
四十年を経しクラス会花吹雪
四十年を経しクラス会春の月
メルヘンのやうな冗談万愚節
人生の一秒大事つばくらめ
うなされて目覚めし安堵熱帯夜

続きを読む "人生の一秒大事つばくらめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金曜日)

麦秋や晴も曇も俳日和

Photo_66 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月25日 金曜日 曇り 雨  22℃

ああといふ語の片(きれ)をもてみどりごは人と喃語す風と喃語す  高野公彦

春眠を驚かしたる電話かな
麦秋や晴も曇も俳日和
人生の一秒大事合歓の花
招かれし若葉の風の句会かな
招かれし青葉の風の句会かな
春眠の耳にかすかな鳥の声
招かれし青葉若葉の句会かな
母の日や木箱に紅白祝ひ菓子
母の日の折箱に詰めし祝ひ菓子
夏の夜の夢に往復過去未来

続きを読む "麦秋や晴も曇も俳日和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木曜日)

和顔愛語 半田孝淳 天台宗256世 座主

Hp_95 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月24日 木曜日 晴 曇り 26℃

和顔愛語 半田孝淳 天台宗256世 座主

新緑の真只中に祝はるる  長谷川回天

路地迷ひたるも薄暑の忍者町  安原葉

母の日に思ふ卓袱台ありし頃
子供の日祝ひの席に膝を寄せ
シャンソンを土笛で吹く巴里祭
朝餉にはパン粥とハム巴里祭
藤を掃く禰宜は長身長寿眉
藤を掃く長身の禰宜長寿眉
ふと逢ひし友と俳談端午の日
噴水の作る虹々こまやかに
噴水の作りし虹の細やかに
葉桜や噂の餃子買ふに列

続きを読む "和顔愛語 半田孝淳 天台宗256世 座主"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水曜日)

鉄線は花火の花のたぐひ哉  慶友

Photo_65 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月23日 水曜日 晴 曇り 26℃

物売にわれもならまし初夏のシャンゼリゼエ青き木のもと  与謝野晶子

母の日のてのひらの味塩むすび  鷹羽狩行

鉄線は花火の花のたぐひ哉  慶友

花は葉に噂の餃子買ふに列
リセットのできぬ人生新茶汲む
八十八夜風車の回る茶畑かな
さみどりの茶畑に廻る新茶かな
茶摘み時数多の風車廻りけり
風車八十八夜の茶畑に
柔らかき竹の子浮かぶおみおつけ
紫陽花の影に小さな木のポスト
紫陽花や巣箱のやうな木のポスト
遊歩路は紫陽花通り風の道

続きを読む "鉄線は花火の花のたぐひ哉  慶友"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火曜日)

新茶汲む水やはらかき国に生れ 原田紫野

♪(●^o^●)♪ 2007年5月22日 火曜日 晴 曇り 23℃

全レース棄権0。それは勝つより難しい。 君原健二 マラソン選手

乳のますしぐさの何ぞけものめきかなしかりけり子といふものは  斎藤史

楠大樹あの世この世の茂りかな 首藤基澄

新茶汲む水やはらかき国に生れ 原田紫野

走馬灯いずれは止まることあらめ
きこしめてやがて軍歌となる花見
きこそめて同期の桜歌ふ花見
寝る前の感謝の祈り藤の雨
洗ひたる硯うるはし新茶汲む
車椅子より乗出し見ける菖蒲かな
駅名と地名の違い芥子の花
夏めくやゆるやか泳ぐ錦鯉
笹鳴を聞くため道を選びけり
メールには微笑の絵文字初つばめ

続きを読む "新茶汲む水やはらかき国に生れ 原田紫野"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日曜日)

まだ咲かぬ花もどかしき修羅の身よ 矢島渚男

4_2 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月20日 日曜日 曇 晴 23℃

あやまちはくりかへします秋の暮 三橋敏雄

巨石立て何祈りしか春日満つ 矢島渚男

まだ咲かぬ花もどかしき修羅の身よ 矢島渚男

野に遊ぶ座敷童子(わらし)のあるらんか 矢島渚男

くり返す過ちまざと春の暮  矢島渚男

あまねくも日矢降りそそぐ桜かな
去る由を述べず引越す花の冷え
つくしんぼ未熟児やうやく入学す
張替し網戸の青さ夏兆す
啄木鳥の音に目覚めし俳句旅
竹の子の歯触りが良し飯が好き
遠富士の向こうにありて凧日和
草餅を愛でて夕餉の最後かな
大利根のせせらぎ近く菖蒲咲く
つはものの夢の跡にも花吹雪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土曜日)

百人の中へ一声ほとゝぎす  柳多留

Photo_63 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月19日 土曜日  晴 雨 24℃

今日は七日になりぬらむ。
遇ふ人も
あう人も
みな旅びと  釈超空

ほととぎす鳴きつるかたを詠(ながむ)ればただ有明の月ぞ残れる 藤原実定

天国はあっかいよと母に言えばそんなことはわからんと答えつ 大島史郎

百人の中へ一声ほとゝぎす  柳多留

みどり児の振返り初む初つばめ
みど児の振向き初むる合歓の花
オカリナで吹く「千の風」青葉風
亡き人を思ひ奏でる「千の風」
オカリナで吹く「千の風」夏兆す
皐月雨ならば繙く哲学書
葱の花まだ頼りなき一年生
涅槃西風や今日の過ち悔いにけり
貝寄せやひたすら祈ることのみぞ

続きを読む "百人の中へ一声ほとゝぎす  柳多留"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金曜日)

さうぶ湯やさうぶ寄りくる乳のあたり 加舎白雄

Photo_62 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月18日 金曜日 晴れ時々曇り  25℃

万緑のなかや吾子の歯生え初むる 中村草田男

さうぶ湯やさうぶ寄りくる乳のあたり 加舎白雄

春昼の時間重たき崩れ畦  岡本眸

起き伏しに骨の鳴る音花は葉に
迷惑なメールを削除四月馬鹿
迷惑なメール幾通万愚節
起伏しに骨の鳴りけり梅雨兆す
清明の風の明るさ青網戸
張替し網戸の青さ花は葉に
遠く来て愛でる幸ひ花杏
ハンカチを洗ひて干すも夏きざす
西行を先師と思ひ花の旅

続きを読む "さうぶ湯やさうぶ寄りくる乳のあたり 加舎白雄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木曜日)

牡丹から牡丹に移すこころかな 矢島渚男

Hp_94 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月17日 木曜日 雨 後 晴 23℃

牡丹から牡丹に移すこころかな 矢島渚男

ひらとYシャツ葉桜の昼餉どき  岡本眸

ひこばえに蕾のひとつ保育園
淡雲に溶けてしまひせい揚雲雀
鞦韆お漕ぐは思案の至りかな
鯉幟国見の丘を泳ぎけり
鯉幟雲のさざ波泳ぎけり
閉山の山にも立ちぬ鯉幟
鯉幟ともに一流日章旗
外湯まで五分の野道牛蛙
ゆくっくりと雲の流れて鯉幟
葉桜ややうやく慣れし一年生

続きを読む "牡丹から牡丹に移すこころかな 矢島渚男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水曜日)

太郎とは男のよき名柏餅 長谷川櫂

Hp_93 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月16日 水曜日 晴 曇 23℃

楽しいというのは希に有るから楽しいのである。 池田晶子 哲学者

死を恐れず、下劣であることを恐れる。これこそが真実の生き方である。 池田晶子

太郎とは男のよき名柏餅 長谷川櫂

葉桜ややうやく慣れし転勤後
葉桜ややうやく慣れし小学校
ふらここは風に遊びて歌ひけり
ふらこらは風の木琴なるべしや
草萌の国見の丘に万国旗
小荷物に天地無用や雲の峰
焼餃子芳ばし夕餉麦の秋
誕生の祝いは寿司で鯉幟
誕生の祝いは寿司で藤の花
誕生の祝いは寿司で花菖蒲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火曜日)

ポピー咲く帽子が好きで旅好きで 岡本眸

♪(●^o^●)♪ 2007年5月15日 火曜日 晴 曇 雨 21℃

花の色はうつりにけりないたつらに わか身よにふるなかめせしまに 小野小町

江山や吹貫一ついと高し  鈴木花蓑

ポピー咲く帽子が好きで旅好きで   岡本眸

目出度くも哀しくもあり昭和の日
機関車の終点まさに新茶の香
青梅ややうやく慣れし小学校
先生は二代教へて花は葉に
先生は二代教へて花菖蒲
先生は二代教へて百合の花
初燕やうやく慣れし小学校
昭和には哀しき日々や夏落葉
いたはりて我身動かす更衣
先生は二代教へて昭和の日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月曜日)

花山椒煮るや山家の奥の奥  松瀬青々

Hp_2_2 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月14日 月曜日 晴 曇 23℃

もし勝っていたらと思ふ事のあり旧日本人夢想のままに  清水房雄

思ひ一つくり返しくり返し詠みづづけ終らむ吾の生活短歌  清水房雄

照り翳るさだめなき一日窓の下の馬酔木はぞろりと花落したる 清水房雄

花山椒煮るや山家の奥の奥  松瀬青々

布干して大和の国の藤日和
囀や流木置きし幼稚園
ハンカチを干すに宜しき藤日和
人の世にかげり多くて花の雨
鰆には糟の良く滲み花は葉に
連休は若葉の風の吹き通し
人生は照る日曇る日花吹雪
青柳目に滲む川辺朝歩み
未熟の子やっと入学鯉幟
鯉幟立てし寿司屋に待合せ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日曜日)

花嫁を乗せて菖蒲の渡し舟

Hp_91 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月13日 日曜日 晴のち曇 25℃

桜がふわふわまいおりて
新入生をむかえる春
それはまるで
桃色の雪がふりそそいでいるようでした
高橋由香

あふむけのままに虚空をおちてゆく視野に広がるひといろの青  都築直子

花嫁を乗せて菖蒲の渡し舟
山おぼろ今日も托鉢山頭火
芽柳の無人駅にも列車来る
玩具屋の二階窓からシャボン玉
皐月咲くけふ一日はボランテイア
まなこには青葉溢れば癒しかな
青葉風吹きて癒しの玉露入る
目借り時講義の眠くなる時間
連凧のどこまで昇る鳶の笛
芽柳やみちのくの友如何なるや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土曜日)

青葉風吹きて癒しの玉露入る

Hp_90 ♪(●^o^●)♪ 2007年5月13日 日曜日 晴のち曇 26℃

桜がふわふわまいおりて
新入生をむかえる春
それはまるで
桃色の雪がふりそそいでいるようでした
高橋由香

あふむけのままに虚空をおちてゆく視野に広がるひといろの青  都築直子

花嫁を乗せて菖蒲の渡し舟
山おぼろ今日も托鉢山頭火
芽柳の無人駅にも列車来る
玩具屋の二階窓からシャボン玉
皐月咲くけふ一日はボランテイア
まなこには青葉溢れば癒しかな
青葉風吹きて癒しの玉露入る
目借り時講義の眠くなる時間
連凧のどこまで昇る鳶の笛
芽柳やみちのくの友如何なるや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

俳句  短歌 | 文化・芸術 |